レシピ

2019年7月15日 (月)

ロミアス色々。

Photo_20190715165601

 

リースノズルで作ったチョコとオレンジピールのロミアスです。

陽にかざすとステンドグラスみたいに透けて、食べるとぱりっとしたイイ食感です。

092514_2

これのへそ低の方を使いました。

コッタさんのリースノズル2個入りで1000円ですってさ!!

 

 

 

いやー価格破壊えげつないです。

 

 

数年前じゃ考えられないくらい安値だけどさ、マトファー製の似たような口金はいまだに6000円するんだよね。

しかも一個で。

 

 

何が違うの?耐久性?

 

 

でも、ヘソ高の方はうーん、ちょっと私には使いづらかった。(^_^;)

シルパットにぐっと口金を押し付けて絞ると、口金の先端が外れて絞り袋の中に戻っちゃうんです。

 

 

って、わかりづらいか(^_^;)

 

05091359_5cd3b3cdb1f12 

これこれ。元々このリースノズルはセパレートになってるんですよ。

で、へそ高のほうは、私の扱い方が悪いのか途中で外れちゃうんですよね。

なので、へそ高は元々持っている一体型のステンレス製の方を使っていこうかなあ。

 

 

 

 

セパレートになってると洗いやすいんですけどね。

 

 

 

 

 

Dsc_1382

ヘソ低を練習したくていろいろ焼いてみました。

 

焼きあがりのチョコロミアスに、フリーズドライのラズベリーとピスタチオをのせてます。

バレンタインにいいかも。

 

 

 

 

Photo_20190715172101

 

これはキャラメルチーズ味。

 

バターの一部をクリームチーズに変えたせいか、生地がちょっと硬い?
そしてほんのり発酵臭はするけどチーズの味がよくわからない(TT)

 

 

 

次に、クリームチーズを使わずに粉チーズ入れて有塩バターでロミアス作ったら

 

 

 

旦那に「まずい、くどい」と言われました。

 

 

彼がわたしの作ったものをまずいと言ったことがないので、よっぽどだったんでしょう。

 

 

 

 

「あ、あれだ、洗剤入りのチャーハンを食べて以来の衝撃だね」とつけたす旦那。

 

 

あーそうだった、、、。20年前、サラダオイルと食器用洗剤を間違えて苦いチャーハンを食べさせたことがありました。

 


ほろ苦い思い出です。(ノ∀`)てへ

 

てか、やっぱ覚えてたか。(・Θ・;)

 

 

 

 

 

話を元に戻します。

今回のクリチを使ったクッキーは不味くはないんですよね。

でも生地にインパクトがない。

わざわざクリームチーズを使うより、最初から発酵バターを使って作ったプレーンのロミアスの方が美味しいかなあ、いまのところ。

 

 

そもそもロミアスはヌガーの主張が強いクッキーだから、チーズと組み合わせるのは難しいのかもしれない。

キャラメルチーズフレーバーのするお菓子ってだいたいがキャラメル<チーズ の割合だものねえ。

 

あんまりもうトライしないかな。

 

 

 

 

 

でもね、

 

 

 

こっちのロミアスは正解でした。

 

 

Photo_20190715175501

じゃーん。

 

黒糖とコーヒーのロミアスクッキー。

ヌガー部分にくるみを入れてます。

 

相性悪いわけがない。

 

 

 

黒糖とコーヒーのロミアスクッキー
菜さくら

cotta

 

レシピをおこしました。

夏はアイスコーヒーのお供に。

 

興味のある方は覗いてみてください。

 

 

 

7/15 追記:(なぜか今回画像リンクができないみたいですm(_ _)m)

しばらくはこちらでお願いします⇒黒糖とコーヒーのロミアスクッキー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                          ※

 

 

 

父の様態が良くなくて、ここのところ毎日病院に通っています。

結構体力いるのでお弁当作りもしばらくおやすみ。

しばらくブログもお休みしますね。

 

 

| | コメント (0)

2017年8月19日 (土)

だれないヨーグルトクリーム

 

Photo_2

再び桃ロールです。

 

次女が「美味しいけどあのふきみたいなものいらん。」

 

と言うのでふきに格下げされたルバーブのコンポートは抜きました。

 

 

 

 

美味しいのに( ✧Д✧) カッ!!

 

Photo_3

夏場は生クリームやメレンゲを使ったお菓子は避けたいけど、実際食べたくなるのはこういうお菓子なんですよね。

なのでクリームに水切りヨーグルトとゼラチン入れてだれないように工夫しました。

 

良かったらレシピどうぞ。

 

 

 

 

んで、ちょっと実験。

 

2

桃のコンポートが足りなくなったので半分は桃缶と赤ワイン使って作ってみました。

桃缶だけでも美味しいけどコンポートにするとちょっと甘味がまろやかになって大人っぽい味になります。

煮崩れないし簡単~

サングリア風? シロップも美味しいのでワインゼリーにしようかな。

 

Photo_5

あらまぶどう色だ。

そりゃそうだぶどう酒で煮てるし。

ピンクを狙ったけど 仕方ないね。

ロゼにして漬ける時間を短くするとピンクっぽくなるのかな。

 

Photo_6

半分はお盆に実家に持って行って皆で美味しくいただきました。

もう半分はメバルをたくさん釣ってきてくれた友人に。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

シマリスクッキー

2

マーブルクッキーを眺めてて思いついたクッキーです。

Photo_2

リスのクッキー型は100均で購入。

素焼きアーモンドもアーモンドプードルも100均で購入。

使いきりサイズっていうのがよいですよねぇ。

Photo_4

時々スカンクっぽいのもいるけどね。

だいたいりすのおなかや腕って模様がないけどね、っていうのはナシの方向で。

Photo_3

2番生地を伸ばしたところです。

まだまだ模様が綺麗なのでこれも使います。

3番生地でもまだイケたけど、人にあげるなら2番生地で使い切ったほうがよいですね。

一応レシピです。

前回のディアマンよりはほんのちょっとの気合と労力と愛情が必要です。

まあまあまあ。

マーブル模様作るのって意外と面白いですよ。

 

ご興味のある方はどぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

簡単ディアマンクッキー(ココア・抹茶・コーヒー)

Photo

側面のクリスタルシュガーがダイアモンドみたいにきらきら光る様子から名付けられたディアマンクッキー。

Good

抹茶味にはマカダミアナッツを、ココア味にはアーモンドスライスを、コーヒー味にはくるみを合わせて作ってみました。

表面はざくっと甘く、中はほろっとほろ苦のクセになるクッキーです。

どれも好きな味ですが、特におすすめは有塩バターで作るコーヒー&くるみのクッキーです。

ほんのり甘じょっぱくってやみつきになります。

Photo

20年前、友人が作ってくれたコーヒー&くるみのサブレにはまり、レシピを教えてもらって以来、そればっかり作っていました。

それくらいお気に入りのレシピだったのにどこかに埋没。 (´;ω;`)

ふと食べたくなって、何回か試作してみました。

当時は、粉の入ったボールの中でスケッパーを使ってバターを切るように混ぜ、一個ずつ手で丸めて作っていたのですが、今回はもっと簡単に、フードプロセッサーで、サブレのような食感を目指して作ってみました。

ご興味のある方はコチラ↓をどうぞ。

娘達が好きな抹茶味、ココア味も作れるようにアレンジしています。

 

クリスタルシュガーがなければ、コーヒー用のスティックシュガーで代用できます。

Dsc_3901

 

簡単に量産できるこのクッキー。

バレンタインデーやホワイトデーにいかがですか。^^

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

ラムレーズンのスフレチーズロール

Photo

友人のリクエストのラムチーズロールケーキです。

火で卵黄生地を練った後、メレンゲとあわせて作るこのスフレロールは、
もちっとして弾力がありながら、すっとクリームと溶けていく不思議な食感です。

シフォン生地とも共立て生地とも違うんですよね。
しっとりしているのでひび割れなく巻けます。

Photo_5

中のフィリングはラムレーズンを散らしたチーズクリームです。

ラムレーズン入りスフレチーズケーキをイメージして作りましたが、
もっと軽く、食べやすいロールケーキになっていると思います。

Rolltutu

形を丸く保つ為にいつも筒の厚紙につっこんで冷蔵しています。^^

Photo_6

クリームチーズが入っていてだれにくいせいもありますが、へたれてないでしょう?

私はいつも30㎝の天板で作るんですが、長すぎるので
縦半分に予め生地を切ってから各々具をのせて巻きます。

Photo_8

カットする時は温めたナイフですぱっと一気にひき切り。
一気に切れない時は切り口をぱかっと開いて、
もう一度ナイフを入れなおして同じ方向にひいて切ります。

Photo_2

自分用の覚書でもあるので工程写真はありませんが、もしよろしかったらどうぞ。

 

cotta recipe circle ラムレーズンのスフレチーズロール by 菜さくら

 

大人味で美味しいですよ。

 

続きを読む "ラムレーズンのスフレチーズロール"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

スマイルクッキー(レシピあります)

Smile1

ホワイトチョコと相性の良い抹茶、ココア、紅茶クッキーに加えて、
いちご味のチョコサンドクッキーを作ってみました。

ブログを見てマネして作ってくださったり、問い合わせもちょこちょこあったので、
今回ちゃんとレシピもあげてみましたよ。

 

cotta recipe circle スマイルクッキー by 菜さくら

 

いちごパウダーは高いし焼くと退色しやすいですのですが、
今回使った「粒ジャムストロベリー」は

Photo

生地にのせて焼いても

Photo_2

綺麗な色のまんまです。  (左下の人は焼きすぎ。薄すぎるとこういうことになります。)

食感もねちっとしてていちごの香りもしっかり。
顔全体にのせると病人っぽくなるので底の生地のほうに混ぜ込んで焼きました。

Photo_4

抜型なくてもできますよー。コップとかねー。

Photo_3

これ、ご存じです?

板ホワイトチョコってだいたい45g入りが多いのですが、
ダイソーで85g100円 っていうのを見つけました。
すんごい価格破壊ですね。
しかも国産?高岡食品ってとこが取り扱ってるんですね。ふとっぱら~。
ちょっと甘めですが、滅多にホワイトチョコを使わない方には重宝しそうです。

 

 

 

Photo_5

アーモンドプードルなし、スキムミルクなし、バター⇒マーガリンでも作れます。
お財布に優しいけど、やはり風味は落ちます。子供は好きでしたけど。

 

 

コレクルのレシピってしょっちゅう上書き保存しないとタイムアウトになって消えちゃうんですね。 知らなかったー(TT) 1回泣きました。

 

なんか変なとこあったら教えてくださいね。<(_ _)>

 

 

続きを読む "スマイルクッキー(レシピあります)"

| | コメント (14) | トラックバック (0)