お弁当

2017年3月21日 (火)

無料貸出トラック

Photo_2

・人参とチーズとしその豚巻き
・ズッキーニとなすのソテー
・ノリチーズ
・卵焼き
・しらすごはん

Photo

・ギョニソ入り卵焼き
・えび酒蒸し
・いかとブロッコリーのペペロン
・人参のコンソメ煮

 

 

 

                       ※

 

 

Img_1406_2

 

 

 

 

購入した脚立を持ち帰るために借りたホームセンターのトラックが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_3

想定外の大きさだった件。

 

 

マツダのタイタン 最大積載量1500kgって書いてある。

わたしゃてっきりかわいい軽トラが来ると思ってたのに、目の前に現れたのは1.5トントラックでした。 

 

軽トラで積載量が350キロですから、とんとんとんとんヒノの2トンには及ばないにしても結構な大きさだということはお判りいただけると思います。

学校の役員仕事で軽トラに乗ったことはあるけど、こんなに大きいのどうやって動かすねん。

「あの。私、普通免許しか持ってませんけど。」と聞くと

「あー、大丈夫大丈夫。乗れますよ。」と店の人。

 

そりゃ極端な話、ランボルギー二カウンタックみたいなスーパーカーだって普通免許で乗れるわけで。
資格はあるけど技術に不安があるわけで。

でも旦那はいないし、もう脚立を荷台に載せてロープでくくっていただいてるので、これは乗るしかない、ということで、意を決しておそるおそるドアを開けてみると

車高が高い!!! 見たことのない景色!

そんでもってフットレストに左足が届かないわ、ギアのボタンが固くて下ろしにくいわ、ハンドルが寝ていてトラックのうんちゃんの仕様だわ(手のひらで回す感じ)で、「あれ?サイドブレーキは???」ともたもたしていると

「あ、サイドブレーキは左足の方にあるのをひっぱってくりっと回してください。」

え? ひっぱってくりっ?  難しそうじゃん!!

 

それでもどうにかこうにかエンジンかけていざ出発という時になって「あそうだ。事故をおこされた場合は自己責任で。」 と言われ。

.。oO(最後に言うなよ、不安になるじゃんよ。)

 

かくして笑顔の店員さんに見送されながら、そろりそろりと内輪差に気をつけて家路に向かったのでした。

最初ビクビクしてたけど、慣れると視界良好で、これが結構楽しいのですよ。

でかいでかいと言いましたが、、車幅と全長は3ナンバーの普通乗用車とそう変わらない。
ただ仕様がちっちゃいおばちゃん向きじゃなかっただけの話で。

車高が高いと見晴らしがいいから遠方で何が起こっているかわかって運転しやすいんですね。

近距離っだったせいもあって無事に運行、返却出来たのでした。

思えば、買った脚立が3メーター近くあるのだから軽トラではしょせん無理だったんですよね。

怖かったけど、最初で最後の大変貴重な経験をさせていただきました。

 

 

 

 

ちょっと落ち着いてきたので弁当だけでもアップすることにしました。
来月ばたばたするかなあ。  両家とも本人達が入院している間は楽なんですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

唐辛子こわい

Photo

・パッタイ(タイ風焼きそば)

えび、ほうれん草、炒り卵、米ヌードル、ささみ等をナンプラーやオイスターソースやレモンで味付け

                         *

【悲報】

直前に唐辛子をちぎってたのを忘れて目をこすったら目から火が吹きました。

 

それでなくても花粉症のかゆみで軽く炎症おこしている私の瞼はもう瀕死状態。

 

熱い!痛い!熱い!痛い! 涙!涙!涙! てか涙が熱い!!!

 

どうしてこすった???

こういう時はオリーブオイルを塗るとカプサイシンが溶けるんだって。
水じゃ余計広がるんだって。

 

へー、、、。

すでに遅し。

しばらく

時が経つのを待とうと思います。

まだ弁当画像あるけど今日はこれにて。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

サンキューの日

Photo

・鶏の塩焼き
・れんこんのたらこバター
・ほうれん草のおひたし
・にんじんのナムル
・塩卵 プチトマト

Photo_2

・おでんリメイク(手羽の照り焼き 糸こんにゃくの照り焼き)
・ほうれん草の胡麻和え
・ネギ入り卵焼き
・プチトマト

Photo_3

・ハンバーグ
・人参のたらこ和え
・ほうれん草のソテー
・塩卵 プチトマト

 

続きを読む "サンキューの日"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

しばらくブログをお休みします。

Photo_3
スプレーウイットのドライフラワー

両家の親の入退院、転院、介護問題で慌ただしくなってきました。

いろんな準備や手続きに集中したいと思います。

あ、私は元気デース。(o^-^o)

なにぶん、ものづくりが私にとってのストレス解消方法なので、
落ち着いたらひょっこり復活してると思います。

 

その時はまた遊びに来てくださいね。(*^-^)

そうそう、ブログを放置するとすぐスパムちゃんがいついちゃうので、コメントは承認制にしておきますね。

それでは溜まりに溜まっていた弁当画像を一気に放出。^^

 

Photo_42

・鳥照り焼き
・だし巻き
・にんじんしりしり
・ナスの甘辛煮
・レンコンのサラダ
・ほうれん草とエリンギのソテー
・プチトマト

Photo_37

・鯵の南蛮漬け
・塩卵
・白菜の塩昆布和え
・人参と糸こんにゃくのたらこ和え

Photo

・いなりずし ごまそぼろのせ
・にんじんのコンソメ煮
・白菜と塩昆布の浅漬け
・プチトマト
・きんぴらごぼう
・塩卵

Photo_7

Cpicon 鶏ささみの胡麻つけ焼き by kiyumiki
・たまごやき
・れんこんとしらすのナンプラー焼き
・ポテトサラダ
・さやいんげん プチトマト
・ブロッコリーと干し海老のナムル

Photo_2

・ひじきごはん
・塩卵
・じゃがいもの肉巻き
・人参のマリネ
・チーズブロッコリー
・プチトマト
・大学芋(セブンイレブン)

Photo_3

・鰯の梅はさみ揚げ
・きんぴらごぼうの海苔巻き
・たまごやき
・人参と糸こんにゃくのたらこ和え

Photo_4

・カレーピラフ
・塩卵 プチトマト
・ブロッコリーの塩昆布和え
・人参と糸こんにゃくのたらこ和え
・カボチャのソテー
・花ソーセージ

Photo_6

・鳥のレモン焼き
・ゆでほうれん草 プチトマト
・塩卵
・レンコンのたらこ和え
・人参の味噌炒め

2

・さけとしらすの混ぜご飯
・カボチャのカレー焼き
・塩卵
・プチトマトのチーズ焼き
・もやしのナムル
・ほうれん草の味噌がけ

Photo_33

・八幡巻き
・塩卵
・人参しりしり
・カニカマほうれん草海苔巻き
・なすの甘辛煮

Photo_34

・ひじきごはん
・鳥のレモンソテー
・きんぴらごぼう
・卵焼き
・茹でブロッコリー プチトマトのレモン塩

Photo_35

・いかとブロッコリーの中華炒め
・ソーセージ
・塩卵
・大学芋(セブンイレブン)
・プチトマト

Photo_36

石橋貴明のチャーハン
・ほうれん草とソーセージのソテー
・里芋の酒蒸し
・えんどうの翡翠煮
・しそ入り卵焼き

Photo_8

・さけとシソのせご飯
・レンコンとごぼうの煮物
・人参のコンソメ煮
・ほうれん草の胡麻和え
・塩卵

Photo_9

・さけの塩焼き
・たまごやき
・人参のマリネ
・ほうれん草のしらす和え
・きんぴらごぼう
・レンコンのレモンソテーPhoto_13

・ササミフライ(惣菜)
・レンコンの煮物
・半熟卵
・ブロッコリー
・ナスの甘辛煮

Photo_14

・人参と糸こんにゃくのたらこバター
・ノリチーズ
・人参のコンソメ煮
・鮭の塩焼き
・塩卵
・ほうれん草の胡麻和え

Photo_15

・豚肉の生姜焼き
・人参のマリネ
・きんぴらごぼう
・ほうれん草のおひたし
・たまごやき

Photo_16

・さけの塩焼き
・のりたまごやき
・にんじんの味噌和え
・ほうれん草の味噌和え
・スィートポテト

Photo_17

・タンドリーチキン
・水菜ハム巻き
・たまごやき
・ナスの甘辛煮
・にんじんのマリネ

Photo_10

・さけとしそのちらし
・酢レンコン
・人参のコンソメ煮
・さつまいものレモン煮
・ほうれん草としめじのソテー
・ひじき入りたまごやき

Photo_18

・タンドリーチキン
・塩卵
・カボチャのカレーソテー
・茹でブロッコリー プチトマト
・人参と糸こんにゃくのたらこ和え
・キャベツの浅漬け

Photo_12

・さけの塩焼き
・たまごやき
・やまいもの照り焼き
・ハーブソーセージとほうれん草のソテー
・人参の酢の物
・プチトマト

Gomasasami

Cpicon 鶏ささみの胡麻つけ焼き by kiyumiki
・だし巻き
・ピーマンのナムル
・里芋田楽
・人参のコンソメ煮
・プチトマト

Photo_19

・ちくわのいかもどき
・ソーセージ
・人参と糸こんにゃくのたらこ和え
・ほうれん草の味噌和え
・プチトマト

Photo_20

・ピラフ
・人参のナムル
・ソーセージとほうれん草のソテー
・エリンギのソテー

Photo_21

・鳥の照り焼き
・ノリ卵焼き
・里芋の煮物
・茹でブロッコリー
・人参しりしり
・さやいんげん

Photo_23

・さけの塩焼き
・塩卵
・プチトマトのチーズカップ
・ほうれん草の胡麻和え
・白菜の塩昆布和え

Photo_24

・つくね
・ピーマンとキャベツのカレーソテー
・レタス プチトマト
・卵焼き

Photo_5

・カレーピラフ
・ゆでたまご
・唐揚棒(セブンイレブン)
・コールスロー

Photo_25

・とりチリ
・カニカマのり卵焼き
・ほうれん草のおひたし
・にんじんのナムル
・焼きポテトサラダ
・プチトマト

Photo_26

・鳥はむ
・塩卵
・レンコンの梅和え

・アスパラとカニカマサラダ
・人参きんぴら
・プチトマト

Photo_27

・つくね
・水菜の海苔巻き
・ナスの甘辛煮
・きゅうりの浅漬け
・レンコンとしめじの煮物
・人参のコンソメ煮

Photo_28

・ゆでブロッコリーの肉味噌和え
・人参のナムル
・レンコンサラダ
・卵焼き
・ひじきごはん

Photo_29

・鳥のハーブソテー
・塩卵
・ブロッコリー プチトマト
・白菜の漬物

Photo_30

・ハンバーグ(惣菜)
・なすとカボチャのソテー
・ほうれんのツナ和え
・塩卵
・レタス

Photo_31

・おにぎり
・ひじき入り卵焼き
・ウィンナー
・ノリチーズ
・ブロッコリー
・人参の白だし煮

Photo_38

・そぼろ丼
・プチトマト
・レンコンとしらすのナンプラー焼き

Photo_32

・豚肉とほうれん草のオイスターソース炒め
・塩卵
・人参の甘酢
・プチトマト
・じゃがいもソテー

Photo_39

・そぼろビピンパ

・ノリチーズ

Photo_40

・焼肉丼
・ブロッコリーの塩ゆで プチトマト
・にんじんの南蛮酢
・しそとかつおぶし入り卵焼き

Photo_41

・白菜と人参のごま肉巻き

・ひじき入り卵焼き
・プチトマト
・ブロッコリーの塩ゆで
・大学芋(セブンイレブン)

Photo_43

・ひじきごはん
・かつおぶしとしそ入り卵焼き
・生ハムの大根巻き
・いんげん
・トマトのチーズ焼き
・人参と糸こんにゃくのバターたらこ

Photo_44

・鳥チャーシュー
・ポテトサラダ
・卵焼き
・カボチャと里芋の煮物
・茹でブロッコリー プチトマト
・いんげん

Photo_45

・牛肉のしぐれ煮
・ひじきの煮物
・冬瓜の皮のきんぴら
・人参とごぼうの酢の物
・ゆでたまご

Photo_46

・牛肉のしぐれ煮
・茹でブロッコリー プチトマト
・ジャーマンポテト
・卵焼き
・ゴーヤの佃煮

Photo_49

・麻婆なす
・塩卵
・ブロッコリーの梅和え
・カボチャのサラダ
・きんぴらごぼう
・さけごはん

Photo

・鮭粕漬け
・のりチーズ
・ノリほうれん草
・きんぴらごぼう
・梅シソご飯
・卵焼き

 

すみません、長々とだらだらとアップしてみました。
一応記録として。

 

ではでは、季節柄、体調を壊しやすい時期ではありますが、皆様お体にお気をつけてお過ごし下さい。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

サムライという名の薔薇

Mojiiri

「サムライ」という薔薇をいただきました。

深い真紅色で、ベルベットのような光沢があって

これぞ薔薇という感じ。

気品があってゴージャスです。

Dsc_4099

生花を取り扱っている友人からいただきました。

ブルーグレーの丸葉ユーカリとベストマッチですね。

うっとり~。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

Dsc_4149

巻きが多くてこの世のものと思えないくらい美しい。吸い込まれそう。

Sちゃん、ほんとにほんとにありがとう。

もう写真におさめたから、言いつけ守らないでドライにしちゃうかな。笑(←もう少し生けて楽しめと言われた)

 

 

さあ、今日もがんばるぞ。

。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。 

 

↓お弁当画像です。

 

 

 

Photo

・豚肉の野菜巻き 
・のり入りたまごやき
・ひじきの煮物
・小松菜とエビのピリ辛
・さつまいものレモン煮

 

Photo

・鮭の塩焼き
・油揚げの田楽
・塩卵
・人参のナムル
・ほうれん草の胡麻和え
・じゃがいものカレーソテー

Photo_2

・鮭のチーズ焼き
・ネギ入りたまごやき
・切干大根
・ブロッコリー プチトマト
・ひじき入りご飯

ミドリさんの真似 をして、鮭のチーズ焼きにトーチバーナーを使ってみました。

41ohl0ndgel_sy355_1

ポケトーチ 

値段が安く、燃料は使い捨てライターと表に書かれてあったから飛びついて買ったけど、裏の注意書きには「指定の使い捨てライター」と書かれてある。

しまったー。(TT)

100均ライターじゃあかんのかー。

ちょこっと使いならまだしも、お菓子にも使えるんだから最初からミドリさんのようにクッキングバーナーを買えば良かったのに。もー。

「安物買いの銭失い」の王道を行く者がここに。

 

 

※余談です。

続きを読む "サムライという名の薔薇"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

チョコロミアス

Photo

・とりめし(鳥照り焼き とりそぼろ)
・炒り卵
・スナックエンドウ
・きんぴらごぼう

Photo_2

・さけとしそのちらし
・たまごやき
・ほうれん草のおひたし
・人参のマリネ
・かぼちゃのソテー
・ナス南蛮 プチトマト

Photo_3

・オムライス(トマトの炊き込みご飯)
・かぼちゃのカレーソテー
・キャベツの梅と昆布の即席漬け
・さつまいものきんぴら
・ブロッコリー

Photo_4

・あじの干物と酢レンコンのちらし
・たまごやき
・くるみと昆布ピーマン
・さつまいものレモン煮
・人参のマヨ和え

                        ※

Photo_7

前回チョコ&ラズベリーのロミアスを作ろうとして、ジャムをフィリングに混ぜて焼いたら茶色くなったので、今回は退色しにくい苺の粒ジャムをのせてみました。

 

ついでにフィリング全体を赤くしようと思い、水飴の半量を砕いた苺飴に変えてオーブンにイン。

 

 

きっと、きっと可愛くなるはず、、、

 

 

 

Photo_6

ってあれ?

なんか昭和っぽいのが出来たね。

苺というよりドレンチェリーを乗せてるみたい。

フィリング全体がダークな赤だったらもっと綺麗なんだけどな。

味もね、美味しいけどプレーンのロミアスを超えるような美味しさではないのですよね。

 

「やっぱりね、ロミアスは王道のキャラメル味が一番美味しいのです。」

って前回 も言ってるしね。

 

 

 

忘れてるよねー。(´∀`*)

 

 

 

Risu2_2

こちらは友人主宰の教室にお出しするクッキー30枚です。

 

今週もよう焼きました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

手帳型スマホケース

Photo

・鰯のうめしそ&チーズしそロール
・たまごやき
・人参マヨ
・ほうれん草のおひたし

Photo_2

・カレーピラフ
・たまごやき
・蒟蒻のたらこ人参和え
・ほうれん草の肉味噌がけ
・プチトマト

Photo_3

・鮭おにぎり
・たまごやき
・かぼちゃ南蛮
・マカロニサラダ(惣菜)
・ほうれん草のソテー
・レンコン梅和え
・栗きんとん

 

 

 

                         *

Photo_4

友人のスマホケースを作りました。

Photo_7

リバティーのコットンテイルといううさぎ柄です。

自分ではなかなか選ばない柄だなあ。

友人は普段、明るいナチュラル系の洋服を着ていますが、小物系はぐっと渋い色味を選びます。
私とは真逆。

直接肌に身につけるもの=自分に似合うカラー

雑貨=冒険したいカラーor 好きなカラー

ということなのかな。

Jakki3

これはペーパーナプキンで作った娘のスマホケース

 

Jakki2

ジャッキーのスマホケースは買うと高いから紙ナプキンでデコパージュしたけど、
柄が大きいとなんだか子供っぽくって残念な仕上がりになっちゃうんですよね。

案の定、ちょっとだけ使って、自分で買い換えてました。^^

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

明けましておめでとうございます

Ku

黒豆の隙間に潜む墨(色の)蒟蒻。

甘い蒟蒻なんて想像がつかないかもしれませんが、

例えるなら  ナタデココ?の黒蜜がけ?

オッケーバブリーな食感です。大好きです。

年々、蒟蒻の量を増やしていますが、家族には不評のようです。

 

Niku

でも弁当には入れてやる。

 

・豚肉のねぎ焼き
・玉子焼
・プチトマトのチーズ焼き
・ブロッコリーのカレーマリネ
・黒豆蒟蒻
・人参のチーズマリネ

Photo_3

・鳥チリ
・レンコンのたらこ和え
・昆布ピーマン
・なすの旨煮
・煮玉子
・人参のコンソメ煮

 

Photo_4

・エビと枝豆のピラフ
・レンコンとツナのきんぴら
・ズッキーニのソテー
・玉子焼
・スィートパンプキン
・さつまいものレモン煮
・プチトマト

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

スィートポテトパイとスィートポテトタルト

Dsc_3562jpg

ワークショップ(友人主宰のリース作り)納品用 第4弾 スィートポテトパイです。

Photo

パイ+バニラビーンズたっぷりカスタード+スィートポテト

saki*さんのレシピ を参考にさせていただきました。

これね、私もいただきましたが、

うーん、、、パイの部分が固すぎてクリーム類との相性が良くありませんでした。

しかも一部カスタードの湿気を含んだのか、ざくっとしない。ていうか、生焼けみたいに固い。
空焼き時間が短ったか、焼成温度が低かったか。。。

前回作った時は美味しくできたのに何故だ?

そして今回

 

欲張ってレシピよりクリーム類を増し増しにしてのせすぎたせいか全体的にくどかったー。(お前のせいや)

 

ま、でも考えられる一番の敗因は、冷凍パイシートを薄くのばしすぎて層を潰し、グルテンが出たせいかなと。

これによって薄くても固くて重い生地になってしまったんですね。

 

今回は私を含めて気心しれたメンバーばかりのワークショップだったので、納品というよりも、おみやげとして持って行ったんですけど、試食できて良かったです。
反省点いっぱい。  メンバー、すまん。

そして、カスタードやスィートポテトが沢山あまっていたので、次もスィートポテト菓子を作ることにしました。

とは言っても、あれこれ試作する時間がなかったので、パイの部分をパートブリゼに変更し、カスタードの分量も少し減らして、甘さ控えめになったぶん、ラム漬けしたレーズンを散らして味にアクセントをつけることにしました。

Dsc_3602

はい、第5弾 スィートポテトタルトです。

サイズも21センチからレシピどおりの18センチに戻し、さくさくホロホロの土台に変更。

ブリゼ生地を空焼きした後も、湿気防止のために卵黄を塗って余熱で乾かしました。

Dsc_3592

余った生地でタルトレットを作り試食してみると、

うん、今回は美味しくできました。

ブリゼは、クッキータイプのシュクレ生地と比べて甘さ控えめで、粘り気もないのでホロホロっとした食感に仕上がります。

スィートポテト生地も少し減らしたのでボトム生地との相性も良くなり、くどく感じませんでした。

バランスって大事だよねえ。

 

 

 

それにしても以前は美味しく出来てたから、最初はパイシート を変えたせい?とメーカーを疑ってました。

でも、残ったパイシートを伸ばさないでミルフィーユを作ったらすごく美味しくさくっと焼けたんですよね。

ミルフィーユは一度膨らんだものを潰して重しをして焼き上げるので、厚みがなくてもざくっとほろっと香ばしく焼けます。

今度、同じようにタルトストーンを載せずにぷーっと膨らませて途中でぐしゃっと潰して作ってみようかなあ。

それか、生地を伸ばさず、最初から重しをしてじっくり焼くか。。。

 

などとぶつぶつ課題を残しつつ、、、

たまっている弁当画像もアップ。

 

Photo_2

・エビとブロッコリーの塩炒め
・おむすび
・れんこんと梅の甘酢
・かぼちゃのガーリックソテー

Photo_4

・鮭の塩焼き
・ひじき入り玉子焼
・切干大根の煮物
・人参の味噌焼き
・酢レンコン
・プチトマト

Photo_5

・天津飯
・にんじんしりしり
・ほうれん草のソテー
・酢レンコン

 

次記事は、第6弾 スフレチーズケーキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

マカダミアナッツの抹茶ビスコッティとロミアス

Photo

ワークショップ納品用第3弾 

マカダミアナッツ&ホワイトチョコの抹茶ビスコッティと

Photo_2

ロミアスです。

友人主宰のリース教室終了後にティータイムに出すお菓子を引き続き作ってます。

どちらも少量でおなか満足な焼き菓子です。

多めに作って、残りは遠方のお友達や、同僚達の胃袋へ。

 

 

 

                            ※

弁当画像、たまってます。

Photo_3

・手羽先の甘辛
・たらこ
・なすの旨煮
・レンコンのナンプラー焼き
・だし巻き
・ノリチーズ
・プチトマト

Photo_4

・鮭の塩焼き
・かぼちゃのソテー
・きんぴらごぼう
・なすの旨煮
・塩卵
・プチトマト

Photo_5

・梅とわかめの混ぜご飯
・ちくわしそチーズ巻き
・かぼちゃのソテー
・アスパラガスのソテー
・塩卵
・ケチャップウィンナー

 

 

 

先ほど職場から戻った時にキーケースが見つからず
あたふた焦って探しまくって見つかった場所が

 

車のドア。  さしっぱなし。

あちゃー。

もうもうもうもう。

 

私ってばひもつけて首からぶら下げとかないと。  

 はあ。 ため息。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧