お弁当

2018年10月18日 (木)

沢山のありがとう

Photo

・いんげんの肉巻き
・のりチーズ
・玉子焼き
・人参ナムル
・プチトマト

 

Photo_2

・チキンライス
・玉子焼き
・胸肉の胡麻焼き
・きんぴら
・ブロッコリー
・人参のナムル

 

Photo_3

・鮭の塩焼き
・ズッキーニのチーズ焼き
・玉子焼き
・人参のナムル
・ぶどう

 

 

 

                            ※

続きを読む "沢山のありがとう"

| | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

カープ三連覇

カープ三連覇おめでとう!!!
若鯉はねました!

 

友人に、「いや~九里も良かったけど誠也のヘッドスライディングにしびれたね~。
4番打者が無死でつっこむなんて漢だね~。」なんてニワカが偉そうに言ったら、怒られました。

 

あれだけ点差が開いているのに(余裕で勝ってるのに)、ヘッスラするなんて無謀。怪我したらどうするんだ。
プロ意識疑われる。

だそうです。

長年のカープファン故の愛ある叱咤でございました。

ほんと闘いはここからですもんね。
どうか選手の皆さん、怪我せず頑張ってください!

CS突破して日本シリーズ勝利を信じてます。

 

 

Photo

・アルファ米の赤飯
・さばの塩焼き
・酢レンコン
・ひじきの煮物
・かぼちゃの煮物
・無限ピーマン
・きんぴらごぼう
・だし巻きたまご

 

Photo_2

・カツ丼(カツは惣菜)
・ベーコントマト
・粉ふきいも
・人参の味噌炒め
・玉子焼き
・シシトウのグリル

 

Photo_3

・タンドリーチキン
・レンコンサラダ
・人参のナムル
・白だしたまご
・シシトウのグリル
・ぶどう

 

コンビニの真似してよく半熟卵を塩水につけて塩卵を作るんですが、
ふと、白だしにつけたらもっとまろやかになるんじゃない?と思って試してみたらヒットでした。

残っただしはそのまま煮物や吸い物に使えばいいし、かんたーん。

大発見だ、と思って検索かけたらやっぱ作ってるヒトいたね。
そりゃそうだよね。
素人が思いつくことなんてそんなもん。 ^^

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

達人動画

Tori

・チキンカツ
・のり玉子焼き
Cpicon ちくわと枝豆のピヨピヨ隊♪簡単お弁当 by ゆぅたん25
・ブロッコリーマヨ

 

Photo

Cpicon カニカマりんごの卵焼き by 味の素冷凍食品
・胸肉とアスパラの塩炒め
・きんぴらごぼう
・千切り野菜のサラダ

 

Photo_2

・いかとアスパラのナンプラー炒め
・塩卵
・ノリチーズ
・きゃらぶき

 

せっかくおかずを可愛くしてあげたのに旦那も長女も無反応。

盛り上がらない家族だ。

 

                        ※

家事がはかどらない時に見ている達人シリーズの動画です。

 

 

特に 大量に常備菜を作る時、野菜のカットにうんざりするんですけど、そんな時はテンポよく包丁をさばく店主をイメトレしながら切るとはかどります。

 

もちろん全然ついていけませんけど

 

 

シンク周りの散らかり具合だけは達人級です。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

2018年夏花壇

Photo

猛暑、水害でくたびれていた玄関先の花たちも元気を取り戻してきました。

 

手前からシロタエギク、アンゲロニア、アゲラタム、パープルフラッシュ、日々草です。

 

Photo_2

アンゲロニア。色はラズベリー色だったかな。

1株198円でしたが、切り戻しながら育てると大株になりました。
育てやすくて華やかな穂状の花です。
穂先に蕾がつくから、切り戻すのがもったいないけど思い切ってやっちゃったほうが絶対いい。
コスパ高いです。
数年前は400円くらいして手がでませんでした。

Photo_4

大大大好きなアゲラタムです。
これは1株60円。

植え付けた時は、日に2度水をあげないと干からびそうになるわ、花はすぐダンゴムシに食われちゃうわで瀕死だったけど、秋になるとランナーを張ってもりもり元気になりました。

切り戻すと活性化するけど原種に戻って葉のほうが目立っちゃうんだな。
それでも控えめな小花が大好き。

西日の強い花壇には不向きだと思ってたけど、毎日の水遣りでちゃんと育つんだということがわかりました。

 

Photo_5

存在感抜群、斑入りのパープルフラッシュです。
こいつはちょっとお高くて298円。
でも大株になるので、派手な色合いの夏花が多い中、シックに花壇をまとめてくれるから重宝します。

後方のシロタエギクはたぶん6年生くらい。
いい加減根元が木質化してきて貧弱なので抜こうかなと思いつつ今に至る。
高い1年草買うくせに変なところでバランスとろうとしています。

 

Photo_6

白の日々草。
葉が黄色っぽくなるのは肥料切れなんだとか。

真夏の乾燥、西日、なんでもばっちこいな我が家の定番だったのに、7月の水害で腐りかけました。
こんなの初めてです。多湿に弱いんですよね。
水を控えると葉が萎れちゃうので、そこらへんの加減が難しかったけど、
7月中に一回切り戻して水と肥料をこまめにあげてたら息を吹き返しました。

Photo_3

霜が降りるまで暫く咲いてくれそう。
大切にしよう。

 

 

 

以下、お弁当画像です。

 

 

 

 

 

Dsc_1667

・アスパラ豚巻き
・トマトパスタ
・ししとうのグリル
・玉子焼き
・きんぴらごぼう
・酢レンコン
・プチトマト

 

Dsc_1547

・さばの塩焼き
・かぼちゃの煮物
・アスパラガスのおひたし
・人参のチーズ巻き
・玉子焼き 

 

Dsc_1683

・中華風ハンバーグ(餃子タネののこり)
・ブロッコリー プチトマト
・キャベツとしその即席漬け
・ネギ入り玉子焼き 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

山陽本線一部復旧

Dsc_1526

・おむすび
・にんじんの味噌炒め
・蕨のナムル
・シシトウのグリル
・鮭のソテー
・玉子焼き プチトマト

 

Dsc_1464

・胸肉の黒ごま焼き
・アボカドと小エビのトマトソース和え
・塩卵
・アスパラガスのおひたし
・ノリチーズ
・ニンニンのナムル

 

Dsc_1664

・牛肉のしぐれ煮
・れんこんと人参のきんぴら
・アスパラガスの和物
・玉子焼き

 

 

続きを読む "山陽本線一部復旧"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

既製品のスマホケースに小細工

Photo

友人に頼まれて、既製品のスマホケースに生地を貼ってデコパージュしました。

 

Fl_xz1_11_2

元はこれ 。 ターコイズと白のバイカラーです。

値段も安くはないですし、生地を貼るのがもったいないほど綺麗なケースですが、
以前、自分用にリメイクしたスマホケースを友人が見て同じのが欲しいとのこと。

今彼女が持っているお財布とも色が偶然一緒で、しかも、生地は以前私がプレゼントした扇子と同じ柄だったのです。

Sensu

そういえば同じ柄だった

Photo_2

この、リバティのちょい見せ感がいいんですよね。

付属のストラップの裏にも貼ってます。

実際のところ、よく折り曲げする背表紙部分には生地を貼らないほうがいいみたいです。
デコパージュはボンドで作った被膜のようなものなので、伸縮を繰り返すとそこから傷んで剥がれていくので長持ちしないんです。

Photo_3

そのぶん、裏には多めに生地を貼ってます。

これ、リバティのシックスティーという柄で、もう廃盤になってますが、通常柄の60パーセント縮小された柄なので、小物作りにはとてもいいです。

ブログではリバティに傾倒していますが、マリメッコやカウニステなどの北欧柄も大好き。
でも柄が大きくてさ、、、。

マリメッコさんも縮小柄作ってくんないかしら。

以下、お弁当画像です。

 

Dsc_1380

・豚肉の佃煮
・ナス南蛮
・シシトウのグリル
・かぼちゃの煮物
・玉子焼き
・しそ しゃけ

Photo_4

・いんげんの肉巻き
・玉子焼き
・ちーずのりまき
・にんじんのナムル

 

Dsc_1479

・キャベツ肉巻き
・にんじんのコンソメ煮
・塩卵
・アスパラ プチトマト
・チーズ海苔巻き

 

                         ※

引き続き震度7の大災害。言葉を失ってしまいます。
あきさんのところは大丈夫かな?
北海道にお住まいになるviuさんとこはようやく昨晩電気が来たのだとか。
まだ余震が続いているみたいですが、早く全道復旧して物流が復旧しますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

真夏のシフォン

Photo

いただいたパッションフルーツとキウイでジャムを作り、ヨーグルトと合わせてシフォンケーキを作りました。

しっとり軽い生地に爽やかな酸味がたまりません。
飲み物なくてもパクパク食べれる、夏にぴったりのシフォンケーキです。

 

 

Dsc_1504

夏場は卵の水分が多いせいで、分離しやすい。
ー これ、わかってたんだけど、攪拌の引き際がわからずついつい長めにやってしまい、キメの粗いメレンゲができてしまいました。
乾燥卵白入れて濃度を濃くすればよかった。

それでも底上げもしなかったし、パッションフルーツの種も沈まなかったのでよしとします。

んで、そのパッションフルーツの種ですが、キウイとか苺の種とはちょっと食感が違うんですよね。
粒が大きいし、噛むと酸味や苦味がちょっと出るので好みが分かれるところ。

私は好きなんだけど、人にあげるにはちょっと躊躇してしまう存在感です。

 

 

以下、お弁当画像。

 

 

 

Photo_2

・鮭の塩焼き
・いんげんの胡麻和え
・玉子焼き
・ヤングコーンのバター焼き
・ケチャップソーセージ
・とうもろこし

 

Dsc_1477_3

・花ソーセージ
・キャベツの即席漬け
・シシトウの焼きびたし
・塩卵
・たらこと水菜とトマトの冷製パスタ

 

Dsc_1476

・鮭としその混ぜご飯
・ナス南蛮
・玉子焼き
・にんじんたらこ
・アンチョビとポテのグラタン
・そらまめのしおゆで

 

今朝の広島は珍しく涼しいです。え?何故?

そっか。今日から残暑だから?

異常現象!記録的猛暑!記録的豪雨!
というわりにはけっこう律儀な地球。

でも日中は相変わらず高温ですね。
今日も油断せずいきましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

暑い日が続きます。。。

Ikamusu

・いか天むす
・大根の葉としらすの浅漬け
・玉子焼き
・豚肉と大根の葉のソテー
・プチトマト

Photo

・のりべん
 鮭の塩焼き ちくわのてんぷら コロッケ(できあい) 
・玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・ブロッコリーのソテー

 

Dsc_1551

・玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・人参のナムル
・雷こんにゃく
・小松菜の含め煮
・さけとしその混ぜご飯

 

 

                         ※

昨日長女と市内の災害ボランティアに参加してまいりました。

この暑い中、アラフィフのちっちゃいおばちゃんが参加して大丈夫なんだろうか、と自問自答しましたが、真夏にスコップで土をかき出す、という作業は筋金入りのガーデニング好きにはわりと馴染みのあるものなので、えいやっと参加してきました。
災害ボランティアとこれらを一緒にするのは不謹慎かもしれませんが、どうせするなら苦にならないほうがいい。
屈強な男性グループだったら、ペースを乱すのでは、という不安はありましたけど、運営側がグループ調整をしてくれるのを知っていたので、安心して女性のいるグループで参加してきました。

今回は、家から車で10分のわりと近場で、床下の泥を外にかき出す、という作業をしました。
床板が外された状態の床下に潜り込み、スコップですくってはバケツに入れ、リレー式で外に出す、という作業を11時から3時まで、昼休みをはさみながら黙々と行いました。
15分作業して15分休憩だったのですが、作業はあっという間で、休憩時間のほうが長く感じました。 

もうちょっと長く、もうちょっとあそこまで作業しても、、、と思いましたが、
まだできる、という慢心が老害(熱中症)を引き起こすんだということを意識しながら無理のないペースで作業しました。

途中、休憩しながら被災された方の話を聞いて、改めて当たり前に普通に暮らせるありがたみを痛感しました。

 

終了後、被災されたご家族からペットボトル5本くらいいただき、最後にアイスまでいただき、申し訳ないくらいでした。

長女の大学でも積極的にボランティアツアーみたいなものが企画されてたのですが、
ある先生がSNSで「学生よ、部活やバイトはいいからボランティアに参加しなさい」とおっしゃってるのがどうもひっかかって。

ボランティアは強制するものじゃないです。

部活だって、試合のために必死に励んでる学生もいるし、バイトだって死活問題でやらざるを得ない学生だっているわけで。
水害の為、通うだけでも困難な学生も沢山いるしね。

大学主催のボランティアは、かなり遠方だったせいもあったので今回は市内で企画された災害ボランティアに親子で参加してきました。

 

自宅生でバイトもしてて、お小遣いもそこそこあって不自由なく暮らしている彼女が、今回無償のボランティアをして何を感じたかな。

休憩中、男子学生とカープの話で盛り上がってましたけどね。
はいはい、年寄りはむこうに行きますよ、と納屋の方で風にあたってた母ですけどね。

ま、どうでもいいハナシです。

まだまだ暑い日が続きますが、どうか被災された方々の生活が早く元通りになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

災害ボランティアのこと

Photo_2

・ささみの胡麻焼き
・塩卵
・ほうれん草とキャベツの海苔巻き
・プチトマト
・ヤングコーン
・さやえんどう

 

Photo_3

・アボカドの豚巻き
・塩卵
・ブロッコリー
・キャベツとしその梅あえ
・ポテトのハーブ焼き

 

 

Photo_4

・豚の生姜焼き
・ポテサラの海苔巻き
・かぼちゃのグリル
・スナックエンドウ プチトマト
・ケチャップパスタ

 

 

 

 

 

                        ※

 

 

7月豪雨災害ボランティアに参加されてる方、される予定の方、暑い中お疲れ様です。どうぞ熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

我が家は長女の試験が終わって落ち着いてから考えようと思います。
まだ日々の通勤通学、送迎だけで体力消耗し、休日は両家の手伝いもあるので出来るか未定ですが、できれば平日に手伝わせていただきたいな、と思います。

ボランティア活動の受付及び開始に関するお知らせ

 

こちらは東広島市限定です。

4年前広島市の土砂災害ボランティアに参加しましたが、上記リンク先にある持ち物以外 に、個人的にあったらいいなと思ったものを紹介させていただきます。

①ゴーグル   

泥や砂ぼこりから目を守るためです。なければ入った時のために目薬を。

 
          

②片面が樹脂コートされた手袋(2つくらい)

こんなやつです。→

③軽量のリュックかウエストポーチで

 
汚れます。置くところありません。100均にナイロンタイプのシューズ入れでリュックにもなるタイプのがありましたがあれベスト。

 

④飲み物は水筒ではなくペットボトルで

上記理由からなるべく荷物は軽量で。

 

⑤ウェットティッシュ

水量が限られている場合、汚れが落ちにくいので。

 

⑥着替え

ドロドロになります。

スコップ類等を持って行かれる時は派手目のリボンなどつけて、目印をした方がいいです。

後あったらいいなあと思ったのは泥水を吐き出すためのデッキブラシちりとりでしたが、
これは被災地にもよるのかもしれません。 

 

以上、持ち物に関して書きましたが、一番気をつけなければいけないのは「熱中症」です。

前回参加の時、運営側から

「脱水で倒れたりするとグループに迷惑をかけるし、被災者の方も悲しむことになる。」

やんわりと言われてましたが、
要はグループ行動を意識しながら自己責任もしっかりとること、ということだと思います。

今回、まだ参加してないのに上からの物言いでごめんなさい。

でも、決して無理しすぎず、こまめに水分をとっていただけたら、と思います。

 

 

「2014年広島土砂災害地へボランティアに行ってきました」

過去記事になりますが、よろしかったら参考になさってください。
あの時はガス漏れがあったり、運営側が体制が整ってなかったので、ボランティアの人数はいるのに、肝心なところに足りてない、という事態でした。
今回はそうい問題点は大分改善されてると思います。

よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

記録的豪雨

Photo

・鰆の西京焼き
・かぼちゃの煮物
・人参のたらこマリネ
・玉子焼き
・じゃがいも照り焼き
・プチトマト スナックエンドウ

Photo_2

・胸肉のハニーマスタード焼き
・酢レンコン
・いんげんの胡麻和え
・しば漬け
・ちくわ梅しそ巻き
・おむすび
・玉子焼き

 

 

Photo_3

・チキンピカタ
・おむすび
・玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・プチトマト スナップエンドウ レタス
・人参のタラコあえ

 

続きを読む "記録的豪雨"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧