お弁当

2019年6月12日 (水)

スーパーの花でかごアレンジ

Dsc_1355

 

随分前の画像になります。

 

春先に、地元スーパーで380円の花束を買い、かごのアレンジを作りました。

 

自分の誕生日に自分のために作りましたが何か。

 

 

 

何をしても落ち着かない時期だったのですよねー。

 

 

花なんて飾る気もなかったのですが、ぷすぷすさしていくうちに潤ってリラックスしてました。

 

 

やっぱり私は何か作ることでストレス発散するタイプなのだわ。

 

 

 

だーから 部屋が片付かないのね。

 

 

 

以下、おべんと画像です。

 

 

 

 

 

                                    ※

 

 

 

Photo_47

 

・豚肉のハニーマスタード焼き
・酢レンコン
・にんじんとツナのサラダ
・塩卵
・プチトマト
・かぼちゃの煮付け
・ほうれん草のおひたし

 

 

Photo_48

(長女作です) 油ぎとぎとー

・枝豆と桜えびの混ぜご飯
・人参のたらこふりかけ和え
・卵焼き
・レバーのコンフィ
・ほうれん草のソテー
・マッシュルームのソテー
・プチトマト

 

 

Photo_49

 

・胸肉のゴマつけ焼き
・ナス南蛮
・塩卵
・かぼちゃのソテー
・れんこんのきんぴら
・プチトマト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

チョコとオレンジピールのロミアス 

Dsc_1324

 

チョコのロミアスを作りました。

以前イチゴジャムをキャラメル部分に混ぜましたが、味が今ひとつ、ビジュアルも食感も「コレジャナイ」感が否めなかったので、
今回はチョコと相性の良いオレンジピールをキャラメル部分に混ぜ込んで焼きました。

 

 

 

が、オレンジピールの存在感たるや。ちょっと入れすぎたかTT

 

 

自家製だからかピールの水分も多く、食感もいつものザクザク感もないのよ(TT)

 

発酵バターの香りもココアに隠れちゃってるしねえ。

 

不味くはないみたいですが

 

ロミアスとは別もののお菓子ということでお渡ししたマダム達よろしくお願いします。

 

 

んーでもーせっかく買ったサルタン口金で他のフレーバー作れたらいいなあ。

 

 

 

 

そだ!アーモンドキャラメル部分はいじらず、クッキー生地をチーズ味にするというのはどうだろう?

 

アーモンドキャラメルチーズでどうだ???

 

くせになるような甘じょっぱさを狙います。(普通のが食べたいby旦那)

 

 

 

 

 

 

 

 

                                            ※

 

 

 

 

 

 

以下、お弁当画像です。

 

 

 

 

                                  

Photo_43

 

・鯖の塩焼き
・塩卵
・にんじんたらこ
・酢レンコン
・舞茸の山椒焼き
・ししとうのグリル
・しらすと菜っ葉ごはん
・プチトマト

 

 

Photo_44

 

 ・肉団子(餃子のタネ)
・ネギ入り卵焼き
・レンコンのきんぴら
・ブロッコリー
・プチトマト

 

 

Photo_45

 

・鳥はむのバジルソース
・ノリ入り卵焼き
・きのこのガーリックソテー
・かぼちゃのソテー
・にんじんとしらたきのたらこバター

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_42

 

ちなみにこれは長女が普通の無塩バターを使って作ったディアマンクッキーです。

チョコの味もナッツの味もちゃんと生きてました。 負けました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

アロマストーン

Dsc_1307

 

シリコンモールドの型を使ってアロマストーンを作りました。

 

アロマストーンとは、石膏にアロマオイルを染み込ませて香りを楽しむものです。

 

 

香りは穏やかですが、温めないのでフレッシュな香りが細々と長続きします。

 

Dsc_1357_1

石膏を固めた後、シリコンモールドからむにーっと外す瞬間が好き。

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_1311

今回は夏らしくラベンダーとシトロネラ、レモンユーカリをブレンドしました。
石膏を混ぜながらオイルを入れて固めています。

 

 

 

 


香りが弱ってきたらベース口にオイルを垂らします。

 

 

 

電気や火を使わないから車に置いたり、トイレ等の匂いの気になる狭い空間に置くと効果があります。

 

 

シトロネラやユーカリは蚊よけの効果があるのでこの時期は玄関先もいいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                 ※

 

 

 

以下、お弁当画像です。

 

 

Dsc_1153_1

 

 

・ソーセージとししとうのグリル
・まいたけのソテー
・ノリチーズ
・ノリ入り卵焼き
・人参たらこ

 

Photo_32

・焼きシューマイ
ブロッコリー
・ポテトサラダ
・ほうれん草の梅和え
・ノリ入り卵焼き

 

Photo_46

・鮭の塩焼き
・ノリ入り卵焼き
・れんこんのきんぴら
・かぼちゃのソテー
・ブロッコリーと桜えびの和え物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年1月21日 (月)

生花のアレンジ

20190119_111709_2

友人に誘われ、単発のフラワー教室に行ってまいりました。

生花のアレンジは初めてです。

一度基本を教えてもらいたいと思っていたので結構楽しみにしていました。

 

 

教室に入るとピンクのラナンキュラス、紫のアゲラタム、菜の花、赤紫のスカビオサ、マメ科の何か、ガマズミ、チューリップなど、春の花材が用意されてました。

朝早く先生が市場から仕入れてくださったとのこと。
まあ綺麗、とってもどストライクな色合い~

と喜んでたら

 

「今日は見本を作ってません。みんな同じになっちゃうと面白くないので自由に生けてください」とのこと。

え。。。。じゆう?セルフ?

 

いやいやいや。

いいじゃん、みんなおんなじでみんないい

でいいじゃーん。(;ω;)

私、真似が大好きですから。

なんなら先生が作ったのを買っても、、、。

 

 

 

どこから挿していいかわからなくて、しばらく茎を(萎えるくらい)握り締めてたんだけど、常連さん達が着々と取り掛かってらっしゃっているのを見てあわてて生けました。

 

 

Dsc_1123

斜め上からのショット。

 

こうやって写真を撮ってみるとどこがバランス悪いかわかります。

一番大きいスカビオサが埋もれてます。とほほ。

 

そして迷いながら何回もぶすぶすやり直すもんだからオアシスがボロボロ。 

耐震疑惑な土台のせいで浮き気味なお花もでてきて。

 

これじゃ傷みも早いかなあ。
水やりをマメにしなくては。

 

 

さささっと生ける生徒さんほど上手だったように思います。

 

私は案の定ビリで、先生も「あわてないで大丈夫ですからね~」と言いながらもお掃除を始めておられました。

 

 

 

いつかちゃんと習ってみたいな。

以下、先週のお弁当画像です。

 

 

 

Photo_2

・チキンチーズピカタ
・のりたまご焼き
・ブロッコリーのしおゆで
・コールスロー
・じゃがいもの胡麻和え(おでんの残り)

 

Omusupa

・オムスパ
・ししとうのグリル
・レンコンのきんぴら
・カニカマとキャベツのマリネ
・プチトマト

 

Photo_3

・鮭の塩焼き
・ほうれん草とソーセージのソテー
・にんじんのマリネ
・かぼちゃの煮物
・だし巻き卵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

コンパクトケースのリメイク

Photo_5

・さばの塩焼き
・ほうれん草の胡麻和え
・ナスの甘辛煮
・塩卵
・かぼちゃの煮物

Photo_6

・キジ焼き
・ブロッコリーの梅和え
・塩卵
・にんじんとレーズンのマリネ
・かぼちゃの煮物

Photo_7

・つくねの磯辺焼き
・にんじんとこんにゃくのタラコ和え
・柿なます
・かぼちゃの煮物
・玉子焼き
・レタス プチトマト

 

お姑さんはしょっちゅう物を落とすので、コンパクトケースのファンデーションなんて月に2回は粉々になります。
かき集めて圧縮して再活用する方法があるけど、すぐ捨ててしまわれるんですよね。(;ω;)

 

そこでコンパクト型ケースに内蔵されたリキッドタイプのファンデーションを買ってきました。
要は、粉状でなければ落しても大丈夫なのです。

Ihttps253a252f252fs_eximg_jp252fexp
https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Leafhide_beauty_062d0b488b74fa0f0a8c8219a5787da7/

これ1つで美容液、化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、フェイスパウダーの5役を果たす優れものです。

お手軽だし、ファンデーションが無駄にならないし、手がちょっと不自由なお姑さんにぴったりだ!

我ながらいい考えだと思ったんですけど

 

 

 

 

1週間後には

 

「壊れた。ファンデーションが買ってきて。」と電話ありました_| ̄|○

 

 

や、平気さ。これぐらい。想定内。

 

壊れたというより、使い方がわかんなくなったんじゃないかと思って確認したらやっぱりそうでした。

 

フタを開けて、中のボタンをプッシュしなければファンデは出ない、ということを説明して、マジックで印をつけるんですけど、今ひとつ納得してないご様子。

高齢者の長年の習慣を変えるよりもなるべく本人の希望に沿ったものを用意したほうがいいと思い、こんなものを作ってみました。

 

まず、既存のコンパクトケースを用意して

1547692759024

 

Photo_2

壁をリメイク用する時に使う木目調のクッションシートと、タイルシールを100均で買ってきました。

 

1547692795679

クッションシートにはシールがついているので、コンパクトケースに合わせてカットして貼り付けます。

厚み5mm。 要はスマホケースみたいなものを作りたかったのです。

これだけでも落下した時のショックを吸収してくれるかなと思ったのですが、
さらにこれに

 

Dsc_1097

キラキラ好きの姑さんがどストライクなカラーのタイルシートを貼って強度を増します。

ビニール製でぷっくりしたシールなのでクッション性もあるのです。

 

 

ただ、サイドが貼れてない部分もあるのでこれではまだ不十分なんですよね。
耐震に使うジェルシートで補強するかなー。

後、ケースを開けた面を下にして落とすとやっぱり粉々になるかも?

まだまだ改良の余地はあるけど、ま、少しでも割れる回数が減れば、、、。

 

 

落とすな、というのは無理ですしね。

 

 

 

嫁、負けない!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

またまた花結びのかごバッグ

Photo

冬休みの間、通勤用のかごバッグを作りました。

クラフトテープ ライトチョコ ⇒ 
布        マリメッコ(プケッティ) ⇒

取っ手は革です。
カシメはフェイクで貼り付けてるだけです。ははは。
かごに厚みがありすぎるから打てるわけないもんね。

かごにはちゃんと革用の糸で縫い付けてるから丈夫です。

チャリのかごに入り、なおかつ職場のロッカーの棚に置けるようにサイズを調整して作ったつもりなんだけど、、、。

 

いい加減編み慣れたせいか目がタイトになってサイズが小さくなってしまいました。

 

Photo_2

洗い替え用の内布はマリメッコのグリーングリーン ⇒ 

067924181a

この柄に一目惚れして買ったけど

Dsc_1118

作ってみたら
牛みたいな柄になった。 

 

残念。

まいっか。仕事用だからこれくらい地味な方がいいかも。 

 

 

Photo_3

ファーは、、、、いらないか。

 

 

今回はニスを塗っていません。
どれくらいもつか実験中です。

 

Photo_4

こっちのかご(ニスあり)の内布も新しくしてみました。

Photo_5

ピエニシールトラプータルハ ⇒

やー、あがる。大好きな柄です。

 

 

 

 

 

編んでる間は余計なこと考えなくていいし、おやつ食べ過ぎないし、いいストレス発散になります。

 

以下、お弁当画像です

 

 

 

                         ※

 

Photo_7

・水菜のぶた照り巻き
・玉子焼き
・小松菜のガーリックおひたし
・かぼちゃの煮物

 

Photo_8

・鮭の塩焼き
・にんじんたらこ
・サラスパ
・ノリ入り玉子焼き
・柿なます
・プチトマト

 

Photo_10

・鳥のキジ焼き
・塩卵
・たらこのにんじんバター
・雷こんにゃく
・かぼちゃのカレー焼き

 

寒くなってきました。
皆さま、どうぞインフルエンザにはお気をつけて。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

花結びのかごバッグ

Photo

パールグレーのクラフトテープで作った花結び編みのかごバッグです。

日頃お世話になっている友人へのお礼に作ったものですが、バッグの色や内布は彼女に選んでもらいました。

黒いリボンと先についているパールも彼女のアイデアです。
ガーリーですね。^^

 

Photo_2

内布はリバティのスモールスザンナで、家にあったもの。

ちょっと冬には涼しすぎるカラーですが、

 

Photo_3

ファーなんてつけるとと冬仕様になるかな?
私のファーのマフラーを巻いてみました。

ミニバッグのチャームは取り外し可能です。

 

Photo_4

洗い替え用にマリメッコの内布も作りました。

これも彼女が選んだ柄ですが、

 

Photo_5

大柄はぺたんこバッグみたいに柄がはっきりみえる形状のほうがより映えますね。

1547091116664

「赤い革の花形ブローチつけたよ♪」とラインが届きました。

シックなコーデが多い方だからバッグがいいアクセントになるといいな。 

 

 

 

                             ※

以下お弁当画像です

 

Photo_2

・オムライス
・レバーのコンフィ
・ブロッコリーしおゆで
・ナスのソテー
・人参とレンコンのきんぴら

 

Photo_3

・のり弁
・さけの塩焼き
・レンコンの酢の物
・かぼちゃの煮付け
・ネギ入り玉子焼き
・小松菜のおひたし

 

Photo_6

・からあげ
・ノリチーズ
・かぼちゃのカレーソテー
・プチトマト
・ししとうのグリル
・卵焼き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

映画 【ボヘミアンラプソディー】

Photo

・さんまの梅しそ焼き
・ししとう塩焼き
・かぼちゃの煮物
・銀杏の塩焼き
・玉子焼き

 

Photo_2

・カニカマ入り玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・アスパラガスとハーブソーセージのソテー
・酢レンコン

 

Photo_3

・ちらし寿司
・アスパラちくわ
・かぼちゃの煮物

 

 

 

 

 

 

 

Img_3524

 

話題のボヘミアンラプソディーを観ました。

レイトショーにもかかわらず出発30分前にはほぼ満席状態。
え?普段はこの時間ガラガラなのに何事?
リピーターが多いってこと?

あわててネットで予約をしました。
田舎の劇場がこんな感じだったからそりゃもう、観る前から期待値がぐーんと上がるってもんですよ。

 

そしてオープニングの20世紀FOXのファンファーレがまさかのクィーンバージョン。

やられました。

 

続きを読む "映画 【ボヘミアンラプソディー】"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

プチトマトとねぎ

Photo_2

・鮭、銀杏の塩焼き
・ノリチーズほうれん草
・かぼちゃの煮物
・玉子焼き

Photo_5

・アスパラと豚肉のオイスターソース炒め
・糸こんにゃくとかにかまの和物
・きんぴらレンコン
・ゆで卵
・プチトマト

Photo_3

・かにかま玉
・人参のタラコ和え
・ブロッコリー プチトマト
・ノリチーズ

 

 

お舅さんが夏に植えたプチトマトと、ネギがまだ実家の庭で育ってました。

週1回は主人が水をあげてます。

 

大事に、大事にいただきます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

弁当など

Photo

・チキンハーブピカタ
・人参南蛮
・かぼちゃと枝豆とトマトのマリネ
・ズッキーニのチーズ焼き
・海苔巻きたまご

Tanndori

・タンドリーチキン
・玉子焼き
・れんこんのサラダ
・人参とたくあんのサラダ
・プチトマト
・ししとうのソテー

Photo_2

・鳥南蛮
・酢レンコン
・玉子焼き
・小松菜のおひたし
・かぼちゃの煮物

Photo_3

・さけのソテー
・ししとうのソテー
・人参とかにかまのサラダ
・玉子焼き

 

Photo_4

・鳥の記事焼き
・れんこんのオイスター炒め
・ネギ入り玉子焼き
・ブロッコリーのしおゆで
・かぼちゃのきんぴら
・コールスロー

Photo_5

・しいたけのバター炒め
・ささみのてんぷら(惣菜)
・酢レンコン
・鮭としそのちらし
・玉子焼き
・人参のナムル 

 

 

 

 

舅さんの四十九日が終わり、一区切りしましたが、姑さんの今後のこともあってなかなか落ち着かず、旦那もピリピリしててちょっと家の中が息苦しい。

 

そんな旦那の負担を減らすために色んな事務手続きも手伝うものの、不備が多くてサ。

夜、色んなことを考えながらやってるせいか、雑になっちゃうんだよね。 だめウーマン。
その都度実家や金融機関や役所を行き来したりしてます。

今日も旦那の喪中はがきの裏面や宛名の作成をして、
「わかりやすいように一覧表にもしておいたから。お義父さんやお義母さんのも作っといたから。」とどや顔で旦那に渡すと、
3箇所間違えていると指摘あり。

「藤原」を「篠原」って打ってたり、「大谷」を「大下」って変換間違えてたり。

ま、老眼のせいなんですけどね。

はー。今までこんな打ち間違いをしたことはなかった。

軽くショックですけど、ま、それよりさ。

他にも旦那がすべきことを、けっこうな時間を裂いて調べたり、書類を用意したりしてるんですけど

なんていうの、こう、一言礼を言ってほしいんだよね。

 

「こことここが違ってるけど、直しといたから。」と蛍光ペンでしゃしゃっとチェックされたり、付箋をたててつきかえされるとさ。

 

 

 

上司かよ。

 

「あ、ごめん、それ、ざっと作っただけだから。
出す前にちゃんとチェックしようと思ってる。」とか言い訳したりして。

 

なんかもやる

 

ねぎらえ。 もっと妻を。

 

100円のアイスで軽く釣れてあげるから。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧