シフォンケーキ

2018年8月 8日 (水)

真夏のシフォン

Photo

いただいたパッションフルーツとキウイでジャムを作り、ヨーグルトと合わせてシフォンケーキを作りました。

しっとり軽い生地に爽やかな酸味がたまりません。
飲み物なくてもパクパク食べれる、夏にぴったりのシフォンケーキです。

 

 

Dsc_1504

夏場は卵の水分が多いせいで、分離しやすい。
ー これ、わかってたんだけど、攪拌の引き際がわからずついつい長めにやってしまい、キメの粗いメレンゲができてしまいました。
乾燥卵白入れて濃度を濃くすればよかった。

それでも底上げもしなかったし、パッションフルーツの種も沈まなかったのでよしとします。

んで、そのパッションフルーツの種ですが、キウイとか苺の種とはちょっと食感が違うんですよね。
粒が大きいし、噛むと酸味や苦味がちょっと出るので好みが分かれるところ。

私は好きなんだけど、人にあげるにはちょっと躊躇してしまう存在感です。

 

 

以下、お弁当画像。

 

 

 

Photo_2

・鮭の塩焼き
・いんげんの胡麻和え
・玉子焼き
・ヤングコーンのバター焼き
・ケチャップソーセージ
・とうもろこし

 

Dsc_1477_3

・花ソーセージ
・キャベツの即席漬け
・シシトウの焼きびたし
・塩卵
・たらこと水菜とトマトの冷製パスタ

 

Dsc_1476

・鮭としその混ぜご飯
・ナス南蛮
・玉子焼き
・にんじんたらこ
・アンチョビとポテのグラタン
・そらまめのしおゆで

 

今朝の広島は珍しく涼しいです。え?何故?

そっか。今日から残暑だから?

異常現象!記録的猛暑!記録的豪雨!
というわりにはけっこう律儀な地球。

でも日中は相変わらず高温ですね。
今日も油断せずいきましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

ラミー風?シフォン

Photo

ラムレーズン&チョコチップ入りチョコシフォンケーキです。

年がら年中レーズン狂の私としては

E7d706c2aa74240c9cc8413c25117dfd1

コレ↑をイメージして作ったつもりだったんだけど、

まあ、具 が見事に沈んじゃったよねー。

 

しかも風邪ひいていたので、味覚が死んでて味がよくわからず。。。

もっとねっとりした食感のランゴオショコラとかガトーショコラのほうが近い味になるかも。

 

リベンジはしないと思います。

 

早く風邪を治して本家ラミー&コーヒーでくつろぎたい。。。(あれ、ラミーって期間限定だったっけ)

 

 

                          ※

お弁当画像たまってます。

Photo_2

・筍ご飯
・いわしの梅しそロール
・ピーマンと塩っぺの和物
・ネギ入り卵焼き
・人参のコンソメ煮

 

Photo_3

・つくしの佃煮
・ナスの甘辛煮
・とりつくね(冷食)
・レンコンの甘酢
・くるみピーマン
・人参のコンソメ煮
・ネギ入り卵焼き

 

Photo_4

・ビピンパ弁当

(人参、ブロッコリー、ワラビのナムル  味玉子  レンコン甘酢 ひき肉)

 

タラの芽、ふきのとう、筍、ワラビ、つくし。

今年も沢山いただきました。
採ってくださった方と自然の恵みに感謝。

 

あと一息で週末ですね。

皆様、良いGWを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

かぼちゃ&キャラメルのシフォンケーキ

Dsc_3288

いただいたかぼちゃでシフォンケーキを作りました。

Dsc_3270

かぼちゃをたっぷり入れるレシピ(シフォンケーキ21のバリエーションby下井佳子さん)なので、ふんわりというよりもっちりな食感です。

Dsc_3279_2

パンプキンプリンのような風味にしたかったので、
生クリームにキャラメルをペタペタのせてデコレーションしました。

Dsc_3291

カット。

 

 

↓これは失敗

 

続きを読む "かぼちゃ&キャラメルのシフォンケーキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

大人味の濃厚チョコシフォン

Photo_5

前回のバナナチョコチップシフォンに続き、長女から奪った板チョコでチョコシフォンを作りました。

なかなかチョコの量が減らないので今回は一気に110グラム投入するレシピを使用。
ココアもラム酒も入れました。

レシピには、17センチ型でL卵5個と書かれてて、「ん?多くないか?」と思いながら生地を作ったけど、やっぱあきらかに型から溢れ出そうな量だったので急遽20センチ型を引っ張り出して焼きました。

Photo_4

問題なし。

高さもしっかり。

綺麗に焼けました(・∀・)

もっとメレンゲを消してねっとり感を出した方が良かったのかしら。
そういうシフォンだったのかも??

Photo_3

20センチ型を出したのは実に20年ぶり。

独身の時はこの型でまともなシフォンケーキを焼いたことがなかったんですよね。

失敗してもそれなりに美味しいので陥没シフォンや穴あきシフォンをよく作ってました。(*´∀`*)

| | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

チョコチップバナナシフォン

Banana

バナナチョコチップのシフォンケーキです。

チョコチップが沈むことを警戒しすぎて上の方に散らしたら
見事に沈まず、上方にたまってました。(ノ∀`)・゚・。

このシフォンケーキ、実はぜーんぶ歯列矯正中の長女のおやつなのです。
カットして凍らせて保存中。
矯正器具の為に固いものが食べにくいから、柔らかいシフォンを食べさせる?
いやいや、ちがうんです。

 

続きを読む "チョコチップバナナシフォン"

| | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

チョコチップ入りココアシフォン

Ue

また翌日に焼きました。シフォン熱再燃。

我ながらしつこい性格だと自覚しております。

ですからね、前回みたいにシフォンがーシフォンがー(TT)としつこく失敗記事を連投しないよう、又家族に「またシフォン?朝ごはんもシフォン?」とうんざりされないように、一回で成功するように丁寧に作ってみました。

チョコチップが沈まないように前回よりも気をつけたところは

①チョコチップに粉をまぶす

②チョコ卵黄生地はメレンゲに合わせる時まで低温の湯煎にかけてゆるくしておく

③チョコチップをシフォン生地に一度に入れない

④気泡を消すためにトントン底を打ち付けない

⑤やっぱシフォンのキモはメレンゲ

デス。

 

チョコチップは沈むもの考え「私のメレンゲが下手くそだからだわ!」とあまり自分を責めないで今回は強力粉のちからを借りてチョコチップにまぶしました。
まぶさなくても綺麗に作る方は沢山いらっしゃるみたいですけど保険として。

②ココアが入った卵黄生地は硬くしまってメレンゲとあわせにくくなるので(冬は特に)フライパンにぬるま湯をはって置いておきました。 
小嶋ルミさんのガトーショコラの作り方を参考にしました。

このやり方がシフォン作りにあってるかどうかはわかりません。

 

③④のやり方はテッパン?が、気泡を抜く時ついいつもの癖で「底トン」をしてしまいました。(゚д゚lll)ぎゃー しずむー 

 

⑤ココアはメレンゲの天敵ですから。やっぱメレンゲに精一杯がんばってもらわないと。
氷水の上でキメ細かくねっとりと、先が軽くお辞儀するまで混ぜました。

 

 

んで、

 

Photo_2

できた。やったー。

 

良かった。シフォン地獄回避できました。

家族が一番ほっとしていることと思います。

あ、そうそう。娘の作ったコップシフォンはチョコチップが沈まなかったと前回書きましたが、なぜかはわかりません。
彼女一人で作ったので生地はゆるゆるだったと思います。
コップシフォンのほうが熱伝導がよくてチョコチップが沈む前に生地が膨らんだってこと?高さはなかったけど底上げもしてなくてしっとりして美味しかったです。

今回膨らまなかったシフォンの原因を知りたくて作ったつもりが着地点が変わってしまいました。
でもチョコチップ入りシフォンは前から鬼門だったのでかなりすっきりしました。

オーブンももう少しもちそうです。        ち。

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

チョコナッツシフォン

Chokonut2

長女が追加で作ったコップチョコシフォンの膨らみがあまりにも良くなかったのが気になって今回は私がホールで焼いてみました。

中にはチョコチップをちらし、上には余ってたナッツを散らしてます。

最近オーブンの調子が悪いんですよね。

本当は紙コップで比較したかったけどコップがもうなかった(^_^;)。

Photo

んで、生地は膨らんだけど

 

 

チョコチップはほぼ沈みました。_| ̄|○

 

 

 

なんでぇー????

 

 

ナッツは浮いているけどチョコチップは沈む。これはなんとなくわかる。比重の問題?
以前砕いた板チョコで作った場合は沈まなかったし。

でも娘の作ったコップシフォンは高さはなかったけどチョコチップは沈んでなかった。

よしゃ明日また焼こ。   ← シフォン熱再発の予感

 

 

 

弁当画像がたまってます。

Photo_2

・菜っ葉&ゆかりごはん
・えび酒蒸し
・ひじきいり卵焼き
・なすのてんぷら
・チキントマト煮
・大学芋(冷食)
・プチトマト レタス

 

Photo_3

・とんかつ
・いんげんのガーリックソテー
・酢レンコン
・味玉
・じゃがいもお焼
・スィートパンプキン
・プチトマト レタス

Photo_7

・お好み焼き(ジャー)
・かみなりこんにゃく
・さつまいものオレンジ煮
・ブロッコリー プチトマト
・ポテサラ

 

| | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

かぼちゃのキャラメルマーブルシフォン

 

Photo1

またマーブルシフォンです。

 

くるくる~っとナッペしたくなる衝動をぐっと抑えてラフに塗ってみました。
へらの先にちょこっとキャラメルクリームをのせてマーブルにしてます。

「ラフ」とか「カジュアル」とか「アシンメトリー」とかアバンギャルドなテクニックが苦手です。

Photo_2

実は中身もマーブルってます。

かぼちゃ生地とキャラメル生地を交互に入れてざっくりと混ぜて黄色と茶色の牛模様にしました。

最初プリンのカラメルソースを作ったんだけど、あれよあれよという間に固くなってしまって生地になじまなさそうだったのでボツに。
水を多めにすればゆるくなるけど色がぼけるのでカラメルソース自体断念。
次に色がくっきり出るように黒糖で作ってみたけどなにせ最初から黒いからキャラメルになる瞬間がわからず、熱し続けて結晶化されてしまったのでアウト。
最後にキャラメルクリームにしたらかちかちにならないのでは、と 生クリームを入れてシフォン生地に混ぜてなんとかOK。

に見えたんですがじつは重さに負けてどーんと陥没したところがありました。
かぼちゃもキャラメルもシフォンにするとハードルがあがっちゃうんですね。(←だからシフォンを甘くみてはいけないと何度言えば)

| | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

コーヒーマーブルシフォン

Photo

某所の美味しそうなコーヒーシフォンに誘発されて作りました。

その昔飽きるほど作っていたシフォンですが、当時はコーヒー液をダイレクトに生地に流しいれたため、コーヒー液が滞った部分は比重が大きくて穴が開いてました。

今回は少量のベーシック生地に、濃いコーヒー液を混ぜてコーヒー生地を作ってます。

以下覚書。

(17センチ型使用)

A:コーヒー液    インスタントコーヒー大匙2+カルーアミルク大匙1

B:コーヒー生地  プレーン生地お玉2杯分+A液

ベーシック生地の上にB生地をたら~と流した後はへらを2~3回垂直にボール底までつきさし、箸でぐるーっと1周。
高いところから型に流して電気オーブンで200度27分焼成。

 

 

Photo_2

もう一個。下井佳子先生のレシピで作った「コーヒーストライプのシフォンケーキ」です。

こちらは「ベーシック卵黄生地」と「コーヒー卵黄生地」をそれぞれ作っておいてからメレンゲを半分ずつ混ぜるやり方です。
手間ですが、比重がほぼ同じため、模様がくっきり出ます。コーヒー液はちょっと薄めです。
どちらかというと牛柄系かな。

マイルドで美味しかったけど久しぶりに底上げしました。
原因は卵白かなと。
割った時、水っぽくってシャバーっとしていたせいか、すいつくようなメレンゲができませんでした。
もう焼く前から嫌な予感していたんですよねえ。
撹拌時、メレンゲがなかなか安定せず、分離寸前の「お前はもう死んでいる」状態でした。

最近自販機で買った地卵なんですけど、古かったのかなあ。
いつもは卵黄も卵白もこんもりしていて、美味しい卵がけごはんが食べれると評判の卵だったのでなんだかショックです。

| | トラックバック (0)

2013年7月31日 (水)

キッシュロレーヌ&抹茶チョコシフォン

「半沢直樹」のおなじみのセリフを名前とごっちゃにして
「やられたらやりかえすのひとだれだっけ? 半返しだ!っていうひと」と聞いてきた旦那

これが友人が言ったことだったら
「半返しかよw」 「内祝いかよw」 「むしろ礼儀正しいじゃねーかw」
としつこくつっこみますが、夫婦間では失笑して終わりです
冷めてるとか、笑いの沸点が高いとか、そういうんじゃないんですけど(お互い笑ったら負けだと思っている)

 
というわけで間違いなくこの手の話題は翌日井戸端会議でのネタになります ヒヒ

Kisshu

キッシュロレーヌです

記事が前後しますが、
夏休みに入る前に友人と二人で家ランチしたときの画像を

市販のパイシートに生クリーム、卵、粉チーズ、ソテーした玉ねぎとベーコンのフィリングを流し込んで焼きました
ナツメグをたくさん入れてます

Photo

友人がビール酵母のフランスパンを焼いてきてくれたので
偶然作っていたオニオンスープを急きょオニオングラタンスープにランクアップさせました

はっきり言ってキッシュよりオニグラスープのほうが美味しかった^^

 

Maccha

イオンブランドの板チョコをくだいて抹茶生地に混ぜて作ったシフォンをデザートに

 

 

はー 楽しかった。。。
夏休み前の貴重なランチタイムでした

続きを読む "キッシュロレーヌ&抹茶チョコシフォン"

| | トラックバック (0)