ロールケーキ

2017年8月19日 (土)

だれないヨーグルトクリーム

 

Photo_2

再び桃ロールです。

 

次女が「美味しいけどあのふきみたいなものいらん。」

 

と言うのでふきに格下げされたルバーブのコンポートは抜きました。

 

 

 

 

美味しいのに( ✧Д✧) カッ!!

 

Photo_3

夏場は生クリームやメレンゲを使ったお菓子は避けたいけど、実際食べたくなるのはこういうお菓子なんですよね。

なのでクリームに水切りヨーグルトとゼラチン入れてだれないように工夫しました。

 

良かったらレシピどうぞ。

 

 

 

 

んで、ちょっと実験。

 

2

桃のコンポートが足りなくなったので半分は桃缶と赤ワイン使って作ってみました。

桃缶だけでも美味しいけどコンポートにするとちょっと甘味がまろやかになって大人っぽい味になります。

煮崩れないし簡単~

サングリア風? シロップも美味しいのでワインゼリーにしようかな。

 

Photo_5

あらまぶどう色だ。

そりゃそうだぶどう酒で煮てるし。

ピンクを狙ったけど 仕方ないね。

ロゼにして漬ける時間を短くするとピンクっぽくなるのかな。

 

Photo_6

半分はお盆に実家に持って行って皆で美味しくいただきました。

もう半分はメバルをたくさん釣ってきてくれた友人に。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

白桃&ルバーブのスフレヨーグルトロール

Photo

いただいた白桃をなかなか消費出来ずにいたので、傷む前にコンポートにしてロールケーキを作りました。

白桃は皮ごと白ワインで煮ているのでほんのりピンク色です。

 

Photo_2

ついでにルバーブのコンポートも入れちゃうもんね。

 

ルバーブと桃のジャムが商品にあるくらいだから相性のいい組み合わせとみた。

 

Photo_22

ルバーブは今年も長野県の「ルバーブ生産組合」さんから購入させていただきました。 

 

 

 

Photo_3

生クリームに水切りヨーグルトを入れているのでさっぱりしててしかも巻きやすいです。

Photo_5

しっとりジューシー。

 

いいよーこれー。

一体感があっていいよー。

口溶けが良くて飲み物いらない感じ。

 

Photo_4

 

やー、美味しかった^^

久々のヒット作です。

 

 

 

 

 

 

※忘れないうちにクリームの覚書を。

【ヨーグルトクリーム】

生クリーム 1箱
ヨーグルト 220g(水切り前)
砂糖 大さじ3

粉ゼラチン 3g
水 大さじ2

そのうちレシピもアップしようかなあ^^

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

チョコ生クリーム失敗

Photo

アメリカンチェリーのコンポートとチョコクリームをココアシフォン生地で巻いたロールケーキです。

久しぶりに作った鬼門のチョコクリーム。
見事に分離しました。 (´;ω;`)

うーえー

分離して油っこくなったチョコクリーム久しぶり(´;ω;`)

もったいないので温めて乳化させた後、アイスクリームにして家族に食べてもらいました。

 

室温が高いからなかなか固くならなくて、氷水にあててしつこく泡立てたのが原因かな。
後、市販のチョコも分離しやすいみたいです。

2回目(画像)はクーベルチュールチョコを使って、分離寸前まで泡立てて、しばらく冷蔵庫に入れたらロールケーキを巻けるほどの固さになりました。

Photo_2

お世話になっている友人3人にあげたのですが、
そのうちの1人は量が少なかったので、
急遽冷凍しておいた生地でロミアスを焼いて添えました。

 

 

 

 

 

 

                       ※

Photo_3

またもや近所のホームセンターで大量のレンガを買い足したけど、
トランクに1度に載せすぎて途中後輪がパンクするかと思いました。

あれ以上載せてたら前輪が浮いてウィリー走行してたかもな。  ははは(@^▽^@)

 

・・・冗談でも旦那には言えない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

苺大福ロール

Daifuku2_2

先週は長女の誕生日でした。

抹茶と苺好きの長女の為に変わりロールケーキを作りました。

中央から苺→餡→抹茶の求肥→苺とホワイトチョコのムース→抹茶&プレーンのビスキュイとなってます。

巻いた直後はビスキュイがシャルロットケーキのようにぽこぽこして可愛いかったのに、ラップで一晩固定したせいで凸部分が全部はがれてただのストライプになってしまいました。(泣)

Ue

 

渦巻きに巻かず、ムースを塗ったビスキュイシートの中央に細巻き状の苺大福を置いて、太巻きの要領で巻きました。

私にしてはラブリー路線ねらったんだけどなんなんだろう、この昭和感。

 

 

 

 

目玉おやじっぽいから?(´∀`)σ

 

Zentai

 

右上のロールケーキの方がムース率が高くて美味しいです。

苺の酸味ともちっとした求肥の食感をアクセントに。

苺ムースはホワチョコ抜きの方が良かったかな。


私にはちょっと甘いけど家族には好評でした。

 

 

| | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

抹茶のババロアロール2

Photo

父の喜寿祝いのロールケーキと一緒です。
こちらは側面に抹茶でステンシルしました。

アイデア元はル・シュクルさんの抹茶と和三盆のロールケーキ」 です。

 

側面と断面がリボンみたいにぐるぐるつながってるように見えるところがツボです。
私のはでんでん太鼓みたい^^ 
やっぱり白いクリーム&粉糖のほうがリボンっぽく見えますね。

Photo

ル・シュクルさんのお菓子アルバム は遊び心いっぱいのかわいいお菓子ばかり。
眼福ですよ~^^

 

| | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

抹茶のババロアロール

Photo_4

父の喜寿のお祝いに抹茶のババロアロールを作りました。

中のドットはこし餡です。

抹茶スフレシートに無糖の生クリを薄く塗って、ババロアとこし餡を交互に絞って巻きました。
津田先生レシピです。

今回はシートを半分に切ってから巻き、半分はデコをして半分は抹茶をふって渡しました。

 

Photo

トップのガラスみたいな飾りは、パラチニットという砂糖を溶かしてガラス状になったアメの上にピスタチオをのせて固めたものです。

もうちょっと薄く繊細な飾りにしたいけどオーブンが水平じゃないせいか途中スプーンでアメを伸ばしてもころころ~っと集まって固まっちゃう。

Photo_3

もうちょっと華やかにしたかったのでチョコの飾りをのせました。

 

 

                           ※

実家には年に2、3回程度しか帰りませんが、帰るたびに父がなにか買い足してます。

主に電子もの系ですが、お正月にはスマホ(4台目)とiPadを買ってました。元々デスクトップも2台あります。

今回はSurface Pro 3(タブレット)とスマホ自撮り棒でした。

嬉しそうに自分と孫を撮りまくってましたよ。
.。oO(でも全員で撮らないんなら私が撮ればいいのでは。父ちゃんよ。)

そしてふと床の間を見てみると3dプリンターで作った父のミニフィギュア像と頭部(怖いよー)の置物と目があいました。 な、なんのために。。。

けっこうぎょっとしますよ。無駄にクオリティー高いんです。

よく見ると隣にはクリスタル製ミニフィギュアもありました。ライトアップもできるらしい。

わざわざ大阪にまで行って作ってもらったとか。

 

ここでできます。 ⇒ロイスエンタテイメント

って需要ないかもしれませんけど一応。

 

新しいもの大好き、自分大好きな父77歳、めでたく喜寿を迎えました。

超マイペースでいつもはらはらさせられ、何度も入院して落ち込んだりもしたけどとりあえず父は元気です。(ジブリ風)

 

| | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

チョコレートシフォンロール

夏に作ったロールケーキの記事です。
アップしそびれてました。

5

作り置きのアメリカンチェリーのコンポートを入れたチョコロールです。
フォレノワール風ですね。

手作りグリヨットは自分好みに味を調整しているせいか、ほんと美味しい。
レモン汁とキルシュ酒多めでそのままでもぱくぱくいけますが、チョコとの相性は格別でした。
食感も味もしっかり主張してます。

A

今回のスポンジはシフォン生地です。

夏場の卵白は冬場ほどしっかり泡立たず水分多めで分離しやすいから深追い禁止。
ある程度「もうすぐ限界がくる」と思ったらハンドミキサーを止めてます。

(※ この記事は8月に書いたものです。)

Photo_5

こっちは生クリームとルバーブのコンポート入り。

グリヨットのロールケーキに比べると酸味が強くさっぱりしてて私は大好きなんだけど家族や友人の反応はいまひとつ。
検索してもこういうケーキは見たことないし、ましてやレシピなんてどこにもないし、ただの自己満足っぽいケーキかもしれないけど来年もこれを作るためにルバーブを取り寄せると思います。

| | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

ラムレーズンのスフレチーズロール

Photo

友人のリクエストのラムチーズロールケーキです。

火で卵黄生地を練った後、メレンゲとあわせて作るこのスフレロールは、
もちっとして弾力がありながら、すっとクリームと溶けていく不思議な食感です。

シフォン生地とも共立て生地とも違うんですよね。
しっとりしているのでひび割れなく巻けます。

Photo_5

中のフィリングはラムレーズンを散らしたチーズクリームです。

ラムレーズン入りスフレチーズケーキをイメージして作りましたが、
もっと軽く、食べやすいロールケーキになっていると思います。

Rolltutu

形を丸く保つ為にいつも筒の厚紙につっこんで冷蔵しています。^^

Photo_6

クリームチーズが入っていてだれにくいせいもありますが、へたれてないでしょう?

私はいつも30㎝の天板で作るんですが、長すぎるので
縦半分に予め生地を切ってから各々具をのせて巻きます。

Photo_8

カットする時は温めたナイフですぱっと一気にひき切り。
一気に切れない時は切り口をぱかっと開いて、
もう一度ナイフを入れなおして同じ方向にひいて切ります。

Photo_2

自分用の覚書でもあるので工程写真はありませんが、もしよろしかったらどうぞ。

 

cotta recipe circle ラムレーズンのスフレチーズロール by 菜さくら

 

大人味で美味しいですよ。

 

続きを読む "ラムレーズンのスフレチーズロール"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

W栗のロールケーキ

Maccharoll

飲み会の時、運転手に徹して飲酒できなかった友人へお礼のロールケーキを作りました。
渋皮煮と甘露煮の入った抹茶スフレロールです。

レジで支払いの時もめたので(おばちゃんによくあるおごりあい)
「じゃ、菜さくらさんが私にロールケーキを作る、ということでみんなわりかんにしよう」
という本人の一言で、場が治まりました。

 

あーれー????(;・∀・)

Maccha2

今年はいろんな人から栗をいただいたので、初めて甘露煮も作ってみました。

焼きみょうばんでアクを取り、クチナシの実で色をつけるわけですが、
クチナシの味って、どことなくターメリックに似ている、と思うのは私だけでしょうか? 
ってことはターメリックで甘露煮が作れちゃう?
ってことはくちなしでもターメリックライスが作れちゃう?
うちの家人に「サフランライス」と言って出してもきっと気づかれないだろうな。

 

 

 

 

 

続きを読む "W栗のロールケーキ"

| | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

Wチョコロール

Rollcake_2

ルバーブのコンポートが入ったWチョコロールです

Ll

久々のメレンゲ作業

なんかおちつく~~
お菓子作りで一番好きな作業かもしれません 

 

カットした時に落ちたルバーブは綺麗にしてから埋め込みましょう('∀`)

いつもはシフォン生地ですが
今回はチョコクリームとなじませたくて
火練りのしっとりスフレ生地にしました 

続きを読む "Wチョコロール"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧