ハンドメイド

2019年1月21日 (月)

生花のアレンジ

20190119_111709_2

友人に誘われ、単発のフラワー教室に行ってまいりました。

生花のアレンジは初めてです。

一度基本を教えてもらいたいと思っていたので結構楽しみにしていました。

 

 

教室に入るとピンクのラナンキュラス、紫のアゲラタム、菜の花、赤紫のスカビオサ、マメ科の何か、ガマズミ、チューリップなど、春の花材が用意されてました。

朝早く先生が市場から仕入れてくださったとのこと。
まあ綺麗、とってもどストライクな色合い~

と喜んでたら

 

「今日は見本を作ってません。みんな同じになっちゃうと面白くないので自由に生けてください」とのこと。

え。。。。じゆう?セルフ?

 

いやいやいや。

いいじゃん、みんなおんなじでみんないい

でいいじゃーん。(;ω;)

私、真似が大好きですから。

自由が苦手ですから。

なんなら先生が作ったのを買っても、、、。

 

 

 

どこから挿していいかわからなくて、しばらく茎を(萎えるくらい)握り締めてたんだけど、常連さん達が着々と取り掛かってらっしゃっているのを見てあわてて生けました。

 

 

Dsc_1123

斜め上からのショット。

 

こうやって写真を撮ってみるとどこがバランス悪いかわかります。

一番大きいスカビオサが埋もれてます。とほほ。

 

そして迷いながら何回もぶすぶすやり直すもんだからオアシスがボロボロ。 

耐震疑惑な土台のせいで浮き気味なお花もでてきて。

 

これじゃ傷みも早いかなあ。
水やりをマメにしなくては。

 

 

さささっと生ける生徒さんほど上手だったように思います。

 

私は案の定ビリで、先生も「あわてないで大丈夫ですからね~」と言いながらもお掃除を始めておられました。

 

 

 

いつかちゃんと習ってみたいな。

以下、先週のお弁当画像です。

 

 

 

Photo_2

・チキンチーズピカタ
・のりたまご焼き
・ブロッコリーのしおゆで
・コールスロー
・じゃがいもの胡麻和え(おでんの残り)

 

Omusupa

・オムスパ
・ししとうのグリル
・レンコンのきんぴら
・カニカマとキャベツのマリネ
・プチトマト

 

Photo_3

・鮭の塩焼き
・ほうれん草とソーセージのソテー
・にんじんのマリネ
・かぼちゃの煮物
・だし巻き卵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日 (金)

コンパクトケースのリメイク

Photo_5

・さばの塩焼き
・ほうれん草の胡麻和え
・ナスの甘辛煮
・塩卵
・かぼちゃの煮物

Photo_6

・キジ焼き
・ブロッコリーの梅和え
・塩卵
・にんじんとレーズンのマリネ
・かぼちゃの煮物

Photo_7

・つくねの磯辺焼き
・にんじんとこんにゃくのタラコ和え
・柿なます
・かぼちゃの煮物
・玉子焼き
・レタス プチトマト

 

お姑さんはしょっちゅう物を落とすので、コンパクトケースのファンデーションなんて月に2回は粉々になります。
かき集めて圧縮して再活用する方法があるけど、すぐ捨ててしまわれるんですよね。(;ω;)

 

そこでコンパクト型ケースに内蔵されたリキッドタイプのファンデーションを買ってきました。
要は、粉状でなければ落しても大丈夫なのです。

Ihttps253a252f252fs_eximg_jp252fexp
https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Leafhide_beauty_062d0b488b74fa0f0a8c8219a5787da7/

これ1つで美容液、化粧下地、ファンデーション、日焼け止め、フェイスパウダーの5役を果たす優れものです。

お手軽だし、ファンデーションが無駄にならないし、手がちょっと不自由なお姑さんにぴったりだ!

我ながらいい考えだと思ったんですけど

 

 

 

 

1週間後には

 

「壊れた。ファンデーションが買ってきて。」と電話ありました_| ̄|○

 

 

や、平気さ。これぐらい。想定内。

 

壊れたというより、使い方がわかんなくなったんじゃないかと思って確認したらやっぱりそうでした。

 

フタを開けて、中のボタンをプッシュしなければファンデは出ない、ということを説明して、マジックで印をつけるんですけど、今ひとつ納得してないご様子。

高齢者の長年の習慣を変えるよりもなるべく本人の希望に沿ったものを用意したほうがいいと思い、こんなものを作ってみました。

 

まず、既存のコンパクトケースを用意して

1547692759024

 

Photo_2

壁をリメイク用する時に使う木目調のクッションシートと、タイルシールを100均で買ってきました。

 

1547692795679

クッションシートにはシールがついているので、コンパクトケースに合わせてカットして貼り付けます。

厚み5mm。 要はスマホケースみたいなものを作りたかったのです。

これだけでも落下した時のショックを吸収してくれるかなと思ったのですが、
さらにこれに

 

Dsc_1097

キラキラ好きの姑さんがどストライクなカラーのタイルシートを貼って強度を増します。

ビニール製でぷっくりしたシールなのでクッション性もあるのです。

 

 

ただ、サイドが貼れてない部分もあるのでこれではまだ不十分なんですよね。
耐震に使うジェルシートで補強するかなー。

後、ケースを開けた面を下にして落とすとやっぱり粉々になるかも?

まだまだ改良の余地はあるけど、ま、少しでも割れる回数が減れば、、、。

 

 

落とすな、というのは無理ですしね。

 

 

 

嫁、負けない!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

またまた花結びのかごバッグ

Photo

冬休みの間、通勤用のかごバッグを作りました。

クラフトテープ ライトチョコ ⇒ 
布        マリメッコ(プケッティ) ⇒

取っ手は革です。
カシメはフェイクで貼り付けてるだけです。ははは。
かごに厚みがありすぎるから打てるわけないもんね。

かごにはちゃんと革用の糸で縫い付けてるから丈夫です。

チャリのかごに入り、なおかつ職場のロッカーの棚に置けるようにサイズを調整して作ったつもりなんだけど、、、。

 

いい加減編み慣れたせいか目がタイトになってサイズが小さくなってしまいました。

 

Photo_2

洗い替え用の内布はマリメッコのグリーングリーン ⇒ 

067924181a

この柄に一目惚れして買ったけど

Dsc_1118

作ってみたら
牛みたいな柄になった。 

 

残念。

まいっか。仕事用だからこれくらい地味な方がいいかも。 

 

 

Photo_3

ファーは、、、、いらないか。

 

 

今回はニスを塗っていません。
どれくらいもつか実験中です。

 

Photo_4

こっちのかご(ニスあり)の内布も新しくしてみました。

Photo_5

ピエニシールトラプータルハ ⇒

やー、あがる。大好きな柄です。

 

 

 

 

 

編んでる間は余計なこと考えなくていいし、おやつ食べ過ぎないし、いいストレス発散になります。

 

以下、お弁当画像です

 

 

 

                         ※

 

Photo_7

・水菜のぶた照り巻き
・玉子焼き
・小松菜のガーリックおひたし
・かぼちゃの煮物

 

Photo_8

・鮭の塩焼き
・にんじんたらこ
・サラスパ
・ノリ入り玉子焼き
・柿なます
・プチトマト

 

Photo_10

・鳥のキジ焼き
・塩卵
・たらこのにんじんバター
・雷こんにゃく
・かぼちゃのカレー焼き

 

寒くなってきました。
皆さま、どうぞインフルエンザにはお気をつけて。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日 (木)

花結びのかごバッグ

Photo

パールグレーのクラフトテープで作った花結び編みのかごバッグです。

日頃お世話になっている友人へのお礼に作ったものですが、バッグの色や内布は彼女に選んでもらいました。

黒いリボンと先についているパールも彼女のアイデアです。
ガーリーですね。^^

 

Photo_2

内布はリバティのスモールスザンナで、家にあったもの。

ちょっと冬には涼しすぎるカラーですが、

 

Photo_3

ファーなんてつけるとと冬仕様になるかな?
私のファーのマフラーを巻いてみました。

ミニバッグのチャームは取り外し可能です。

 

Photo_4

洗い替え用にマリメッコの内布も作りました。

これも彼女が選んだ柄ですが、

 

Photo_5

大柄はぺたんこバッグみたいに柄がはっきりみえる形状のほうがより映えますね。

1547091116664

「赤い革の花形ブローチつけたよ♪」とラインが届きました。

シックなコーデが多い方だからバッグがいいアクセントになるといいな。 

 

 

 

                             ※

以下お弁当画像です

 

Photo_2

・オムライス
・レバーのコンフィ
・ブロッコリーしおゆで
・ナスのソテー
・人参とレンコンのきんぴら

 

Photo_3

・のり弁
・さけの塩焼き
・レンコンの酢の物
・かぼちゃの煮付け
・ネギ入り玉子焼き
・小松菜のおひたし

 

Photo_6

・からあげ
・ノリチーズ
・かぼちゃのカレーソテー
・プチトマト
・ししとうのグリル
・卵焼き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月25日 (火)

クリスマス刺繍

Dsc_1174

DMCのクリスマスツリーのクロスステッチです。

色違いでもう一つ刺してたけど、間に合わず。

来年お披露目かな。

確かこの刺繍も去年仕上げれず、今年に持ち越したのでした。

Dsc_1103

スケート靴やオーナメントの一部に銀糸を刺しました。

わかりにくいかな?

Dsc_1094

Dsc_1090_3

みなさまどうぞよいクリスマスを♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

花結びのかごバッグとミニかごバッグ

Photo

夏に中断していたかご作りを再開してニスで仕上げ、
余ったクラフトテープでミニバッグを作りました。

ネットで素敵なミニバッグのバッグチャームを作っておられる方がいらっしゃって、
舐めるように画像を見て真似させていただきました。 

 

 

 

使用したテープ ☛エムズファクトリーのプルシャンブルー

ニス ☛和信ペイント 水溶性つや出しニス 艶出しニス 110ml

 

 

 

Photo_2

中の巾着はマリメッコのピックルース という生地で作りました。
マリメッコにしては珍しく小柄です。

前回 と同様、取り外し可能の、超アナログスナップ式にしました。

Photo_4

こちらは洗い替え用です。
プータルフリンパルハート

ザ✩マリメッコって感じですね。

0500puut_n_11

野菜柄らしいですよ。

バッグにはやっぱこれくらい主張する柄がいいなあ。

通販のカットクロスだからどこの部分が切り取られるかわからなかったんだけど、
ちょうどブルーの部分がやってきて思わずにんまり。

Photo_5

後ろ柄も萌え。

 

 

 

仕事に持っていくトートバッグが傷んできたので、ちょうどロッカーの下段に収まるように計って作ったんだけど、どうかなー。

お出かけ感強いかな。

普段遣いにはもったいないかー。

 

 

Photo_3

一見夏っぽい色合わせだけど

深みのあるブルーなので、意外と秋、冬のコーデともあうと思う。

 

お気に入りの色です。

続きを読む "花結びのかごバッグとミニかごバッグ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

花結び編みのかごバッグ

Photo

クラフトテープで作った初かごバッグです。

娘の浴衣に合うかごでも編もうかとネットで探していたところ、花結び編みのバッグに一目惚れ。

 

「和」でも「洋」でも合いそうなので早速図書館で本を借りて作ってみることにしました。

Photo_2

一つ一つがコロンとした花弁になってて可愛い。

 

編むのは楽しいけど、ぶっ通しで編むと翌朝指先が腫れて痛いので、指サックをつけて編みました。

途中指がふやけて感覚がなくなってきたけど、これを乗り越えて指の皮が厚くなった頃に、職人さんに一歩近づくことができるのか、などと思いつつ(やめとけ)夢中で仕上げました。

 

 

けっこう気に入ったのでこれは自分用にして

Photo_3

娘には白色で作り、防水も兼ねて水溶性アクリルニスで仕上げました。
夏って感じですね。

 

このままでもかわいいけど、

 

Photo_4

巾着を作って

 

Dsc_1644_2
こうします!

 

バッグインバッグ。

 

かわいい。

 

 

 

これで中身が見えたり出たりしません。

 

 

 

 

一方、私のかごバッグには、

 

Photo_6

奇っ怪な底なし巾着を作り、

 

Photo_7

 

こうして絞って

 

 

Photo_8

こう!!!

 

 

 

 

 

 

 

間違えた。 

 

 

Photo_9

かごの内側にあまったひもでスナップをつけて

 

 

Photo_10

脱着式にしました。 

ダサいけど、これしか思いつかなかった。

Dsc_1685

 

でも巾着袋よりも量がたくさん入るし、生地の節約にもなります。
ボンドで生地をはりつける方法はあったけど、洗いたいからね。
洗い替え用に別生地で作っても楽しいかもー

 

ちなみに私のはマリメッコのプケッティ、娘のはリバティのシーチング素材を使用しました。 

 

手はふやけるけどクラフトかご作りめっちゃ楽しい。
老後の楽しみがひとつ増えたなー。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

既製品のスマホケースに小細工

Photo

友人に頼まれて、既製品のスマホケースに生地を貼ってデコパージュしました。

 

Fl_xz1_11_2

元はこれ 。 ターコイズと白のバイカラーです。

値段も安くはないですし、生地を貼るのがもったいないほど綺麗なケースですが、
以前、自分用にリメイクしたスマホケースを友人が見て同じのが欲しいとのこと。

今彼女が持っているお財布とも色が偶然一緒で、しかも、生地は以前私がプレゼントした扇子と同じ柄だったのです。

Sensu

そういえば同じ柄だった

Photo_2

この、リバティのちょい見せ感がいいんですよね。

付属のストラップの裏にも貼ってます。

実際のところ、よく折り曲げする背表紙部分には生地を貼らないほうがいいみたいです。
デコパージュはボンドで作った被膜のようなものなので、伸縮を繰り返すとそこから傷んで剥がれていくので長持ちしないんです。

Photo_3

そのぶん、裏には多めに生地を貼ってます。

これ、リバティのシックスティーという柄で、もう廃盤になってますが、通常柄の60パーセント縮小された柄なので、小物作りにはとてもいいです。

ブログではリバティに傾倒していますが、マリメッコやカウニステなどの北欧柄も大好き。
でも柄が大きくてさ、、、。

マリメッコさんも縮小柄作ってくんないかしら。

以下、お弁当画像です。

 

Dsc_1380

・豚肉の佃煮
・ナス南蛮
・シシトウのグリル
・かぼちゃの煮物
・玉子焼き
・しそ しゃけ

Photo_5

・鳥南蛮
・玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・青梗菜のおひたし
・酢れんこん

 

Dsc_1479

・キャベツ肉巻き
・にんじんのコンソメ煮
・塩卵
・アスパラ プチトマト
・チーズ海苔巻き

 

                         ※

引き続き震度7の大災害。言葉を失ってしまいます。
あきさんのところは大丈夫かな?
北海道にお住まいになるviuさんとこはようやく昨晩電気が来たのだとか。
まだ余震が続いているみたいですが、早く全道復旧して物流が復旧しますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

浴衣用髪飾り

Dsc_1435

浴衣用の髪飾りです。

大阪にいる次女に、花火大会に行くから浴衣と帯を送ってと言われたので、ついでに髪飾りも作って送りました。

Dsc_1441

ちょっとボケてますが、4連の小花クリップです。
左端はアートフラワー、右3つはつまみ細工で、リバティ生地を混ぜて作りました。

上の沢山花弁があるのが剣つまみ、右下二つは丸つまみです。
中央の上下二つの花芯にはパールをつけました。

 

Dsc_1443

紫の大花はアートフラワーですが、同柄のリバティを部分的に貼りました。

Photo

ダイソーの髪飾りの台座を花からむしり取って紫花につけてます。
ついでにピンクの花のヘップ(花芯)もむしり取って中央に装着しました。

 

 

Dsc_1444

紫の大花は、花の付け根とクリップの間が浮くので、そこを隠すためのリボンのかんざしも作りました。

 

Iimg600x6411529592868fwgaes22489_2

元のアートフラワーです。

オークションで安値で落札しました。

Dsc_1454_2

下に敷いてあるのが、白地に淡いピンクの浴衣と、紫の帯です。

次女は小柄なんですが、丈が恐ろしく長かったので、一人で切れるように裾とおはしょり部分を縫いました。

 

おはしょりの処理、、、私もよくわかってません。
一人で着物を着れるようになったら素敵なんだろうな、、、。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

刺繍&リバティのバッグ

Dsc_1335

ホビーラホビーレで買った、バッグのキットです。

柔らかなハーブのお花の刺繍に、リバティの「スリーピングローズ」という柄を合わせてます。
メインの花はラベンダーなんですけどね。
そんなの気にならないくらい、布合わせが素敵だったので迷わず購入しました。
この図案で他の小物も作れそうですしね。

 

裏地には綺麗な紫の生地を貼ってます。

 

Dsc_1343

青木和子さんのタッチに似てますが、違う刺繍作家さんです。

お花の説明はなかったけど、セージやラベンダー系の花がメインっぽいです。

 

 

Dsc_1338_2

蜂も飛んでますよー。

 

普段いつもトートバッグで出勤しているのですが、
プリント類を入れるぺたんこバッグをずっと探してて、
どうせなら手作りしてテンションあげようと思い、一昨年くらいにキットを購入してました。

 

持ち手がちょっと左よりなのはご愛嬌。

中にいれたプリントがちょっとはみ出ちゃうのもご愛嬌。

 

 

 

 

 

                        ※

高橋大輔さんの復帰のニュースを娘からのLINEで知り、度肝を抜かれました。

いやーこわいこわいこわい。なんという茨の道を選んだのだ。

何も手がつかなくなるから、記者会見もテレビやネットのニュースも見てません。

ニュースが出る度にチャンネル変えてるのに、何故かマメに録画する旦那このやろー。
完全に面白がってます。

 

 

4年ぶりに現役復帰。しかも1年だけ????
ニュースを追ってないので、何故本人がそういう考えに至ったかよくわからないけど、競技プロが又見れるのはすごく嬉しいのも事実。

 

がんばってね。 

 

そっと陰ながら応援してます。

 

いや、でもえー?ほんとまじでやるのかい? 大ちゃん。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧