ハンドメイド

2017年12月31日 (日)

もうすぐ新年

Tree

DMCのクリスマスツリーのクロスステッチです。

何気にスケート靴があるのがお気に入りなんですが、
秋に取り掛かって4分の1しか出来ませんでした。

 

ゆったりした時間が取れるのはもう少し先。
来年お披露目かな。

 

 

 

 

 

続きを読む "もうすぐ新年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

クリスマスオーナメントのクロスステッチその2 とクリスマススワッグ

Dsc_5233

これも去年の作品です。

ネットで拾った図案でクリスマスオーナメントボールのクロスステッチをしました。

Dsc_5199_2

賞状等を飾る、よくあるタイプの黒い額を白色でスプレーし、乾かないうちに釘でひっかいてビンテージ感を無理やりだしました。 笑

 

Photo_3

これは友人主催のワークショップ で作らせてもらったクリスマススワッグのリースです。

サンゴミズキとブルーアイスの葉を軸にして、ユーカリ、あすなろの葉、かすみ草、わたの実等をスパイラル状に束ねてざっくり仕上げます。

 

仕上げるといっても、友人が飾りをテーピングしてくれてたり、リボンも作ってくれているので、私達生徒はほんと束ねるだけで、上げ膳据え膳のらくちん作業でございました。
ただ、そのスパイラル状に束ねるというのがなかなか素人には難しく、手がつりそうになりました。

ブーケの手法の一つらしく、そうすることでバランスよく仕上がるそうです。

 

Dsc_5265_2

クリスマスを過ぎたら、おまけに用意してくれた水引をひっかけてお正月仕様にします。

 

よく見るとあすなろの葉っぱはうらじろの葉に似ているし、赤いサンゴミズキが「和」っぽくってお正月っぽくもあり、クリスマスっぽくもあり。

友人のアイデアにいつも脱帽です。

 

「あすなろ」の語源は「あすこそなろう」 らしいです。

いい言葉だ。

皆様もいクリスマスを~~

 

 

 

 

続きを読む "クリスマスオーナメントのクロスステッチその2 とクリスマススワッグ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

クリスマスオーナメントのクロスステッチ その1

Dsc_5256

クリスマスオーナメントボールのクロスステッチです。
去年の秋にチクチク刺してたのですが、クリスマスには間に合わなかったので今年お披露目です。

Dsc_5208

スモークピンクの刺繍糸がメインですが、ところどころアクセントとして銀糸でステッチしました。

Dsc_5209

この銀糸というのが曲者で、針の穴に糸を通すだけで糸がばらけてしまって、刺していくうちにもつれてくるんですね。

1本の糸って何本かねじれてまとまっているのですが、それが細かく別れちゃうんです。(わかりにくいですね)

なんとか解決策をネットで調べて、糸の両はしをボンドで固めると刺しやすくなりました。

Photo

刺し終わった作品を飾ろうと額を探したらえげつない金ピカのものしかなかったので、、
思い切って白色にスプレーしました。

 

Photo_2

まだ完全に乾かないうちに数箇所釘でひっかき、乾いた後に淵の部分にヤスリをかけてアンティーク風に仕上げます。

こういう額はなかなか近所には売ってないのですよね。
ネットで注文するとお金かかるし。

 

Photo_3

今年はなかなか時間がとれなかったけど、

映画を観ながらクロスステッチをする時間が一番好きです。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

スマホケースのリメイク

Photo_3

長女が使っていたFLAMINGOのスマホケースにデコパージュしました。

 

Photo_4

https://www.amazon.co.jp/Natural-FLAMINGO-iPhoneSE-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E4%BB%98/dp/B01E3XNT8E

元はコレです。

白い部分が汚れていたのでそこに布を貼りました。

娘が買ってきた時、ターコイズと白のバイカラーと、下部に入った刻印がかわいくて、いーなー、私も買おっかなーとショップを覗いてみたら、お値段が全っ然かわいくなかった。

しばらく諦めてたところ、娘が最近ケースを新調したと聞き、譲ってもらうことにしました。

 

 

 

Dsc_5154_2

ちょっと型崩れしてるけどまだまだ使えます。

お財布みたいですね。

 

 

Photo_5

内布部分も汚れてたのでここにも布を。 

ちょっと実験で端部分は切りっぱなしにして、ほつれ防止にケマージュ液を塗りました。

                         ※

 

 

 

金木犀がどこからともなく香り、ぐっと秋めいてきたけど、目がかゆくて仕方ないのはブタクサのせいかなー。

9月に入って「目がかゆい」というあなた!もしかすると、秋の花粉症かもしれません

 

 

原因はセイタカアワダチソウ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、イラクサ らしい。

うあー 無理。 うちのまわりオールスター勢ぞろいじゃん。

真夏も真冬も花粉シーズンも苦手でここにきて秋の花粉に悩まされるとは。
私の好きなシーズンどこー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

スマホケース

Dsc_5187_2

友人に頼まれていたスマホケースを作りました。

彼女が持参した生地を使ってデコパージュしたのですが、リバティのようなローン生地と比べて伸縮性がなかったのでちょっと扱いにくかったです。

私のやり方はボンドみたいな液を何度も何度も塗り重ねて、仕上げに水ヤスリで艶をだしていく方法なのですが、折り曲げた時にできる背表紙のシワの部分が市販品に比べてちょっと弱いんですよね。
伸縮性がないとコーティング部分が裂けてきちゃう。

 

うーむ、もって1年半ってとこかな、て伝えると

「え?数ヶ月でだめになると思ってたからぜんぜんいいよ。」とのこと。

日頃どんなケースを使ってるんだろうか(*´∀`*)ノ

                       ※

以下、お弁当画像です。

 

Photo_5

・エスニック風からあげ
・卵焼き
・ナスの煮物
・さつまいもの檸檬煮
・人参のサラダ

Photo_6

・照り焼き
・塩卵
・かぼちゃのソテー
・ちしゃ プチトマト ブロッコリー

Photo_7

・鮭とシソの混ぜご飯
・塩卵
・牛しゃぶ
・かぼちゃのサラダ
・ひじきの煮物
・レタス プチトマト

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

100均扇子のリメイクのリメイク

Photo_2

・ハンバーグ
・素焼きかぼちゃ
・素焼きポテト
・ブロッコリー塩ゆで
・塩卵
・ぶどう

Photo_3

・ひじきごはん
・せと貝のトマトソース和え
・卵焼き
・人参のたらこ和え
・はるまき(惣菜)
・ブロッコリー
・かぼちゃの煮付け

 

Photo_5

・白身フライ
・ナスの甘辛煮
・人参のナムル
・ズッキーニのソテー
・卵焼き

                         ※

 

Photo_6

2年前、友人にあげたリバティ扇子の中骨が数本折れていたのでリメイクしました。

息子君の剣道の応援にしょっちゅう使ってくれたらしく、「つい熱が入って振り回してたのよ~」とな。

全国大会に行くようなぼっちゃんなので、試合数も多かったんだろうな。

 

お湯につけて布を剥がし、新しい100均扇子に貼り付けていきます。
布は洗剤で洗ってアイロンかけ済み。

 

Dsc_5067

復活。╰(*´︶`*)╯

 

また全国大会に連れて行ってあげておくれ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

手作りリバティの扇子

2_2

 

ひさしぶりにリバティの扇子を作りました。

Photo

 

リバティって渋い柄も素敵ですが、扇子のような和モノにはこういう明るい色合いが似合うと思います。

 

今回も100均の扇子のポリ生地を剥がして作ったものですが、
以前売り場にあったお気に入りの扇子がなくなっていてちょっとショックsweat01

 

安物とはいえね、こだわりがあって。^^

以前のダイソー扇子はもっとしっかりしててバネが効いてたから
開閉がスムーズだったんです。

Photo_2

今近所のダイソーに置いてあるのは左右の親骨の部分が薄くて開き気味。

とはいえ、100均ですから。

文句言っちゃいけませんね。

Shiage1

時々「リバティ扇子」で検索してここを覗いてくださってる方、
親骨に艶があって丸みがある扇子をおすすめします。

 

以下、お弁当画像です。

夏休みに入っても補講と部活のあるお子のために作りますよ。

 

Photo_4

・ズッキーニのレモンソテー
・ハンバーグ
・ポテトサラダ
・味付け卵
・プチトマト

 

Photo_5

・激安さんまフライの惣菜に梅としそを無理やり挟んだもの
・ナスの旨煮
・ほうれん草のおひたし
・卵焼き

 

Nikuben

・豚丼
・ブロッコリー プチトマト
・卵焼き
・れんこんソテー

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

ハーバリウム

Photo

友人開催の 「ハーバリウム教室」に行ってまいりました。

 

ハーバリウムとは「植物標本」という意味です。
ボトルにドライフラワーやプリザーブドフラワーを入れて特殊なオイルを注いで作ります。

 

Photo_2

瓶を斜めから写しているので、光の反射で素材がたくさんあるように見えるけど、
真正面から見るともう少しすっきりして見えます。

窓辺に飾ると光に透けてとても綺麗です。

 

にしてもちょっと詰めすぎちゃったかな~~(^_^;)

透明な空間があったほうが綺麗だということに作り終わってから気づきました。

ついつい用意された素材を全部詰めようとしちゃうんだよね。BBAは。

信玄餅詰め放題とかアメちゃん詰め放題とか、袋伸ばしてまで詰めようとするからね。

引き算の美学って大事よね。

と、用意していただいたマクロビスィーツをほおばりながらわいわい仲間と喋りたおした午後でした。

 

 

以下、お弁当画像です。

 

Photo_3

・なすと肉のはさみ焼き
・焼きかぼちゃ
・ゴーヤの佃煮
・だし巻き卵
・プチトマト

 

Photo_4

・鮭のピカタ
・かぼちゃの煮物
・ノリ入り卵焼き
・ポテトサラダ
・プチトマト

 

Photo_5

・ビピンパ弁当

(ニンジン 大根 ほうれん草 のナムル  甘辛そぼろ 錦糸卵)

 

 

皆様、良い連休をお過ごしください。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

ちりめん細工の髪飾り

Photo

娘の成人式用の髪飾りです。

先日小物合わせに行った時に用意された髪飾りがどれも高くて気に入ったものがなかったので、自分でちりめん細工を作ってみました。

 

Photo

娘が選んだ着物はこれ。
古典柄が流行ってるんですねー。

裾の部分はどちらかというとオレンジが目立ちますが、首まわりは紺色の着物です。
いやー、私は選ばない配色だ。

本人はビタミンカラーが好きなんですよね。でも残念ながら彼女のパーソナルカラーは寒色系で、紺は合うけどオレンジが似合わないんです。

うーん、どうすべきか。似合う色と好きな色とのせめぎあい。 

なので、顔から遠い部分の帯や小物はビタミンカラーを選び、髪飾りや半衿など、顔に近い部分はくっきりした濃い赤色にしました。
帯締めも赤だし、着物の中にも赤はあるのでアクセントとしてはいいんじゃないかと思います。

Photo_2

これは百日草です。白花の色のバランスが悪いですね。適当に作っちゃいけませんね。

Photo_3

こちらはおだまき。

フェリシモのキットを参考にしました。

Photo_4

ネット情報を参考にして作ったフジ下がりです。

糸がほつれているので今から直します。

 

Photo_5

私の作品だけじゃ寂しいので、保険として薔薇やマムやラナンキュラスのアートフラワーも用意しました。

後は美容師さんがなんとかしてくれるでしょう 笑

以下、お弁当画像です。

 

 

 

Photo_8

 

・えびちり(半分はちくわ)
・ノリ入り卵焼き
・ブロッコリーしおゆで
・かぼちゃのきんぴら
・プチトマト レタス

Photo_6

・照り焼き
・豆サラダ
・ニンジンのコンソメ煮
・ブロッコリーとかぼちゃのソテー
・塩卵
 

 

Photo_7

・えのきの豚巻き
・ひじき入り卵焼き
・ニンジンのマリネ
・ほうれん草の胡麻和え

 

 

前撮りは明後日です。 
準備は万全だけど   娘よ、お肌のためにチョコを控えろ~~~ ゚(゚´Д`゚)゚  

 

皆様、良い週末を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

薔薇の和風プリザ

Dsc_4484jpg

友人主催のプリザ教室

で母の日の和風アレンジを作りました。

 

Photo

プリザーブドフラワーの花びらの一部を矢羽根模様のちりめんに貼りかえると
こんなに和モダンなバラに変わっちゃうんです。

 

薔薇の赤がどうやっても綺麗に撮れないのはなぜだ~
もっと深くて綺麗な赤なんだけどな。

Img_1497_2

ぐっとアンダーにして撮りました。

この色に近いかな。

 

 

いやかわいいな~~
手放したくないな~(゚m゚*)

 

 

 

作ったといっても、薔薇の開花処理やちりめん細工はほぼ友人やスタッフの方が準備してくださったので、私たちは好きな資材を選んでちょこっと手を加えただけ。

ちょっとしたコツも丁寧に教えてくれて、とても充実したひとときでした。

 

販売されてたアレンジ も素敵なのよ。

美味しいとこどりの素敵なイベントをありがとね。

今度は自分用に作るぞー。

 

 

 

                          ※

 

 

 

 

 

Photo_2

ところでこちらのアレンジメントは娘達が母の日にくれたものです。

コーヒーゼリーの上にのっかっている赤薔薇は長女(大2)が折り、
ぺぺっと残念な感じに次女(高3)がマステを貼りました。

お値段以上の素敵スィーツをありがとよ。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧