ハンドメイド

2018年9月20日 (木)

花結び編みのかごバッグ

Photo

クラフトテープで作った初かごバッグです。

娘の浴衣に合うかごでも編もうかとネットで探していたところ、花結び編みのバッグに一目惚れ。

 

「和」でも「洋」でも合いそうなので早速図書館で本を借りて作ってみることにしました。

Photo_2

一つ一つがコロンとした花弁になってて可愛い。

 

編むのは楽しいけど、ぶっ通しで編むと翌朝指先が腫れて痛いので、指サックをつけて編みました。

途中指がふやけて感覚がなくなってきたけど、これを乗り越えて指の皮が厚くなった頃に、職人さんに一歩近づくことができるのか、などと思いつつ(やめとけ)夢中で仕上げました。

 

 

けっこう気に入ったのでこれは自分用にして

Photo_3

娘には白色で作り、防水も兼ねて水溶性アクリルニスで仕上げました。
夏って感じですね。

 

このままでもかわいいけど、

 

Photo_4

巾着を作って

 

Dsc_1644_2
こうします!

 

バッグインバッグ。

 

かわいい。

 

 

 

これで中身が見えたり出たりしません。

 

 

 

 

一方、私のかごバッグには、

 

Photo_6

奇っ怪な底なし巾着を作り、

 

Photo_7

 

こうして絞って

 

 

Photo_8

こう!!!

 

 

 

 

 

 

 

間違えた。 

 

 

Photo_9

かごの内側にあまったひもでスナップをつけて

 

 

Photo_10

脱着式にしました。 

ダサいけど、これしか思いつかなかった。

Dsc_1685

 

でも巾着袋よりも量がたくさん入るし、生地の節約にもなります。
ボンドで生地をはりつける方法はあったけど、洗いたいからね。
洗い替え用に別生地で作っても楽しいかもー

 

ちなみに私のはマリメッコのプケッティ、娘のはリバティのシーチング素材を使用しました。 

 

手はふやけるけどクラフトかご作りめっちゃ楽しい。
老後の楽しみがひとつ増えたなー。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年9月 8日 (土)

既製品のスマホケースに小細工

Photo

友人に頼まれて、既製品のスマホケースに生地を貼ってデコパージュしました。

 

Fl_xz1_11_2

元はこれ 。 ターコイズと白のバイカラーです。

値段も安くはないですし、生地を貼るのがもったいないほど綺麗なケースですが、
以前、自分用にリメイクしたスマホケースを友人が見て同じのが欲しいとのこと。

今彼女が持っているお財布とも色が偶然一緒で、しかも、生地は以前私がプレゼントした扇子と同じ柄だったのです。

Sensu

そういえば同じ柄だった

Photo_2

この、リバティのちょい見せ感がいいんですよね。

付属のストラップの裏にも貼ってます。

実際のところ、よく折り曲げする背表紙部分には生地を貼らないほうがいいみたいです。
デコパージュはボンドで作った被膜のようなものなので、伸縮を繰り返すとそこから傷んで剥がれていくので長持ちしないんです。

Photo_3

そのぶん、裏には多めに生地を貼ってます。

これ、リバティのシックスティーという柄で、もう廃盤になってますが、通常柄の60パーセント縮小された柄なので、小物作りにはとてもいいです。

ブログではリバティに傾倒していますが、マリメッコやカウニステなどの北欧柄も大好き。
でも柄が大きくてさ、、、。

マリメッコさんも縮小柄作ってくんないかしら。

以下、お弁当画像です。

 

Dsc_1380

・豚肉の佃煮
・ナス南蛮
・シシトウのグリル
・かぼちゃの煮物
・玉子焼き
・しそ しゃけ

Photo_4

・いんげんの肉巻き
・玉子焼き
・ちーずのりまき
・にんじんのナムル

 

Dsc_1479

・キャベツ肉巻き
・にんじんのコンソメ煮
・塩卵
・アスパラ プチトマト
・チーズ海苔巻き

 

                         ※

引き続き震度7の大災害。言葉を失ってしまいます。
あきさんのところは大丈夫かな?
北海道にお住まいになるviuさんとこはようやく昨晩電気が来たのだとか。
まだ余震が続いているみたいですが、早く全道復旧して物流が復旧しますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

浴衣用髪飾り

Dsc_1435

浴衣用の髪飾りです。

大阪にいる次女に、花火大会に行くから浴衣と帯を送ってと言われたので、ついでに髪飾りも作って送りました。

Dsc_1441

ちょっとボケてますが、4連の小花クリップです。
左端はアートフラワー、右3つはつまみ細工で、リバティ生地を混ぜて作りました。

上の沢山花弁があるのが剣つまみ、右下二つは丸つまみです。
中央の上下二つの花芯にはパールをつけました。

 

Dsc_1443

紫の大花はアートフラワーですが、同柄のリバティを部分的に貼りました。

Photo

ダイソーの髪飾りの台座を花からむしり取って紫花につけてます。
ついでにピンクの花のヘップ(花芯)もむしり取って中央に装着しました。

 

 

Dsc_1444

紫の大花は、花の付け根とクリップの間が浮くので、そこを隠すためのリボンのかんざしも作りました。

 

Iimg600x6411529592868fwgaes22489_2

元のアートフラワーです。

オークションで安値で落札しました。

Dsc_1454_2

下に敷いてあるのが、白地に淡いピンクの浴衣と、紫の帯です。

次女は小柄なんですが、丈が恐ろしく長かったので、一人で切れるように裾とおはしょり部分を縫いました。

 

おはしょりの処理、、、私もよくわかってません。
一人で着物を着れるようになったら素敵なんだろうな、、、。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

刺繍&リバティのバッグ

Dsc_1335

ホビーラホビーレで買った、バッグのキットです。

柔らかなハーブのお花の刺繍に、リバティの「スリーピングローズ」という柄を合わせてます。
メインの花はラベンダーなんですけどね。
そんなの気にならないくらい、布合わせが素敵だったので迷わず購入しました。
この図案で他の小物も作れそうですしね。

 

裏地には綺麗な紫の生地を貼ってます。

 

Dsc_1343

青木和子さんのタッチに似てますが、違う刺繍作家さんです。

お花の説明はなかったけど、セージやラベンダー系の花がメインっぽいです。

 

 

Dsc_1338_2

蜂も飛んでますよー。

 

普段いつもトートバッグで出勤しているのですが、
プリント類を入れるぺたんこバッグをずっと探してて、
どうせなら手作りしてテンションあげようと思い、一昨年くらいにキットを購入してました。

 

持ち手がちょっと左よりなのはご愛嬌。

中にいれたプリントがちょっとはみ出ちゃうのもご愛嬌。

 

 

 

 

 

                        ※

高橋大輔さんの復帰のニュースを娘からのLINEで知り、度肝を抜かれました。

いやーこわいこわいこわい。なんという茨の道を選んだのだ。

何も手がつかなくなるから、記者会見もテレビやネットのニュースも見てません。

ニュースが出る度にチャンネル変えてるのに、何故かマメに録画する旦那このやろー。
完全に面白がってます。

 

 

4年ぶりに現役復帰。しかも1年だけ????
ニュースを追ってないので、何故本人がそういう考えに至ったかよくわからないけど、競技プロが又見れるのはすごく嬉しいのも事実。

 

がんばってね。 

 

そっと陰ながら応援してます。

 

いや、でもえー?ほんとまじでやるのかい? 大ちゃん。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

もうすぐ新年

Tree

DMCのクリスマスツリーのクロスステッチです。

何気にスケート靴があるのがお気に入りなんですが、
秋に取り掛かって4分の1しか出来ませんでした。

 

ゆったりした時間が取れるのはもう少し先。
来年お披露目かな。

 

 

 

 

 

続きを読む "もうすぐ新年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

クリスマスオーナメントのクロスステッチその2 とクリスマススワッグ

Dsc_5233

これも去年の作品です。

ネットで拾った図案でクリスマスオーナメントボールのクロスステッチをしました。

Dsc_5199_2

賞状等を飾る、よくあるタイプの黒い額を白色でスプレーし、乾かないうちに釘でひっかいてビンテージ感を無理やりだしました。 笑

 

Photo_3

これは友人主催のワークショップ で作らせてもらったクリスマススワッグのリースです。

サンゴミズキとブルーアイスの葉を軸にして、ユーカリ、あすなろの葉、かすみ草、わたの実等をスパイラル状に束ねてざっくり仕上げます。

 

仕上げるといっても、友人が飾りをテーピングしてくれてたり、リボンも作ってくれているので、私達生徒はほんと束ねるだけで、上げ膳据え膳のらくちん作業でございました。
ただ、そのスパイラル状に束ねるというのがなかなか素人には難しく、手がつりそうになりました。

ブーケの手法の一つらしく、そうすることでバランスよく仕上がるそうです。

 

Dsc_5265_2

クリスマスを過ぎたら、おまけに用意してくれた水引をひっかけてお正月仕様にします。

 

よく見るとあすなろの葉っぱはうらじろの葉に似ているし、赤いサンゴミズキが「和」っぽくってお正月っぽくもあり、クリスマスっぽくもあり。

友人のアイデアにいつも脱帽です。

 

「あすなろ」の語源は「あすこそなろう」 らしいです。

いい言葉だ。

皆様もいクリスマスを~~

 

 

 

 

続きを読む "クリスマスオーナメントのクロスステッチその2 とクリスマススワッグ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

クリスマスオーナメントのクロスステッチ その1

Dsc_5256

クリスマスオーナメントボールのクロスステッチです。
去年の秋にチクチク刺してたのですが、クリスマスには間に合わなかったので今年お披露目です。

Dsc_5208

スモークピンクの刺繍糸がメインですが、ところどころアクセントとして銀糸でステッチしました。

Dsc_5209

この銀糸というのが曲者で、針の穴に糸を通すだけで糸がばらけてしまって、刺していくうちにもつれてくるんですね。

1本の糸って何本かねじれてまとまっているのですが、それが細かく別れちゃうんです。(わかりにくいですね)

なんとか解決策をネットで調べて、糸の両はしをボンドで固めると刺しやすくなりました。

Photo

刺し終わった作品を飾ろうと額を探したらえげつない金ピカのものしかなかったので、、
思い切って白色にスプレーしました。

 

Photo_2

まだ完全に乾かないうちに数箇所釘でひっかき、乾いた後に淵の部分にヤスリをかけてアンティーク風に仕上げます。

こういう額はなかなか近所には売ってないのですよね。
ネットで注文するとお金かかるし。

 

Photo_3

今年はなかなか時間がとれなかったけど、

映画を観ながらクロスステッチをする時間が一番好きです。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

スマホケースのリメイク

Photo_3

長女が使っていたFLAMINGOのスマホケースにデコパージュしました。

 

Photo_4

https://www.amazon.co.jp/Natural-FLAMINGO-iPhoneSE-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E4%BB%98/dp/B01E3XNT8E

元はコレです。

白い部分が汚れていたのでそこに布を貼りました。

娘が買ってきた時、ターコイズと白のバイカラーと、下部に入った刻印がかわいくて、いーなー、私も買おっかなーとショップを覗いてみたら、お値段が全っ然かわいくなかった。

しばらく諦めてたところ、娘が最近ケースを新調したと聞き、譲ってもらうことにしました。

 

 

 

Dsc_5154_2

ちょっと型崩れしてるけどまだまだ使えます。

お財布みたいですね。

 

 

Photo_5

内布部分も汚れてたのでここにも布を。 

ちょっと実験で端部分は切りっぱなしにして、ほつれ防止にケマージュ液を塗りました。

                         ※

 

 

 

金木犀がどこからともなく香り、ぐっと秋めいてきたけど、目がかゆくて仕方ないのはブタクサのせいかなー。

9月に入って「目がかゆい」というあなた!もしかすると、秋の花粉症かもしれません

 

 

原因はセイタカアワダチソウ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ、イラクサ らしい。

うあー 無理。 うちのまわりオールスター勢ぞろいじゃん。

真夏も真冬も花粉シーズンも苦手でここにきて秋の花粉に悩まされるとは。
私の好きなシーズンどこー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

スマホケース

Dsc_5187_2

友人に頼まれていたスマホケースを作りました。

彼女が持参した生地を使ってデコパージュしたのですが、リバティのようなローン生地と比べて伸縮性がなかったのでちょっと扱いにくかったです。

私のやり方はボンドみたいな液を何度も何度も塗り重ねて、仕上げに水ヤスリで艶をだしていく方法なのですが、折り曲げた時にできる背表紙のシワの部分が市販品に比べてちょっと弱いんですよね。
伸縮性がないとコーティング部分が裂けてきちゃう。

 

うーむ、もって1年半ってとこかな、て伝えると

「え?数ヶ月でだめになると思ってたからぜんぜんいいよ。」とのこと。

日頃どんなケースを使ってるんだろうか(*´∀`*)ノ

                       ※

以下、お弁当画像です。

 

Photo_5

・エスニック風からあげ
・卵焼き
・ナスの煮物
・さつまいもの檸檬煮
・人参のサラダ

Photo_6

・照り焼き
・塩卵
・かぼちゃのソテー
・ちしゃ プチトマト ブロッコリー

Photo_7

・鮭とシソの混ぜご飯
・塩卵
・牛しゃぶ
・かぼちゃのサラダ
・ひじきの煮物
・レタス プチトマト

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

100均扇子のリメイクのリメイク

Photo_2

・ハンバーグ
・素焼きかぼちゃ
・素焼きポテト
・ブロッコリー塩ゆで
・塩卵
・ぶどう

Photo_3

・ひじきごはん
・せと貝のトマトソース和え
・卵焼き
・人参のたらこ和え
・はるまき(惣菜)
・ブロッコリー
・かぼちゃの煮付け

 

Photo_5

・白身フライ
・ナスの甘辛煮
・人参のナムル
・ズッキーニのソテー
・卵焼き

                         ※

 

Photo_6

2年前、友人にあげたリバティ扇子の中骨が数本折れていたのでリメイクしました。

息子君の剣道の応援にしょっちゅう使ってくれたらしく、「つい熱が入って振り回してたのよ~」とな。

全国大会に行くようなぼっちゃんなので、試合数も多かったんだろうな。

 

お湯につけて布を剥がし、新しい100均扇子に貼り付けていきます。
布は洗剤で洗ってアイロンかけ済み。

 

Dsc_5067

復活。╰(*´︶`*)╯

 

また全国大会に連れて行ってあげておくれ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧