映画・テレビ

2016年6月28日 (火)

グルメ映画

Photo

・トマトとアスパラのピラフ
・えびの酒蒸し
・ひじきの煮物
・ほうれん草のおひたし
・卵焼き

Photo_2

・ハーブソーセージと舞茸のソテー
・鮭の塩焼き
・卵焼き
・人参のコンソメ煮
・おむすび
・レタス プチトマト

Photo_4

・アスパラ豚巻き
・卵焼き
・かぼちゃの煮物
・ナス南蛮
・コールスロー
・のり弁

のりべんにする時は、ちぎってごはんに乗せるとふたにくっつかないと、
映画「のんちゃんののり弁 」を観て学びました。 食べやすさもあるのでしょうね。

 

 

 

 

                          ※

食いしん坊で、映画好きな私はグルメ映画が大好きです。
色々観たけど最近のお気に入りはこれかなあ。

166328_011

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

ざっくり言うと、一流レストランの料理人が、オーナーと衝突して店を辞め、元妻や友人、息子らとフードトラックでキューバサンドの移動販売の旅に出る、というお話なんですが、

とにかくジュージュー作って、食べてのんで笑ってる豪快ないい映画です。

序盤、おしゃれなフランス料理っぽいものも出てくるのですが、それよりもB級鉄板焼きサンドイッチの映像の方にがっつり胃袋をつかまれます。

作っている時の音とシズル感が半端ない飯テロ映画です。

今後観たい映画はこれ↓

Sp_main_top21

インドカレーとナンが食べたくなるらしいです。

借りよう借りようと思って数年経ちましたが、まずは撮りだめしている「孤独のグルメ」を観なければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月24日 (火)

映画「64 ロクヨン 前編」観ました。

Photo

・坦々冷麺(タレ別添え)

Photo_2

・オムレツ
・キャベツの浅漬けの海苔巻き
・人参のマスタードマリネ
・ブロッコリーのカレー焼き
・さつまいものレモン煮
・プチトマト 銀杏の塩焼き

 

Photo_3

・ささみしそ揚げ
・人参のコンソメ煮
・ブロッコリーと桜えびのナムル
・かぼちゃのきんぴら
・かぼちゃとさつまいものチーズ焼き
・卵焼き
・きゃらぶき

 

                        ※

続きを読む "映画「64 ロクヨン 前編」観ました。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

山菜弁当と映画「イミテーションゲーム」

2

・山菜(筍 わらび まいたけ)の炊き込みご飯
・かぼちゃのハーブソテー
・山芋の磯辺焼き
・ちくわのピリ辛焼き
・にんじんのマヨマスタード和え
・だしまき

Photo_4

・ししゃものしそフライ
・ふきのとうのてんぷら
・かぼちゃのソテー
・揚げ人参の三杯酢
・だしまき
・プチトマト レタス

Photo_2

・まいたけとタラの芽のてんぷら
・筍の山椒焼き
・きゅうりとしらすの三杯酢
・素焼きかぼちゃ
・ソーセージ

 

いただきものの山菜が大活躍した週でありました。
自然の恵みと職場のおっちゃん達に感謝。

 

                      ✿

さて。ゴールデンウィークは面白そうな映画が目白押しでした。
「バードマン」「ジヌよさらば」「ビリギャル」
観たい映画は沢山ありましたが、上映スケジュールの関係で「イミテーションゲーム」を観てきました。
長くなるのでいったんたたみます。

続きを読む "山菜弁当と映画「イミテーションゲーム」"

| | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

お弁当と映画と。

Photo

豆型の弁当箱買いました。
豆つながりでなんとなく豆ごはんをイン。

・枝豆ごはん
・胡瓜の梅和え
・湯葉しんじょ(冷食)
・えび塩茹で
・出し巻卵
・酢れんこん
・なす南蛮
・きのこのマリネ

Photo_2

・黒ごまジャージャー麺
・プチトマト ゆで卵 きゅうり

木の弁当箱にジャージャー麺はミスマッチでした。というか変な盛り付けです。TT

Kiriboshi

・切り干し大根の煮つけ
・出し巻たまご
・黒豆
・にんじんしりしり
・おくらの煮びたし
・鮭の西京焼き

Jpg2

viuさんが絶賛されてた井上絵美さんレシピの「アボカドと明太子の冷製パスタ」 を作ってみました。
旦那がアボカドNGなので娘達と優雅にお昼ご飯としていただきました。
生クリーム系なんですが、ごま油とねぎがいいアクセントになってます。
うん、これは女子が好きそうな味♪

ほとんど娘達が平らげてしまいました。
私はレモンとねぎをどばーっとかけて。
油脂類が多いけど思ったよりくどくなかったかな。
美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "お弁当と映画と。"

| | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

お弁当と深夜のおでかけ

Reba2

・オクラ豚巻
・レバーの甘露煮
・半熟卵
・にんじんのグラッセ
・カリフラワーのカレーマリネ
・ブロッコリー プチトマト グリーンレタス
・ウィンナー

Teba

・手羽の照り焼き
・人参 ごぼうの甘酢
・大学芋(冷食)
・瀬戸貝トマト煮
・味付け卵
・ラディッシュ グリーンレタス

Photo

・ビピンパ風焼肉
・にんじんのナムル
・ホウレンソウのナムル
・こんにゃくのナムル
・だし巻き卵

 

これから友人につきあって「永遠のゼロ」のレイトショーに行ってきます。2回目です。
「つきあい」と言いながら私ももう一度見たかった。
男たちの大和とか、こういう戦争映画にめっぽう弱いんですよね。

一言でいうと「零戦搭乗員の悲劇を描いた」物語ですが、男たちの大和が家族愛ならば永遠のゼロは夫婦愛が背景にあるのかな。
でも私は妻役の井上真央ちゃんよりも部下役(♂)に嫉妬しました。笑
部下を叱咤激励する岡田君 かっこいいです。男が惚れる男という感じですね。
岡田君の演技はクセがなく、観る側をすっと物語に入り込めさせ、魅了します。
熱演でしたよ。 
後半、精神的に病んでいくのですが、静かに壊れていく様子はどこか妖艶でせつなかったです。
こういうこと書くと「イケメンだからなんでしょ!」と言われそうですが、まあ白状するとそうです。 笑 
だってやっぱエンターテイメントですから。映画は。
キャスティング勝ちでしたね。

この流れからの大河ドラマ「黒田官兵衛」役もあーなるほどな、と思いました。
「命」にこたわる点は主人公の考えが似てるかも。
後、冷静沈着な岡田くんとは対照的で、血の気の多い特攻隊「景浦」を演じた新井浩文さんが良かったです。

井筒監督や宮崎駿が「戦争賛美 特攻やゼロ戦を美化している」と酷評したらしいですが,私はそうは思いませんでした。
原作でも映画でも特攻命令をした上層部を批判してるし「右寄り」にも感じなかったしむしろ百田さんはニュートラルな人じゃないかなあと思います。
映画観たあともう一回原作読んでみようと思います。

個人的には同じゼロ戦が出てくる宮崎監督の「風立ちぬ」よりも「永遠のゼロ」のほうがわかりやすく、感動しました。
まったくタイプの違う映画なので比較しても仕方ないんですが「風立ちぬ」は主人公の声優さんが少し残念なんですよね。とても美しい映画なのに棒読みなので感情移入しにくかったのかなと。もったいないですよね。

Photo

Zero

 

この本も面白かったですよ。

元々兄に薦められて観た映画ですが、兄も家族の中で唯一号泣したらしい。
「血」かしら 笑 
ただ、原作者の百田さんが放送作家(探偵ナイトスクープ)であるからか、演出がニクく、ほんとにうまい。
泣き終わったあと「あのシーンはナイな。」とふと我に返る自分がいます。
でも今日もきっと泣くのかも。笑

| | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

タティングレースフレームの会その③ クリスタルモチーフ

Snow

季節外れのモチーフ「クリスタル」です
涼しそう~

背景の紺の布もセットされているんですが
玄関ホールに飾るとこのフレームだけ浮きそうなので

Photo_3

手持ちのベージュの布に変えて
飾ります

紺の方がきれいですけどね^^

Dsc_2810

友人にリクエストされてたモチーフあれこれです

小鳥は別に飾るそうです

 

続きを読む "タティングレースフレームの会その③ クリスタルモチーフ"

| | トラックバック (0)