« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月23日 (木)

プリンスアイスワールド広島公演千秋楽

19日に広島で行われたプリンスアイスワールドに行ってまいりました。

Dsc_1544
これはお土産のプリンスアイスワールド限定もみじ饅頭。 うまし。

ゲストスケーターはプルシェンコ、町田 樹、安藤美姫、織田信成、小塚祟彦、村上佳菜子、本田武史さん。

そして現役選手の田中刑事、本田望結、本田紗来ちゃん達が加わり、プリンスアイスワールドチームと共に華やかなショーが繰り広げられました。

 

ショーの半分がプリンスアイスワールドチームによる華やかな群舞なのですが、初めて観たシンクロは、マスゲームのようで見応えがありました。

 

また、町田樹さんは、この広島公演千秋楽をもって、プロスケータープリンスアイスワールドの出演は終了引退ということで、特別なショーとなりました。

(※プロスケーターを引退されるのは10月の別のショーでした)

自作の8分超え「ボレロ」は彼の世界観そのもので、とても芸術的、しかもスケーターの中では一番ジャンプが冴えてましたよ。

Photo_2

最後にスケーター達による花道を通って、チームとお別れする町田さん。
今後の解説者としてのご活躍を楽しみにしています!!!!

 

今回はギリギリの応募だったので、ショートサイドでの立ち見でしたが、なんと休憩中に1階のSS席の方がわざわざ3階に来られて、
「私今から帰らなくちゃいけないのでよかったら座ってください」
とチケットをくださったのです。

席番号を見るとかなり前の方。涙涙涙
この会場の片隅に私を見つけてくれてありがとう!

ふって湧いた幸運に歓喜する私でしたが、連れの友達が立ち見で疲れていたので、彼女に譲りました。

彼女いわく、今までにない距離で、プルシェンコさんの青いおヒゲまで見れ(ちょっとおなかいっぱいだったとのこと)、臨場感たっぷりのスペシャルシートだったみたいです。

そうそう。そのプルシェンコさん。
もうなんというか表情豊かで、顔芸ありの、くねくねポーズありの、キモかわいさは健在でして。(褒め言葉です)
情感たっぷりに演じたタンゴアモーレはこの日一番の盛り上がりでした。

演技中はオーラ半端ないけど、終わるとにっこり笑顔で立ち振る舞いがとても紳士的でした。
さすがレジェンドです。

Photo_3

プルちゃん。スマホ画像です。

そうそう。SS席のチケットのおかげでショーの後に、間近で写真が撮れたんです。

アイスショーでは珍しく、写真OKなんですよ。

 

Photo_4

ミキテイ綺麗でした。

Photo_5

お客さんにポーズを要求されたんでしょうね。
優しい笑顔です。

 

Photo_6

滑りとお顔がノーブルな小塚君。
そうそう、小塚君もそうでしたが、本田武史さんのスプレッドイーグルやバレエジャンプが眼福でした。

 

Photo_81

「ジョジョ」のポーズをする田中刑事選手。
魅せるスケーターです。

 

Photo_9

とってもかわいくて多彩な本田望結ちゃん。
姉妹で切磋琢磨しているせいか、ぐんぐん上達されていて、演技もなかなか素敵でしたよ。

Photo_11
織田クーン

おばあちゃんが手を放しません。人気者です。

 

Photo_12
お茶の間で活躍中の村上佳菜子さん。

衣装の一部は手作りだとか。
とても気さくでおおらかな方でした。

 

Photo_13
ミドリさん、観てますか? 笑

おまけ画像です。
隣のデパートでは安藤美姫さんの衣装展をやってました。
これはバンクーバーオリンピックシーズンのショート衣装ですね。

 

2010

これは翌年のショート「ミッション」の衣装。

ミキティの衣装はとにかく繊細でゴージャスで美しいんです。

 

Over_the_rainbow

これはover the rainbow の衣装。震災の時のかな?

Photo_14

ライトが当たって綺麗に撮れてないのが残念ですが、ラストシーズンのフリー「火の鳥」の衣装です。

 

Photo_15

これは同じく2014年シーズンのショート「my way」の衣装。
全日本の演技は忘れません。
回転不足と言われても、誰もが出来る訳じゃない事に挑戦し続ける安藤さんの姿が好きでした。

ふとガラスケースの下の方を見ると

Photo_16

本物の青アゲハが停まってて、衣装との色かぶりがミラクルでございました。

 

 

で。 

 

 

そもそもこのショーの最大のお目当てが現役復帰した大ちゃんだったのですよ。

そりゃそうですよ。

その彼が公演1日前に怪我で出れなくなったと聞き、唖然。

ソチ前のグランプリファイナルを観に行った時も直前の怪我で欠場したのを思い出し、

友人とラインで

「ど~ん~だ~け~」「ま~ぼ~ろ~し~」を連呼。

私の夏休みは終わりました。とほほ。

いや、まあ今回は立ち見だったし地元だったし、スケーターですので怪我はある程度想定内でしたが。。。

 

 

最後に、会場に飾られてた高橋氏へのお花を撮させていただいたので記念に。

 

Photo_17

残念でしたが、  早く治して悔いの残らないシーズンにしてほしいです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

真夏のシフォン

Photo

いただいたパッションフルーツとキウイでジャムを作り、ヨーグルトと合わせてシフォンケーキを作りました。

しっとり軽い生地に爽やかな酸味がたまりません。
飲み物なくてもパクパク食べれる、夏にぴったりのシフォンケーキです。

 

 

Dsc_1504

夏場は卵の水分が多いせいで、分離しやすい。
ー これ、わかってたんだけど、攪拌の引き際がわからずついつい長めにやってしまい、キメの粗いメレンゲができてしまいました。
乾燥卵白入れて濃度を濃くすればよかった。

それでも底上げもしなかったし、パッションフルーツの種も沈まなかったのでよしとします。

んで、そのパッションフルーツの種ですが、キウイとか苺の種とはちょっと食感が違うんですよね。
粒が大きいし、噛むと酸味や苦味がちょっと出るので好みが分かれるところ。

私は好きなんだけど、人にあげるにはちょっと躊躇してしまう存在感です。

 

 

以下、お弁当画像。

 

 

 

Photo_2

・鮭の塩焼き
・いんげんの胡麻和え
・玉子焼き
・ヤングコーンのバター焼き
・ケチャップソーセージ
・とうもろこし

 

Dsc_1477_3

・花ソーセージ
・キャベツの即席漬け
・シシトウの焼きびたし
・塩卵
・たらこと水菜とトマトの冷製パスタ

 

Dsc_1476

・鮭としその混ぜご飯
・ナス南蛮
・玉子焼き
・にんじんたらこ
・アンチョビとポテのグラタン
・そらまめのしおゆで

 

今朝の広島は珍しく涼しいです。え?何故?

そっか。今日から残暑だから?

異常現象!記録的猛暑!記録的豪雨!
というわりにはけっこう律儀な地球。

でも日中は相変わらず高温ですね。
今日も油断せずいきましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

浴衣用髪飾り

Dsc_1435

浴衣用の髪飾りです。

大阪にいる次女に、花火大会に行くから浴衣と帯を送ってと言われたので、ついでに髪飾りも作って送りました。

Dsc_1441

ちょっとボケてますが、4連の小花クリップです。
左端はアートフラワー、右3つはつまみ細工で、リバティ生地を混ぜて作りました。

上の沢山花弁があるのが剣つまみ、右下二つは丸つまみです。
中央の上下二つの花芯にはパールをつけました。

 

Dsc_1443

紫の大花はアートフラワーですが、同柄のリバティを部分的に貼りました。

Photo

ダイソーの髪飾りの台座を花からむしり取って紫花につけてます。
ついでにピンクの花のヘップ(花芯)もむしり取って中央に装着しました。

 

 

Dsc_1444

紫の大花は、花の付け根とクリップの間が浮くので、そこを隠すためのリボンのかんざしも作りました。

 

Iimg600x6411529592868fwgaes22489_2

元のアートフラワーです。

オークションで安値で落札しました。

Dsc_1454_2

下に敷いてあるのが、白地に淡いピンクの浴衣と、紫の帯です。

次女は小柄なんですが、丈が恐ろしく長かったので、一人で切れるように裾とおはしょり部分を縫いました。

 

おはしょりの処理、、、私もよくわかってません。
一人で着物を着れるようになったら素敵なんだろうな、、、。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

暑い日が続きます。。。

Ikamusu

・いか天むす
・大根の葉としらすの浅漬け
・玉子焼き
・豚肉と大根の葉のソテー
・プチトマト

Photo

・のりべん
 鮭の塩焼き ちくわのてんぷら コロッケ(できあい) 
・玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・ブロッコリーのソテー

 

Dsc_1551

・玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・人参のナムル
・雷こんにゃく
・小松菜の含め煮
・さけとしその混ぜご飯

 

 

                         ※

昨日長女と市内の災害ボランティアに参加してまいりました。

この暑い中、アラフィフのちっちゃいおばちゃんが参加して大丈夫なんだろうか、と自問自答しましたが、真夏にスコップで土をかき出す、という作業は筋金入りのガーデニング好きにはわりと馴染みのあるものなので、えいやっと参加してきました。
災害ボランティアとこれらを一緒にするのは不謹慎かもしれませんが、どうせするなら苦にならないほうがいい。
屈強な男性グループだったら、ペースを乱すのでは、という不安はありましたけど、運営側がグループ調整をしてくれるのを知っていたので、安心して女性のいるグループで参加してきました。

今回は、家から車で10分のわりと近場で、床下の泥を外にかき出す、という作業をしました。
床板が外された状態の床下に潜り込み、スコップですくってはバケツに入れ、リレー式で外に出す、という作業を11時から3時まで、昼休みをはさみながら黙々と行いました。
15分作業して15分休憩だったのですが、作業はあっという間で、休憩時間のほうが長く感じました。 

もうちょっと長く、もうちょっとあそこまで作業しても、、、と思いましたが、
まだできる、という慢心が老害(熱中症)を引き起こすんだということを意識しながら無理のないペースで作業しました。

途中、休憩しながら被災された方の話を聞いて、改めて当たり前に普通に暮らせるありがたみを痛感しました。

 

終了後、被災されたご家族からペットボトル5本くらいいただき、最後にアイスまでいただき、申し訳ないくらいでした。

長女の大学でも積極的にボランティアツアーみたいなものが企画されてたのですが、
ある先生がSNSで「学生よ、部活やバイトはいいからボランティアに参加しなさい」とおっしゃってるのがどうもひっかかって。

ボランティアは強制するものじゃないです。

部活だって、試合のために必死に励んでる学生もいるし、バイトだって死活問題でやらざるを得ない学生だっているわけで。
水害の為、通うだけでも困難な学生も沢山いるしね。

大学主催のボランティアは、かなり遠方だったせいもあったので今回は市内で企画された災害ボランティアに親子で参加してきました。

 

自宅生でバイトもしてて、お小遣いもそこそこあって不自由なく暮らしている彼女が、今回無償のボランティアをして何を感じたかな。

休憩中、男子学生とカープの話で盛り上がってましたけどね。
はいはい、年寄りはむこうに行きますよ、と納屋の方で風にあたってた母ですけどね。

ま、どうでもいいハナシです。

まだまだ暑い日が続きますが、どうか被災された方々の生活が早く元通りになりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »