« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月25日 (水)

ランゴオショコラ

Dsc_1375_2

お誕生日ケーキのランゴ・オ・ショコラ。  
バターの入らないタイプのチョコのテリーヌです。

 

ボトムから、チョコスポンジ、 アメリカンチェリーのコンポート、 ガナッシュ。 
濃厚悩殺スィーツです。

真夏に作ったので、型出しに苦労しました。
デコレーションは無理だと思ったので、シンプルに。
Room405の陽子さんのデコレーション からヒントを得て、ピスタチオと苺のフリーズドライを散らしました。

 

リクエストくれたのはママ友の高校生の息子くんだったんですけど、以前、お土産として持参したランゴオショコラをこっそり食べてとても気に入ったらしいんです。

それは嬉しいんですけど、このケーキ、赤ワインとラム酒がたっぷりと入るんですよね。
当然未成年だからアルコール入りはNG。 
「えー大丈夫だよ。」とは言ってましたが、知ってて作るのと、勝手に食べちゃうのとは違います。
中学生の妹さんも一緒にお祝いするみたいなので、ちょっとアレンジしました。

 

彼はワインありき のこのケーキの美味しさを知ってるので、風味が残るように、赤ワインで作ったアメリカンチェリーのコンポートのシロップをさらに煮詰めて代用しました。
かなり煮切ってアルコールを飛ばしましたが、念のためレシピの半量を入れ、残り半分は生クリームで代用しました。

Dsc_1377_2

これ、実は水害のあった直後に作った、誕生日ケーキなんです。

陸の孤島となった我が地域は2日間仕事にも学校にも行けず、時間だけはたっぷりあったんですね。

ママ友には、「こんなご時世だから無理しないで」と言われましたが、事前にもうチョコスポンジも焼いて、コンポートも作ってたので、こんな時だからこそ作っちゃおう!と思ってとりかかりました。

物流が止まったせいで、頼んでおいたクーベルチョコや苺のフリーズドライが送られてこなかったのが残念でしたが、市販のブラックチョコで代用しました。
レシピのカカオ含有率になるべく近いものを選びましたが、深みを出すために、一部カカオマスに置き換えてます。
赤ワインのシロップに砂糖が入ってるせいもあり、甘さも抑えたかったので。

 

苺のフリーズドライは

Photo

ここ から拝借。 

 

近所なので、出来上がったら息子くんとすぐに取りにきてくれました。
「この時を楽しみに、家族で美味しくいただきました」とのこと。

娘ちゃんもアルコールは全然気にならなかったとのことです。

 

 

 

Pochi_2

お代とは別に、手作りのポーチもいただきました。

嬉しかったナ。

 

 

さて、後ほど送られてきたクーベルチュール1キロ。
どうすっかな。

出番は秋以降。
涼しくなってからですね。

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

災害ボランティアのこと

Photo_2

・ささみの胡麻焼き
・塩卵
・ほうれん草とキャベツの海苔巻き
・プチトマト
・ヤングコーン
・さやえんどう

 

Photo_3

・アボカドの豚巻き
・塩卵
・ブロッコリー
・キャベツとしその梅あえ
・ポテトのハーブ焼き

 

 

Photo_4

・豚の生姜焼き
・ポテサラの海苔巻き
・かぼちゃのグリル
・スナックエンドウ プチトマト
・ケチャップパスタ

 

 

 

 

 

                        ※

 

 

7月豪雨災害ボランティアに参加されてる方、される予定の方、暑い中お疲れ様です。どうぞ熱中症にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

我が家は長女の試験が終わって落ち着いてから考えようと思います。
まだ日々の通勤通学、送迎だけで体力消耗し、休日は両家の手伝いもあるので出来るか未定ですが、できれば平日に手伝わせていただきたいな、と思います。

ボランティア活動の受付及び開始に関するお知らせ

 

こちらは東広島市限定です。

4年前広島市の土砂災害ボランティアに参加しましたが、上記リンク先にある持ち物以外 に、個人的にあったらいいなと思ったものを紹介させていただきます。

①ゴーグル   

泥や砂ぼこりから目を守るためです。なければ入った時のために目薬を。

 
          

②片面が樹脂コートされた手袋(2つくらい)

こんなやつです。→

③軽量のリュックかウエストポーチで

 
汚れます。置くところありません。100均にナイロンタイプのシューズ入れでリュックにもなるタイプのがありましたがあれベスト。

 

④飲み物は水筒ではなくペットボトルで

上記理由からなるべく荷物は軽量で。

 

⑤ウェットティッシュ

水量が限られている場合、汚れが落ちにくいので。

 

⑥着替え

ドロドロになります。

スコップ類等を持って行かれる時は派手目のリボンなどつけて、目印をした方がいいです。

後あったらいいなあと思ったのは泥水を吐き出すためのデッキブラシちりとりでしたが、
これは被災地にもよるのかもしれません。 

 

以上、持ち物に関して書きましたが、一番気をつけなければいけないのは「熱中症」です。

前回参加の時、運営側から

「脱水で倒れたりするとグループに迷惑をかけるし、被災者の方も悲しむことになる。」

やんわりと言われてましたが、
要はグループ行動を意識しながら自己責任もしっかりとること、ということだと思います。

今回、まだ参加してないのに上からの物言いでごめんなさい。

でも、決して無理しすぎず、こまめに水分をとっていただけたら、と思います。

 

 

「2014年広島土砂災害地へボランティアに行ってきました」

過去記事になりますが、よろしかったら参考になさってください。
あの時はガス漏れがあったり、運営側が体制が整ってなかったので、ボランティアの人数はいるのに、肝心なところに足りてない、という事態でした。
今回はそうい問題点は大分改善されてると思います。

よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

記録的豪雨

Photo

・鰆の西京焼き
・かぼちゃの煮物
・人参のたらこマリネ
・玉子焼き
・じゃがいも照り焼き
・プチトマト スナックエンドウ

Photo_2

・胸肉のハニーマスタード焼き
・酢レンコン
・いんげんの胡麻和え
・しば漬け
・ちくわ梅しそ巻き
・おむすび
・玉子焼き

 

 

Photo_3

・チキンピカタ
・おむすび
・玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・プチトマト スナップエンドウ レタス
・人参のタラコあえ

 

続きを読む "記録的豪雨"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

刺繍&リバティのバッグ

Dsc_1335

ホビーラホビーレで買った、バッグのキットです。

柔らかなハーブのお花の刺繍に、リバティの「スリーピングローズ」という柄を合わせてます。
メインの花はラベンダーなんですけどね。
そんなの気にならないくらい、布合わせが素敵だったので迷わず購入しました。
この図案で他の小物も作れそうですしね。

 

裏地には綺麗な紫の生地を貼ってます。

 

Dsc_1343

青木和子さんのタッチに似てますが、違う刺繍作家さんです。

お花の説明はなかったけど、セージやラベンダー系の花がメインっぽいです。

 

 

Dsc_1338_2

蜂も飛んでますよー。

 

普段いつもトートバッグで出勤しているのですが、
プリント類を入れるぺたんこバッグをずっと探してて、
どうせなら手作りしてテンションあげようと思い、一昨年くらいにキットを購入してました。

 

持ち手がちょっと左よりなのはご愛嬌。

中にいれたプリントがちょっとはみ出ちゃうのもご愛嬌。

 

 

 

 

 

                        ※

高橋大輔さんの復帰のニュースを娘からのLINEで知り、度肝を抜かれました。

いやーこわいこわいこわい。なんという茨の道を選んだのだ。

何も手がつかなくなるから、記者会見もテレビやネットのニュースも見てません。

ニュースが出る度にチャンネル変えてるのに、何故かマメに録画する旦那このやろー。
完全に面白がってます。

 

 

4年ぶりに現役復帰。しかも1年だけ????
ニュースを追ってないので、何故本人がそういう考えに至ったかよくわからないけど、競技プロが又見れるのはすごく嬉しいのも事実。

 

がんばってね。 

 

そっと陰ながら応援してます。

 

いや、でもえー?ほんとまじでやるのかい? 大ちゃん。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »