« 黒酢豚 | トップページ | 刺繍&リバティのバッグ »

2018年6月30日 (土)

アジサイの花付き

Photo_2

・茶巾ずし
・胸肉のきじ焼き
・ブロッコリー
・人参と塩昆布の胡麻和え
・スナックエンドウ

 

Photo_3

・アスパラガスの肉巻き
・玉子焼き
・糸こんにゃくのタラコ和え
・シシトウのグリル
・ミニトマト

 

Syuumai

・焼売
・筍の佃煮
・破竹と小松菜の煮浸し
・だし巻き卵
・鮭の塩焼き
・プチトマト

 

マツコの番組に出てた「ザ・シューマイ」に誘発されて久しぶりに焼売を手作りしてみましたが、程遠いシロモノができてしまいました。

美味しくないわけじゃないけど、ザ・シューマイの方が味も深くて食感も断然良いです。
ザ・シューマイは私には味がちょっと濃いですけど、コンセプトががっつり食べたい男性向け、ということだそうなのでこの点も納得。
いいビールのおつまみにもなりましょう。

冷凍食品であれだけ本格的な焼売を作った味の素さんの企業努力にただただひれ伏します。

 

 

 

 

Photo

雨の中をしっとりとガクアジサイ。

 

Photo_4

こちらはアナベルです。
根元が乾燥しないようにリシマキアヌンムラリアを植えてます。

 

Photo_5

これは秋色アジサイ。
春から秋までの間色が緑→ピンク→赤→茶色に変化します。

 

今年は裏年なのか、今ひとつ花付きがよろしくありません。
花もちょっと小さいかな。

 

クレマチスにしてもそうなんだけど、なんで花屋さんのアジサイは背丈が低くて花が大きいんだろう?と思って調べたら、矮化剤(わいかざい)というホルモンを使い、人工的に樹高を小さくしたり花をたくさんつかせたりして出荷されてるんだそうな。
本来の栽培サイクルではなく無理やり花を咲かせているので、株に負担がかかり翌年咲かず翌々年に咲いたりしてるんですって。

 

なんとなく想像ついてたけど、お花屋さんの花って結構なストレス抱えて売られてるんだね。

まだ株が若いから根が成熟してないかもしんないけど、花後に思い切って枝抜きしたら一つ一つのお花が大きくなるかな。

|

« 黒酢豚 | トップページ | 刺繍&リバティのバッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/73774602

この記事へのトラックバック一覧です: アジサイの花付き:

« 黒酢豚 | トップページ | 刺繍&リバティのバッグ »