« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

アジサイの花付き

Photo_2

・茶巾ずし
・胸肉のきじ焼き
・ブロッコリー
・人参と塩昆布の胡麻和え
・スナックエンドウ

 

Photo_3

・アスパラガスの肉巻き
・玉子焼き
・糸こんにゃくのタラコ和え
・シシトウのグリル
・ミニトマト

 

Syuumai

・焼売
・筍の佃煮
・破竹と小松菜の煮浸し
・だし巻き卵
・鮭の塩焼き
・プチトマト

 

マツコの番組に出てた「ザ・シューマイ」に誘発されて久しぶりに焼売を手作りしてみましたが、程遠いシロモノができてしまいました。

美味しくないわけじゃないけど、ザ・シューマイの方が味も深くて食感も断然良いです。
ザ・シューマイは私には味がちょっと濃いですけど、コンセプトががっつり食べたい男性向け、ということだそうなのでこの点も納得。
いいビールのおつまみにもなりましょう。

冷凍食品であれだけ本格的な焼売を作った味の素さんの企業努力にただただひれ伏します。

 

 

 

 

Photo

雨の中をしっとりとガクアジサイ。

 

Photo_4

こちらはアナベルです。
根元が乾燥しないようにリシマキアヌンムラリアを植えてます。

 

Photo_5

これは秋色アジサイ。
春から秋までの間色が緑→ピンク→赤→茶色に変化します。

 

今年は裏年なのか、今ひとつ花付きがよろしくありません。
花もちょっと小さいかな。

 

クレマチスにしてもそうなんだけど、なんで花屋さんのアジサイは背丈が低くて花が大きいんだろう?と思って調べたら、矮化剤(わいかざい)というホルモンを使い、人工的に樹高を小さくしたり花をたくさんつかせたりして出荷されてるんだそうな。
本来の栽培サイクルではなく無理やり花を咲かせているので、株に負担がかかり翌年咲かず翌々年に咲いたりしてるんですって。

 

なんとなく想像ついてたけど、お花屋さんの花って結構なストレス抱えて売られてるんだね。

まだ株が若いから根が成熟してないかもしんないけど、花後に思い切って枝抜きしたら一つ一つのお花が大きくなるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

黒酢豚

Photo

黒酢豚 
・いんげんの胡麻和え
・にんじんのナムル
・だし巻き卵
・プチトマト

 

 

Photo

・豆ご飯
・鮭の塩焼き
・ズッキーニのチーズ焼き
・玉子焼き
・かぼちゃのグリル
・さやいんげん

 

Dsc_1199_2

・つくねの照り焼き
・にんじんのたらこ和え
・玉子焼き
・かぼちゃの煮物
・ブロッコリーと小エビの和物

 

 

 

 

↑の黒酢豚はコウケンテツさんのレシピです。
黒酢と黒砂糖を入れるのでまろやかに仕上がります。
筍の代わりに入るれんこんの歯ごたえもいいです。

 

酢豚は旦那さんの大好物なのですが、工程が面倒なのと、子供の頃私があんまり好きではなかったので、作ったのは今回入れて人生で2回くらい。

 

嫁がなかなか作ってくれないので、外食で酢豚頼んだり、スーパーの惣菜パック買ってきたりしてた旦那さん。

ほんとすまんかったよ。

 

 

 

 

でもね面倒なんだよ。^_^

 

友人にそのハナシをすると、「あーわかる。うちの旦那も春巻き大好きなの知ってるけどあんまり作ったことないもん。」と言ってました。

 

こういう中華は手間がかかるからぶっちゃけ外食がいいと思うんですよね。

 

特に酢豚は原価率が一番高い中華らしいですしdelicious

 

次に作るのは何年後になるかしら。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

カノンコード

Dsc_1185

・ハンバーグ
・ブロッコリーレモン塩
・にんじんのグラッセ
・パセリ粉ふきいも
・塩卵
・プチトマト
・さやえんどう

 

Photo

・白身魚 メンチカツ(惣菜)
・粉ふきいも
・パセリ入り玉子焼き
・にんじんのたらこ和え
・プチトマト レタス

Dsc_1189

・トマトとホタテのバジル和え
・ナス南蛮
・たらここんにゃく
・ノリ入り玉子焼き
・にんじんとかぼちゃのグラッセ
・さけとしそごはん

 

 

 

 

 

 

 

ラジオで「大阪で生まれた女」が流れてきて、間奏、伴奏を聴いていると、
あ、これ、パッヘルベルのカノンじゃん!ってアレンジが出てきたので確認するために検索かけたら似たような曲がうじゃうじゃでてきた。

なんだ。

業界では有名なコードなのね、きっと。

今更かもしれませんが。動画主さん、お借りします。

すごい。100曲ですって。

なんだか耳になじむ~~

海外にもいっぱいあるんでしょうね。

ところで私はこの曲を上田正樹さんが歌っているとずっと勘違いしてました。
たぶん、BOROさん、上田さん、河島英五さん、たかじんさんあたりの曲の分別はいまだあやしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »