« この世界の片隅に | トップページ | マンゴーのヴェリーヌ »

2017年8月28日 (月)

クオカさん

Photo

・鮭の塩焼き
・だし巻き卵
・プチトマトのバジルペースト和え
・かぼちゃの煮付け
・なすの甘辛煮
・人参と枝豆のマリネ

 

Photo_2

・カレーピラフ
・アジフライ(梅)
・きゅうりのしそ梅和え
・ナス南蛮
・ポテトサラダ
・ゆで卵

Photo_4

・ささみのシソアラレ揚げ
・塩卵
・人参のマリネ
・じゃがいもソテー
・ズッキーニのソテー
・プチトマト

 

                                                  ※

PCのメールをチェックしてたらびっくり。

【重要】cuoca事業譲渡に関してのお知らせ  とな。

 

以下、メールをコピペ。

「2017年9月1日(金)より、cuocaTOMIZ(株式会社富澤商店)の一員となります。
食材・道具の商品力、幅広い品揃え、店舗展開で多くのお客様に支持されている株式会社富澤商店(TOMIZ)の一員となることで、これまでcuocaが手がけてきた商品、レシピ・動画コンテンツがより多くのお客様に支持されることを目指します。今まで以上に多くのお客様にご支持いただけるよう、サービスの拡充に努めてまいります。」

え?え?え?

さらっと前向きなこと書いちゃってるけど

クオカって富澤商店の傘下になるの?
両方の会員だけどどうなるの?

 

ってわけで個人情報の取り扱いについてさらにコピペ↓

「この度の事業譲渡に伴い、ご登録いただいております会員情報は株式会社富澤商店に移管されます。

株式会社富澤商店への事業譲渡に伴う契約上の地位移転につきましてご同意承諾いただけない場合、201783124時までに、マイクオカから、会員の退会をお願い致します。

 

 

へーえーえーえー 

この、「地位移転」って響きがなんかせつない。

なんかショック。。。いや、ショックじゃないか。
なくなるわけじゃないし。

でもさ、ってことはクオカでしか取り扱ってなかった商品の送料が安くなる?

大好きなレシピはそのまま見れるんだね?  朗報?

 

 

※追記:トミーズの送料は地方によって違うんですね。

ちなみにcuoca(クオカ)とは料理人・コックを意味するイタリア語なんですと。

「家族や友人、恋人を思い、料理でおもてなしする人のことを広く「cuoca」と定義しています。」

って現HPに書かれてるのを見てさらに意味不明の郷愁感に襲われる。

お菓子作りを始めて最初に利用した通販がクオカさんだったからさ。。。

 

 

しかし富澤商店強いなぁ。

富澤さん一強時代になる予感。

|

« この世界の片隅に | トップページ | マンゴーのヴェリーヌ »

コメント

おはよーございます。

メール見て、うわーーー!!と思うと同時に「やっぱりな」感もありました。cッタさんの方が展開が派手だなと思ってたんですが、富澤さんの方が体力があったんですね。
私も、始まりはクオカでした。
たまに、吉祥寺か新宿の店舗に行くのも楽しみで、新宿店がなくなったときに「?」と思ってました。
高いし(笑)

投稿: Heaven | 2017年8月29日 (火) 10時39分

へぶんさん

まじですか。やっぱ危機感あったんですね。
そういえば今年、クオカのバレンタインキットがふつーにスーパーにあっておお?と手にしたけど「高いなあ」と棚に戻したのを思い出しました。
ねー、クオカブランドが消えるのちょっと寂しいですけど仕方ないのかなあ。

ネット取引の先駆けをしたのはクオカさんだけど、
一番の老舗で、工場も店舗もいっぱいあるのが富澤さん?
で、SNSの情報網をうまいこと取り込んでるのはお洒落なCッタさん?
さらに安さで言うと100均の製菓コーナーも侮れないですよね。


って驚いてた矢先、今朝は北のニュースに全部持っていかれましたね。ほんとやめてほしい、かりあげくん。


投稿: 菜さくら | 2017年8月29日 (火) 14時53分

ご無沙汰しています、kamoです。

私もびっくりでした。

最近は、クオカさんも富澤さんもあんまし利用していません(ごめんなさい)が、富澤さんの店舗の進出はあれ~、多いな~と思っていたので、そうだったのか?と思った次第です。
私も、クオカさんは、送料の安さと通販で取り扱いの先駆けということで愛用しておりました。

その後、
通販と云えば、もう一つ成長著しい、Cッタさんや、宅配当日という荒技をし扱う商品も多いAマゾンなどに押され気味か?とも思っていたり、前は特集記事とか、応募企画などもいろいろあったのにもかかわらずなぜか無いなあ~とも思っていました。(ROM好きなので)

話が変わりますが、菜さくらさんがちょっと前にアップしていました映画ですが、原作の漫画は読みました。
映画は旦那が観に行ったようです。(私はまだ~。)

のんちゃんの声優ぶりが良かったそうです。

この間の北が、飛ばしたもので、襟裳岬付近の方々が大変な事になってしまったら、もしかするとこの漫画のようなことが起こりえたのかもしれないなあとも思い、ぞおーとしましたし、怖かったです。

投稿: kamoko | 2017年8月31日 (木) 15時07分

kamoさん

わ~ご無沙汰してます。
ねね、我々@nie's世代はクオカさん贔屓でしたよね。
時代ですねぇ。


そそそ、北がミサイル打った時、まさにこの世界~思い出しました。
しかもいきなりだったでしょう?
ヒロシマ原爆がそうだったんですよね。呉はよく空襲ありましたけどー。ざわざわします。
で、このまま日本が威嚇に利用されて再々アラートが鳴って、はるみさんみたいに、「Jアラートもう飽きたあ(>0<)」とか言うようになったら嫌だなあ。と。

ご主人さんにリンさんと周作さんの関係をネタバレしませんでした? 笑
映画しか観ていない友人にそのことを言うと、「周作にはがっかりだ!」ってぼやいてましたw

投稿: 菜さくら | 2017年8月31日 (木) 19時14分

kamoさんへ 追記です。

ヒロシマの原爆は一応直前に警戒警報というのはあったけど解除されてひるんだところに落とされたのでした。

投稿: 菜さくら | 2017年8月31日 (木) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/71549776

この記事へのトラックバック一覧です: クオカさん:

« この世界の片隅に | トップページ | マンゴーのヴェリーヌ »