« 2017年世界フィギュア | トップページ | ティーチーズケーキふたたび »

2017年4月13日 (木)

真央ちゃん

Photo

・ホッケとしそと梅のちらし寿司
・タラの芽のてんぷら
・ネギ入り卵焼き
・ほうれん草の胡麻よごし
・かぼちゃのソテー

娘達曰く、この↑お弁当がダントツ美味しかったそうな。
タラの芽のてんぷらがヒットしたもよう。
季節の恵みが一番のご馳走ですものね。

 

Photo_2

・おむすび
・塩卵
・人参とレーズンのマリネ
・ほうれん草の味噌和え
・とりとなんこつのつくね(冷食)

 

Photo_3

・鮭ふりかけ
・卵焼き
・なすのピリ辛うま煮
・ソーセージソテー
・かぼちゃの煮付け
・ほうれん草の胡麻和え
 

 

鮭4匹をオーブントースターで焼いてしばらく放置してたのですが、自動設定を間違えたのか、カピカピのジャーキーのような無残な姿になってしまいました。
鮭とばよりもかっちかち (´;ω;`)

ちょっと戻して骨ごとフープロで刻み、ふりかけにしました。
舌触りがざらざらで、あんまり救済になってないけど、カルシウムはとれるかな、うん。 

 

 

 

 

 

 

                           ※

 

 

「私の生きがいが私の生きがいが私の生きがいがーーーーー!!!!゚゚(゚´Д`゚)゚」

真央ちゃんの引退速報に、ファンである近所の友人が放心(乱心?)状態でラインしてきました。

 

 

 

わかるなあ。
スケート自体をやめるわけじゃないんですけどね。
競技とアイスショーでは注目のされ方が全然違うし、我々観客側の緊張感、ワクワク感も全然違う。

試合前の「浅田真央さん、ニッポン!!!」とか

「リプリゼンテイングジャパン マオ アサーダー!!!」

などのコールがなくなると思うとファンは切なくなっちゃいますよね。

 

 

どんな時でも、不器用なまでに、高みを目指してた真央ちゃん。

 

 

彼女のトリプルアクセルは最大の武器であり、アキレス腱でもありました。

最後までこだわり続け、不調の中決死の覚悟で臨んだ全日本選手権は決して良い成績ではありませんでした。

でも、やりきったと笑顔で会見する真央ちゃん。

 

久しぶりに彼女の声を聞いたけど、ほっとしたというか、ほわわわわ~と温かい気持ちになりました。

 

 

 

今まで沢山の感動をただただありがとう。

 

 

お疲れ様でした。

 

 

 

Photo1

|

« 2017年世界フィギュア | トップページ | ティーチーズケーキふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/70238955

この記事へのトラックバック一覧です: 真央ちゃん:

« 2017年世界フィギュア | トップページ | ティーチーズケーキふたたび »