« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月27日 (土)

レンガ庭完成

Photo

庭のれんが貼りが終了しました。

Photo_2

灼熱の太陽に焦がされながら、スタイリッシュな おばハットを被り、
首には保冷剤をくるんだタオルを巻いて黙々と作業した2016年の夏。

そして、BBAは宣言通り、この夏のがんばりで3キロ落としましたよ♫
たぶん、1トン強の資材(レンガ450個×2キロ と 砂類300キロ)を運搬した時のスクワットが効いたんじゃないかと。 (でも中身が悪かった。悪玉コレストロール値は去年よりあがってました。)

庭を見た友人は、狂気を感じると笑ってました。 

どういう意味だ。。。

 

さあさあ、なにはともあれそのがんばりを見てやってください。

Photo_3

庭への入口です。 手前のアンティークなレンガ道はよく目のつく場所なので奥のレンガよりもちょっぴり割高なものを使いました。 砂利の下にはすべて防草シートを敷いています。

 

Photo_4

2階から撮影。 レンガの小道を進んでいくと

Photo_5

円形に並べた安いレンガと交わります。

Photo_6

このレンガは濃い茶色だったのですが、乱石の色とのコントラストが強すぎるのと、アンティークレンガとの質感が違うので、あえて表面を白っぽくして統一感を出してみました。

白っぽくした、と言っても仕上げを雑にすると↑あんな感じで粉をふくのですw
予想外に白くなってしまいました。笑 
表面についたモルタルを乾く前にきちんと拭き取ると元の色がでます。

 

Photo_7

10年前。うちはグリーンが鮮やかな芝庭だったのですが

Photo_8

ほんの数年でコケだらけの禿げ芝になってしまい、

Photo_9

コケ対策をしても全然減らないので
伝家の宝刀、シャークホーでコケごと芝を全部削り取りました。

これも結構な労力でしたよ~TT。

 

や、今でも芝庭は好きですよ。
地熱による温度の上昇も緩和してくれますし雑草防止にもなります。

でもシンボルツリーの落ち葉がめっさ多いので、
レンガ敷きにしたほうがとっても掃きやすいんです。

Photo_12

これは15年前、引っ越した時にじじと記念樹を植えようとしているところかな。
次女ちっちゃ! 笑

当時の庭は殺伐としていました。

なんにもない庭ならまだいいのですが、3メートル強のワイルドな松や虫食いだらけの生垣があったので、まずそれを抜くところから始めた庭作業でした。

ゼロからではなくマイナスからのスタートだったんです。

Iphone

現在の全貌です。スマホのパノラマ機能で撮影してみました。

うん、がんばった。

うちの庭は常緑の生垣や低木が多いので、地面まで緑じゃなくてもいいかなー。

レンガ作業の他に

Photo_14
シンボルツリー周りに埋まってたピンコロ石を掘り起こして並べ替え、(下がafter)

 

Photo_15
西側通路や

 

Photo_16

東側通路や

 

Photo_17
北側通路の雑草も抜きました。(左before 右after

)

来週、ここに雑草防止の薬剤をまきます。

これで当分雑草から開放される~~~♫

この雑草取りに追われて、ここ数年、内庭には花を植える余裕がありませんでした。

一年草や宿根草を植えるのも今後の楽しみでもあります。
何がいいかな~♫

 

 

長文におつきあいいただきありがとうございました。m(_)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

リバティが好きな理由

Yokomoji

スモールスザンナという生地をデコパージュして作ったスマホケースです。

ひまわり柄だけど、リバティだから子供っぽく単調にならないところがスキ。

本来、スモールスザンナはもっと大柄だけど、これはホビーラホビーレのオリジナルで80パーセントの縮小柄だから、小物作りにはぴったりです。

Photo

内側は汚れにくいのでデコパージュしていません。
こちらが本来の色合い。 優しくて品がありますよね。

Photo_2

今回のキモは 留め具の部分の柄合わせをしたこと。

プレゼントした友人は速攻で気づいてくれました。(´∀`*)

Fullsizerender

彼女が元々持っているキーケースとお揃いの柄です。

Moji

ストラップホールもあるので、ストラップの付け替えもできます。

 

数ある花柄プリントの中でもなぜこれほどまでにリバティに惹かれるのか、友人と話してたんだけど、「華やかさ」の中に「ギリギリの不気味さ」があるからじゃない?って結論になりました。

Photo_3

よく見たらこのひまわりの柄なんて、見方を変えるとリアルで生々しいというか、ちょっとキモイですよね?笑

そういった意味ではカーテン柄で有名なウィリアムモリス もそうだと思います。

華やかさの中にアクセントとして「闇」の部分が入るけど、ギリギリのところで下品にならない― そのさじ加減が絶妙なんじゃないかと。

リバティやウィリアムモリスにはあってローラアシュレイやキッドソンにはないスパイス。

若い頃は後者のほうが断然好きだったのに。

年とって嗜好が変わったせいもあるかな。 笑

ボタニカル柄が流行ってるせいもあるかな。 そういうことにしておこう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

祝・日本メダルラッシュ!

Photo

・おむすび
・チキンソテー
・塩卵
・ジャガイモのハーブ焼き
・かにかまとキャベツとしその浅漬け

Photo_2

・麻婆茄子
・海老とトマトとアスパラガスのレモンマリネ
・かぼちゃの煮物
・玉子焼
・しそごはん

                        ※

Photo_3

12日16時の時点での金メダリストの皆さん。
ほんと、神の域ですね。
おめでとうございます。

日本代表選手団メダリスト・入賞者一覧はコチラ⇒

さてさて、内村選手や荻野選手も素晴らしいですが、今のところ、私的に一番盛り上がったのは今朝の水谷準選手の銅メダルです。
単に他競技をタイムリーに観てなかった、というせいもあったのですが、
卓球はやっぱ学生時代からかかわってきたスポーツなので特別な思いがあります。
愛ちゃんの準決勝、3位決定戦もじーっと正座して観てました。(愛ちゃん、団体戦がんばって!!!)

昨晩の男子準決勝は旦那が他番組を観てたので、仕方なくパソコンの2ch実況スレッドで見守り応援。

何人もの2ch住民が「行けー!!!!!波田ーーーーーーー!!!!!!!」
と応援してたんだけど、誰?波田って?

Mizutani_2

なるほど、波田陽区さんか。笑 似てますね。

 

画像撮りしたものですが、↑にテロップも出てます。
最近は緊急速報でメダルの獲得を知らせてくれるんですね。
地震速報と同じ音なのでちょっとドキッとします。

エースとして並々ならぬ努力をして男子卓球界を引っ張ってきた27歳。
準決勝では金メダルの馬龍に負けたものの、善戦して2セット奪いました。
3位決定戦ではエッジボールやネットinしたボールも拾いまくって得点できる集中力がすごい!!!

お顔は波田陽区さんだけどかっこよかったよ!!!!感動をありがとう!!!!

 

 

銅メダルが決まった瞬間の水谷選手が素敵だったので貼っときます。↓

Mizutani2_2

Mizutani3

Mizutani4

Mizutani5

 

ほっとして力が抜けるんでしょうね。

男子選手の、吠えたりガッツポーズしたり、天を仰ぎ見るシーンが大好きです。

Photo_4

ちなみにこれは、ウィンブルドンで8強入りしたのが嬉しくて寝てるしゅうぞう。
熱すぎて、周りの人々に放置されてたような、、、。

 

 

さてさて、リオオリンピックも折り返し地点ですかね。
地球の裏側で頑張ってる選手の皆さん、最後まで怪我なく、力を出し切って頑張ってくださいね!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

野良さん

Photo_3

・鰻と舞茸の炊き込みご飯
・マッシュポテトとほうれん草の海苔巻き
・かぼちゃの煮物
・玉子焼
・枝豆

Photo_4

・ハンバーグ(冷食)
・かぼちゃのソテー
・とうもろこし
・プチトマト レタス
・塩卵

Photo_5

・鮭の塩焼き
・ほうれん草とソーセージのソテー
・ジャガイモのバター焼き
・玉子焼
・ゴーヤの佃煮

 

 

                            ※

 

続きを読む "野良さん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

ザ・アイス大阪2016

Photo

・茶巾ずし(えび ちらし ミツバ)
・ごまの細巻き(かにかま きゅうり)
・にんじんのみそきんぴら
・甘辛ごぼう
・ズッキーニの肉詰め
・ミニトマト

 

Photo_4

・ゴーヤと豚肉のオイスターソース炒め
・かぼちゃの煮物
・ジャガイモのハーブ焼き
・玉子焼
・鮭

 

Photo_5

・ゴーヤチャンプルー
・玉子焼
・ほうれん草のおひたし
・鮭としそのちらし
・プチトマト

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

Top011

先週末、近所の友達とザ・アイスを観に大阪に行ってきました。

続きを読む "ザ・アイス大阪2016"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »