« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

安物買いの銭失い

Photo_2

・エビチリ
・アスパラガスの塩ゆで
・きんぴらごぼう
・玉子焼
・マイクロトマト レタス
・かぼちゃのソテー

 

Photo_3

・いわしのつくね
・切干大根入り玉子焼
・ピーマンと天かすのソース炒め
・マイクロトマトとコリンキーのマリネ
・にんじんのきんぴら

Photo_4

・からあげ
・にんじんとズッキーニとトマトのマリネ
・きんぴらごぼう
・ネギ入り玉子焼
・ナス南蛮
・さつまいものレモン煮

 

 

 

                          ※

 

あーあついあついあついあついι(´Д`ι)暑いですねえ。

庭にでかいカツラの木があるんですが、超蝉軍団が超本気で鳴いているので、より一層汗がふきでる思いです。

もう夜の7時半だよ。。。

 

さて、そんな庭の進捗状況です。
わかりにくいとは思いますが、奥が最初に作ったアプローチ部分で、乱石のあたりが庭正面です。

 

Photo

ここまででレンガ120個使用。(内、よく目に付くアプローチ部分にはいいレンガ@140円✖70個 それ以外@108円✖50個 トータル15,200円)

そんで、本日54個買い足して トータル21,032円也。

うっ。゚(゚^o^゚)゚。 安物外の銭失いなんて声が聞こえてきそうですが、
ここまできたらもう引き返せないのでもうちょっと買い足す予定です。

 

「業者に頼むとね、、、高いのよ!!!」と聞かれてもないのに旦那に説明する嫁。そしてまだ金額に触れずにいる。

Photo_4

 

2階から写してみると歪んでるのがわかりますよね。
時々上から見て修正していきます。

 

Photo_3

今日はウッドデッキも2回防腐塗装しました。

子供が小さい頃はここでプールをさせ、現在は主に洗濯物を干していますが、吐き出し窓のレベルと一緒なので出入りがとても便利で重宝しています。

設置してから15年選手の年季ものですが、もうちょっとがんばってもらいたい。

 

 

 

さてさてさて。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
明日は夢にまで見たアイスショー「ザアイス」を観に大阪まで行ってきます。

生選手見るの3年ぶり。
かーっc(>ω<)ゞ
楽しみすぎて眠れなかったらどうしよう。

過去3回の観戦はいずれも前の晩に興奮しすぎて眠れず、試合中に寝てしまった過去があり。
遠足前には眠れてたのになんで?
幸せなことですけどね。

 

快く送り出してくれる家族に感謝して楽しんできます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月26日 (火)

チョコ生クリーム失敗

Photo

アメリカンチェリーのコンポートとチョコクリームをココアシフォン生地で巻いたロールケーキです。

久しぶりに作った鬼門のチョコクリーム。
見事に分離しました。 (´;ω;`)

うーえー

分離して油っこくなったチョコクリーム久しぶり(´;ω;`)

もったいないので温めて乳化させた後、アイスクリームにして家族に食べてもらいました。

 

室温が高いからなかなか固くならなくて、氷水にあててしつこく泡立てたのが原因かな。
後、市販のチョコも分離しやすいみたいです。

2回目(画像)はクーベルチュールチョコを使って、分離寸前まで泡立てて、しばらく冷蔵庫に入れたらロールケーキを巻けるほどの固さになりました。

Photo_2

お世話になっている友人3人にあげたのですが、
そのうちの1人は量が少なかったので、
急遽冷凍しておいた生地でロミアスを焼いて添えました。

 

 

 

 

 

 

                       ※

Photo_3

またもや近所のホームセンターで大量のレンガを買い足したけど、
トランクに1度に載せすぎて途中後輪がパンクするかと思いました。

あれ以上載せてたら前輪が浮いてウィリー走行してたかもな。  ははは(@^▽^@)

 

・・・冗談でも旦那には言えない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月21日 (木)

一石二鳥

Photo

・焼肉丼
・塩卵
・にんじんのマリネ
・ズッキーニのソテー
・長芋の甘辛
・プチトマト

ノリをちぎって入れるのを忘れてた~

 

 

Photo_2

・しそとゆかりのおむすび
・ほうれん草のソテー
・ケチャソーセージ
・ひじき入り玉子焼
・レモンなます
・なす南蛮

 

Photo_3

・ツナのペペロンチーノ
・ナスのソテー
・にんじんのみそきんぴら
・中華だんご(ギョーザのたねのあまりもの)
・プチトマト  玉子焼

 

オイル系のパスタを一口サイズにくるくる丸めてお弁当に入れるとくっつかず食べやすいです。
そうめん方式ですね。

 

 

続きを読む "一石二鳥"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

塩さばのコンフィ

Photo_2

・塩さばのコンフィ
・玉子焼
・にんじんの黒ごまドレッシング
・ほうれん草のみそ海苔巻き
・コリンキー(生食かぼちゃ)とカニカマのきんぴら
ごぼうの甘辛(まさきちさんのレシピ)

 

 

Photo_3

・オムレツ風玉子焼
・にんじんのきんぴら
・明太ズッキーニ
・マイクロトマト レタス
・豚肉の甘辛

 

Photo_4

・あじの梅しそフライ(アジフライに後から無理やりしそと梅をつめたもの)
・にんじんのタラコ和え
・ズッキーニのソテー
・なす田楽
・玉子焼
・レタス

 

 

                        ※

 

 

鯖料理が苦手ですー。
鯖の種類や時期にもよるんでしょうが、鯖の味噌煮、鯖の塩焼きをすると中心部は味気なくて、ぱさぱさしててオイシクナイんですー。    私が作るとね。

だもんで、最近はもっぱら生協の淡塩さばを買うんだけど、これがちょっと財布に優しくないお値段で庶民は頻繁にいただけず。。。

なんとかお手軽に柔らかい鯖が食べれないだろうかと、思いついたのが、
低温油煮調理法で作る鯖のコンフィです。(いや、とっくに他の方がレシピアップしてますけど)

さらに!塩さばだったら下味する必要がないからすぐに調理できるじゃん!と思いつき(この方法もとっくに見出されてますけど)

 

51hioao8ygl1

こういうの。買ってきました。
バリューでフィレ1枚80円のやつ。

 

Photo_5

黒胡椒をまぶした塩さば(2フィレ)を一口サイズに切り、少量のオリーブオイル、ローズマリー、ローリエ、にんにくと一緒にジップロックに入れて空気を抜き、80度前後の熱湯を炊飯器にはって炊くこと保温で30分。

 

 

柔らかくて美味しいのできました。

 

でもあれかな、ちょっとこれって鯖缶っぽいというかシーチキンっぽいというか。
なんか食べたことある味。 まいっか。 

トップ画像のお弁当の鯖は玉子焼焼いた後の焼き器でさっと皮目を焼いてます。

 

残ったコンフィは

Photo

ペペロンチーノにしていただきました。

オイル漬けにした時のオリーブオイルとにんにくを使って、トマトも一緒に。

さばはふっくら。 パスタもコクがあって美味しかった。 

※そうそう。トップ画像の玉子焼ですが、結構濃い目の色に焼けました。(前記事⇒
Sサイズの特売卵で、何故か薬局に置いてあるのですが、いつも地元の養鶏場さんから仕入れているみたいです。
Sサイズでも黄身の重さは他サイズとあんまり変わらないから、白身が少ない分黄色が濃くなったのですね。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

髪切った。

Photo

・生姜焼き
・ズッキーニのチーズ焼き
・なすのレモンソテー
・にんじんのたらこあえ
・玉子焼
・ほうれん草ときんぴらごぼうの海苔巻き
・プチトマト

 

Photo_2

・レンズ豆のドライカレー
・ゆで卵 プチトマト
・舞茸の山椒焼き
・ピーマンの塩昆布炒め
・ソーセージ
・かぼちゃのサラダ

 

Photo_3

・雑魚セロリ炒め
・なすの味噌炒め
・豚肉の生姜焼き
・きんぴらにんじん
・玉子焼
・プチトマト

 

 

                          ※

 

 

時間がぽっかり空いたので美容室に行ってきました。

「ばっさり切って、パーマかけて、襟足に癖があるのでそこにもがっつりパーマかけて、色がぬけた根元に部分カラー入れて、分け目つけずにぼさっとした感じにしてください」といつも具体的に注文するせいか、美容師さんが変わってもほぼ同じ髪型に仕上げてくれます。

ここ数年の私の髪型はショートマッシュウルフというらしい。へー。

クールっぽい名前だけど本人めちゃめちゃ丸い日本顔。 残念。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月12日 (火)

夏の玉子焼

Photo

・ジャガイモのお焼き
・かぼちゃのハーブソテー
・マーボーなす
・アスパラガスのボイル
・塩卵
・マイクロトマト

 

Photo_2

・しゃけとシソのまぜごはん(右) 鮭の塩焼き(左)
・切干大根入り玉子焼
・かぼちゃの煮物
・なすの南蛮漬け
・アスパラガスのごまよごし
・ポテトサラダ プチトマト

 

Photo_3

・ハンバーグ
・しそ入り玉子焼
・かぼちゃのカレー焼き
・ブロッコリーのおひたし プチトマト

 

 

 

 

夏に作る玉子焼って薄くないですか?

卵を割ると、白身が水っぽくって、黄身の色も薄い気がします。

-夏は暑くて鶏さんが水ぱっか飲んじゃうから白身は水っぽくなる。-
それはわかる。メレンゲを扱う方は夏場「むむむ」と困ることもありますよね。

一方、黄身の濃淡の色は食べさせる飼料により変わると聞きます。

トマトやパプリカや、とうもろこしを混ぜると濃い色に。
米や麦を与えるとレモンイエローに。

んじゃ、夏場の黄身が特にうすく感じるのはなぜなんだろう?
トマトやパプリカやとうもろこしをエサに混ぜれば濃い色になるみたいだけど、それだったら夏野菜が沢山採れる夏なんて他シーズンよりも発色がいいはずじゃーん。

と思うんだけど。

 

【たまご豆知識】夏のたまごは水っぽい!?

この記事を読むと、なんと黄身の色がうすいのは鶏が夏バテしてエサをあんまり食べなくなるからですって。

へー。ってことは栄養価も低くなるの?味も薄くなるの?

 

あれかな。夏場はエサを食べなくなると、卵の数も減るから、コスト削減のため、色素の元になる野菜の配合率を減らしているのかな。

専門家によるとそういった野菜は、消費者の嗜好(濃い色のほうがいい)に応えて入れてあるものであって、入れても入れなくても栄養価は変わらないんだとか。

 

 

いずれにせよ鶏さんの生理現象によるものだから夏場の卵は色がうすいものと考えるのが自然なのでしょうね。

着色料(自然じゃない、あかんやつ)を混ぜてオレンジ色にしている業者もいるみたいですし、そんなものに比べたら全然おっけ。

 

ちなみにうちの娘たちは、濃い色の玉子焼の方が不自然で、黄色の方が美味しそう、と言います。

 

色にこだわっているのは、写真映えを気にしている私だけかもしれません。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

暑くなってまいりました。

Photo_2

・火を通しすぎた炊飯器ローストビーフ
・卵焼き
・ほうれん草のノリチーズ巻き
・舞茸のソテー
・かぼちゃサラダ
・レタス プチトマト

Photo_3
※1ヶ月前の弁当

 

・牛肉とアスパラのオイスターソース炒め
・きんぴらごぼう
・さつまいものレモン煮
・破竹の山椒焼き

 

Photo_4

・鮭塩焼き
・ズッキーニとなすのチーズ焼き
・卵焼き
・キャベツとカニカマのコールスロー

 

 

                         ※

 

 

ズッキーニとなすのチーズ焼きは卵焼きを焼き終わった後の焼き器にそのまま塩コショウでソテーし、粉チーズをふりかけてひっくり返し、焦げ目をつけたもの。
以前はオーブンで焼いてたけど、こっちのほうがかんたーん。

娘達は「ズッキーニに肉はさんでたよねえ。」「え?なすもあったの?」と言ってたけど。おーい、、、。

食に関心(食欲)があってもけっして料理に関心があるというわけではないのね、、、。
わかってたけど。(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

戦いに備えて?

Photo_2

・ズッキーニの肉詰め
・塩卵
・人参のコンソメ煮
・梅しそちくわ ちーずしそちくわ
・プチトマト
・舞茸の山椒焼き
・ゴーヤの佃煮

 

Photo_2
・卵焼き
・鮭ハーブ焼き
・人参のマリネ
・白菜とシソの浅漬け
・プチトマト

 

Photo_3

・梅ときゅうりの竹輪巻き
・塩卵
・おむすび
・いわしの南蛮漬け
・ポテトサラダ

 

 

 

                            *

 

 

連ドラ「とと姉ちゃん」で、夜中の空襲警報に備え、モンペ姿で寝ている主人公達を見て、当時の切迫感、緊迫感を思うとなんとも胸が痛みましたが、
奇しくも翌日の早朝テニスの試合の為にユニフォームを着たまま寝ている長女を見て、ただただ呆れるというか、胸がざわざわしました。

はー。 (肺の底から深いため息)

女子力が行方不明のうちの大学1年生。

4時半に家を出なきゃいけないのはわかるけどね。

ギリギリまで寝ているつもりだな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »