« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月28日 (木)

郵便物

Photo

・鶏肉の照り焼き
・塩卵
・かぼちゃ&アスパラのハーブ焼き
・たけのこのナンプラー焼き プチトマト

 

Zukk

・ズッキーニのツナマヨ焼き
・出し巻き卵
・かぼちゃとプチトマトのチーズ焼き
・人参のタラコ和え
・ナスと豚肉のマーボー
・リーフレタス

 

Photo_2

Cpicon アボカドサラダ☆お弁当おかず by 春小町
・おむすび
・チンジャオロース
・ネギ入り卵焼き
・いかにんじん

 

 

 

                           ※

Photo_3

今日定形便で送られてきた黒い物体。

一瞬、「これ何?」と戸惑いながら開けてみると、

Photo_4

先日オークションで落札したパクチーの苗が入ってました。       忘れてた。。。

 

パクチーは種から育てるのは難しいと聞き、
送料込みの180円で苗を落札しましたが、
まさか長形4サイズの封筒で土まみれになって送られてくるとは。

葉っぱが若干黄色くなってるし、よれてたけど、ま、ま、そこはね。格安苗ですから。
封筒には150円の切手が貼られてるのが泣けます。

タダ同然で取引してくださった送り主様に感謝です。

 

 

 

夏頃には収穫して、

Photo_6
http://kateisaien01.com/pakuti-saibai-2447

 

わっさーと育ったパクチーをフォーにのせて食べるんだ。。。

 

Photo_5

大丈夫だ、問題ない・・・・たぶん。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

真夏の氷上祭典2016

Photo

Cpicon 酒粕を使った西京焼き by MackMom
・アスパラのマヨマスタード炒め
・いかにんじん
・チーズ海苔巻き
・卵焼き
・紫蘇ごはん

 

Photo_2

・中華ハンバーグ(餃子のタネの残りで)
・ナス南蛮
・いか人参
・だし巻き卵

Photo_3

・鳥南蛮
・卵焼き
・ブロッコリーとエビの塩炒め   プチトマト
・人参のマヨサラダ
・しらすご飯

 

                          ※

 

 

 

 

 

 

 

 

Top01

真央ちゃん座長の「ザアイス大阪公演」 のチケットとれました♪
他にも大ちゃん、しょーま、パトリックに会えるという奇跡。 スタンド席だけどな。

ワーイ(o°▽°)o(o_△_)o(o°▽°)o(o_△_)o(o°▽°)oゴロンゴロンゴロンゴロン

嬉しくて禿げそうです。 

 

 

 

アリーナ席取れなかったけどスタンド席との差額7000円で

・ 高速バス8000円⇒新幹線13000円+食事代2000円にランクUPできる   or

・ ランチ1000円✖7日分食べれる  or

・ ガリガリくん70円✖100日分食べれる(つらいかも)

と思えば悔しくない。

 

タノシミタノシミ( ^ω^ )

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

手帳型スマホケース

Photo

次女の手帳型スマホケースを作りました。

 

Photo_2

裏地にも同じリバティのナンシーアンをはりつけて。

あまーいラブリーな仕上がりです。自分じゃ選ばない柄ですね。

 

 

                        ※

 

 

お弁当画像です。

Photo_4

・ホタテ照り焼き(長女用)鮭塩焼き(次女用)
・だし巻き卵
Cpicon いかにんじん(イカ人参)LOVE福島! by まりこんぶ
・ナスの南蛮

 

Photo_5

・揚げない鶏の唐揚げ
・きんぴらレンコン
・しらたきのタラコ和え
・さくらえび入り卵焼き
・かぼちゃのソテー
・プチトマト

Photo_6

・しそ巻きおむすび
・しそと鰹節入り卵焼き
・やきそば(夕飯の残り)
・ほうれん草とソーセージのソテー
・かぼちゃのタラコサラダ
・きんぴらごぼう プチトマト

炭水化物✖炭水化物。

週末は残り物のオンパレードです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

のどやられたTT

Photo

・タラの芽と舞茸の天ぷら
・かぼちゃのカレーソテー
・おにぎり
・だし巻き
・ソーセージのケチャップソテー
・プチトマト フリルレタス

Photo_2

・ネギとさくらえび入り卵焼き
・しそと鮭のちらし
・きゅうりの梅和え
・ソーセージソテー
・酢レンコン プチトマト

Photo

・胸肉のコンフィ
・きんぴらごぼう
・白菜とゆずと塩昆布の浅漬け
・海苔入りだし巻き
・にんじんのマヨマスタード
・プチトマト

 

                          ※

職場で風邪が流行ってて、もれなく私も伝染っちゃいました。
のど痛くておかずが全部しょっぱく感じます。

最近はすーぐ観念してお医者さんに駆け込むんですけど、
病名とお薬をいただいただけで安心して治った気になるという。。。
食欲もわいてきて結果的に免疫力もあがり、今日も朝から寝坊寸前の娘達を叱り飛ばしてます。
怒りは健康のバロメーターですね。

被災地の寒暖差はどうなのかな。
どうか悪質な風邪が蔓延しませんように。
もういい加減地震止まって。coldsweats02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

庭桜

Photo

・鶏照り焼き
・いなりずし(じゃこ、しそ、紅しょうが)
・かぼちゃのサラダ
・酢レンコン
・にんじんのマリネ
・焼き銀杏
・さつまいものはちみつ煮

 

Photo_2

・白身魚フライ(惣菜)
・かぼちゃの煮物
・大根とカニカマのナマス
・にんじんのサラダ
・ネギ入り卵焼き
・ナスのソテー
・しそ雑魚ごはん

 

Omuraisu

・オムライス
・レバーのコンフィ&トマト
・雑魚ピーマン

 

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 

 

Photo_3

庭に植えても大きくならない庭桜です。次女が生まれた時に名前にちなんで植えました。

Photo_4

 

直径1センチの小さくてかわいい、八重の花です。

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

震災にあわれた方々、深くお悔やみとお見舞い申し上げます。

とりあえず離れている私たちが出来ることは祈ることと出来る範囲での義援金。
これは前回広島の土砂災害のボランティアに参加した時に痛感したことです。

ベネフィットポイントを利用して赤十字 にわずかですが募金しました。
利用していなかったポイントを慈善活動に使える点は いいなーと思います。

今回ねずみーランドのオープニングセレモニーが自粛になったそうな。
うーん、あー、わかる気もするけど、うーん、何とも言えないなあ。
ちょっと違うような。。。

それぞれの持ち場で、出来ることをやっていけばいいのでは。confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

春爛漫

Photo_4

・わらびの炊き込みご飯
・鮭の塩焼き
・卵焼き
・レンコンのナンプラー炒め
Cpicon 蕨の佃煮 by ponsuke8
・かぼちゃの煮物

Photo_2

・焼銀杏ごはん
・さくらえびとネギ入りだし巻き
・さつまいものはちみつ煮
・きゅうりの梅和え
・チキンのトマト煮
・プチトマト

Photo_3

・大葉入り卵焼き
・にんじんのたらこ炒め
・かぼちゃのサラダ
・ちくわの照り焼き
・酢レンコン
・つくね(冷食)

 

 

 

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

Photo

 

春爛漫。 

 

庭が生命力に溢れています。

近所の杉林も生命力に溢れててめまいがしそうです。(花粉飛びすぎ)

あー目を取り外してじゃぶじゃぶ洗いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

スフレチーズケーキのひびわれ③

本日3回目の更新。長くなるので分けました。
ひびわれシリーズはこれで最後です。

さて、前回ひびわれはオーブンのせいだ、と負け惜しみを言いましたが、その後ネットで調べているうちに、実はほんとにオーブンのせいじゃないかと思うようになってきました。

オーブンのせい、とういうより、熱伝導?の違いのせい?

オーブンは種類によって仕上がりが変わる

※PDFが見れない方、ごめんなさい。

うちの電気オーブンはファンで熱風を巡回させるコンペクションオーブンです。
お菓子は大抵これで焼いていました。
ファンで強制的に加熱するので早く熱が伝わります。

 

ところが、こういうオーブンで焼くと表面が破裂しやすいんだとか。

 

 

前回240°で焼き始め8分で早くも生地の表面がぶわんぶわん波打ってたのが見えて、ちょっと気になってたんですよね。

幸いにも、うちのオーブンって古いくせに、いや、むしろ旧式であるおかげで上下にヒーターがついている、「上下火」機能も選べるんです。

今回は前回と同じ、

ふんわりスフレチーズケーキ byクオカ

のレシピで、この「上下火」で焼いてみました。

すると

 

Photo_3

おお!!!!

綺麗なスフレチーズケーキが焼けました。

 

正直言うと、残り20分位のところでぴっと細いひびは入ったんですけど、冷ますとほとんど見えなくなりました。

こういう時には途中から上火弱にするといいのかな。

 

Photo_4

カットして一きれだけ試食。

うん、しゅわしゅわで美味しい。
ちょっとりくろーさんより甘いかな。

 

 

Photo_5

左は残っていたりくろーおじさんのチーズケーキで、右が今回のスフチです。

次回、もうちょっと砂糖減らして焼いてみようかな。多分、当分焼かないと思いますが。^^

 

 

                       ※

 

ところでうちの化石みたいな電気オーブン、回転テーブルもついて2段式(角皿)でクッキーなども沢山焼けます。 焼成温度はマックス300度。
マルチクッカーというのもついているので、カスタードを炊いたり、パンを捏ねることもできます。

デメリットはフラットじゃないので掃除がしにくくて、余熱に時間がかかり、トースター機能がしょぼいことかな。そしてもう廃盤になっちゃってるので、部品を取り寄せることが出来ないので故障したらアウトです。
アウトレット商品を10年前に買っているので、新品は確実にこの世から消えてると思われます。

またシャープさんでこういうオーブン企画してくれないかなあ。
パンこね機能はあまり使わないからなくていいけど。

ターンテーブルってやっぱいいと思いません?

 

 

今後壊れた時のために、おすすめのオーブンがあったら教えてください。m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "スフレチーズケーキのひびわれ③"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スフレチーズケーキのひびわれ➁

Shifon

スフレチーズケーキをたて続けに作って、家族が辟易してきたのと、
ちょっと気分転換したかったので、チョコシフォンを作りました。

えータイトル関係ないじゃん? いえいえ、実はあるのです。それはまた後ほど。

 

レシピはあいりおーさんの

cotta recipe circle * 濃〜いふわチョコシフォン♪ by あいりおー

で、ココアシフォンの中にもチョコチップが入ってます。

 

ヴァローナのココアを使ったせいか、ちょっと赤みがかって、香りがとてもいい!!!

Photo

中央はチョコチップが密集して溶けてくぼみができてますが、しっとりふわふわで濃厚~。♥

うまー。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

ヴァローナのパールショコラにすればもっとリッチなんでしょうけど、勿体無いので、普通のビター味のチョコチップにしました。

強力粉をまぶして焼いたのに溶けちゃったのは、焼き菓子用じゃなかったからかな。

 

 

これね、実は面白い焼き上がりだったんです。

 

Nopperi

 

上部が全然ひび割れなかったのです。

高さも出たし、生焼け、凹み、穴もなかったので、失敗作じゃないと思うけど、こんなの初めてでちょっと衝撃。

 

 

 

上部だけ平らでそのまま垂直にぐぐぐっと持ち上がっちゃてる。

 

なんとまあ、ひび割れて欲しくないスフレチーズケーキがひび割れて、ひび割れて欲しいシフォンがひび割れないとは。。。

 

調べてみると、オーブンの温度が高いと起こる現象だそうです
表面が早く焼けてしまうので亀裂等が入らず、のっぺり平らなままぐわっと持ち上がるように焼けてしまうみたいです。

 

確かにうちのオーブンは年季が入っているので、低くなってるかなと思い、レシピより20度高めに設定していました。

余熱は200度で結構高温です。

 

ていうことは、これをスフレチーズケーキに活かしたらどいいんじゃないの????

流石にずっと高温だとひび割れるだろうから、最初だけ高温にして表面を焼いちゃうとか。

 

というわけで、低温の湯煎焼きの多いレシピの中、最初高温、あとじっくり、というレシピを探してみました。

ふんわりスフレチーズケーキ by クオカ

焼き始めはなんと240度で10分、150度に下げて50分です。

 

結構攻めてます。

 

 

 

 

そして焼きあがったのがこちら。  どきどき

                      ↓

                      ↓

                      ↓

                      ↓

 

 

 

 

Photo_2

って、やっぱひび割れたじゃん!!!!!

 

悔し紛れにりくろーさんみたいに手持ちの焼印を押してみましたが、押しすぎたせいでなんだかわからず残念な仕上がりに。

やるんじゃなかった。

 

でもね、わたし的には進化したと思うのですよ。
良かった点は、以前よりメレンゲを固くしたせいかふわっと高さが出て、焼き色もついたことです。

 

最初の9分から外周部分にひび割れたけど、温度下げてからそれ以上はひび割れず、
その後垂直にむくむく~と面白いように高くなりました。
結局は最初の高さまで縮むんですけど、腰折れにはならず、

 

Dsc_2613

中もキメが細いですよね?ね?ね?

 

まあ、ひび割れちゃったけど、よしとしようかな。

 

やっぱね、、、、

 

 

最後は

、、、オーブンのせいかな。  ←でた

 

もうだってそうなんですよ、きっと。(´;ω;`)

 

だってさ、

凄腕のブロガーさんでも苦戦しておられる方もいらっしゃれば、
「初心者の私でも全然ひびわれませんでしたあ~♪」ってつくれぽ書いてる方もいるしね。(ごめんなさい、ほんとわたしって失礼。)

 

 

もう家族も飽きて食べてくれないだろうし、ここらへんで手を打とうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スフレチーズケーキのひびわれ①

先月末、大阪に遊びに行った時のこと。

大阪みやげの「りくろーおじさんのチーズケーキ」を買うために並びました。

出来立てのぼわわんとした弾力と、表面の焼き色と白色のコントラストの美しさに目を奪われてじーっと見入ってました。
店員さんの仕事も綺麗で無駄がなくて、美しい~♪

味もシンプルで軽くて焼きたては卵のふわーっとしたやさしい香り。
材料は生クリームではなく、牛乳を使っているのですね。
底に散りばめたレーズンがとてもいいアクセントになってます。
なによりとても安い!

 

 

こんなスフレチーズケーキ、家庭でも再現できたらいいなー

というわけで、 似たような材料のレシピを探して作ってみることにしました。

 

 

Photo_2

できました。なさくらーおばさんのチーズケーキです。

 

 

 

ってこれ別物っ、、、

 

 えーと。。。

スフレチーズ作ったのは実に8年3年ぶりでだね。(いいわけ)

※すみません、3年前にドゥーブルフロマージュもどきを作った時のボトム部分がスフレチーズケーキでした。

一応、

・型紙にはしっかりバターを塗って粉糖をふる(ひびわれ防止)
・150度以下で湯煎焼き
・メレンゲはキメ細かくお辞儀する程度

という点を気をつけながら作ったんだけど、、、

うーん、見事にひびわれてます。

メレンゲに問題があったのかなあ。
もっととろとろの6分だて位にしたほうが良かったのか。

 

もうひとつ。レシピを見ると15センチのスフレチーズに対して牛乳が180mlも入るので、これも膨らみすぎて割れる原因なのかもしれません。

 

今度は別のレシピにして、メレンゲもゆるゆるにして焼いてみました。

 

Photo_4

中央にちょっとだけひびが入りましたが、8年前に私が焼いていたスフチに近いものができました。

前回材料比

 

クリームチーズ +20グラム
牛乳       -145cc
卵白       -42グラム
砂糖       -25グラム

メレンゲをゆるーくしたせいもあり、前回よりも高さが出てません。

砂糖も25グラムも減っているから焼き色もつきにくくなってます。(150度の湯煎焼き)

 

そこで、ちょっと強引ですが、あら熱がとれた後にがんがんに高温にして数分焼いてみました。

 

Photo_5

ほうほう。

ベイクドチーズケーキみたいですね。

外周部分に色がついているのは、中央部分が焼く前から若干沈んでいたためです。

味はしっとりしてて美味しいけど、りくろーおじさんのようなふわっとした弾力がないのですよね。

以前は生クリームや発酵バターが入った、ねっとりしっとりした濃厚なスフレチーズケーキが好きだったけど、今はもっと軽くてあっさりしたケーキが食べたい。(歳になった。)

だとするとやっぱりもうちょっと固めのメレンゲで高さを出したほうがいいかな。
温度も上げて焼き色もつけたいな。

でもそうするとひび割れが起きやすくなってしまうんですよねえ。

うーん、なんとかならんかなあ。

 

 

 

 

というわけでこのあともうちょっと焼くことにします。

しばしお付き合いを。m(_ _)m

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »