« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月25日 (木)

ランゴオショコラ

Rango4

年に一回は食べたくなる、チョコレートのテリーヌです。

「チョコが食べたい」との友人のリクエストに応えて、チョコ菓子の極みみたいな、カカオ成分満載のランゴオショコラを作りました。

生クリームと赤ワインとラム酒と大量のチョコで作られる、濃厚なケーキです。

軽い口当たりのココアスポンジの上に、ラズベリージャムで軽く煮た、冷凍グリヨットや冷凍ラズベリーをしきました。

Mojiiri_2

艶のある切り口が食欲をそそります。

と言いたいとこですが、カットが上手に出来ませんでした~TT

冷凍してカットすれば良かったのかな。

濃厚なのにお酒が入ってるせいか、とっても口当たりがいいんですよね。
沢山食べると危険なので、人が集まる時に出して、ちょこっとだけいただきます。

 

「とっておきのチョコレートのお菓子」にのっているレシピです。
大好きなチョコレート本です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

リバティの手帳型スマホケース

Photo_3

Iphone6サイズの手帳型スマホケースを作りました。

合皮の手帳型スマホケースにリバティの生地を貼ってデコパージュしてます。

ピカピカしてるけどビニールコーティング生地じゃないのですよ。

Retroi6_331

これに

Photo_10

リバティの生地を貼っています。

Photo_8

マグネットで開閉できるようになってます。

Photo_4

元々ついていた中のケースが黒で、ちょっとマダムチックだったので、
ダイソーの白いケースを買ってきて付け替えたのですが、
これまた予想外にチープな感じになったので、

Photo_5

家にあったグレーのラッカースプレーを吹き付けました。

Photo_7

iPhoneを置くとこんな感じ。

 

自己満足の世界ですけどね^^  黒よりは馴染んでるかなあと思います。

Photo_9

デコパージュした後は何度も水やすりで筆跡を消し、
ツヤ出しのため、仕上げにもう一度デコパージュ液を塗ってます。

布と合皮が一体化しているように見えるかな? ^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

抹茶のビスコッティ

Maccha

抹茶とホワイトチョコとマカダミアナッツのビスコッティです。

長女が抹茶バージョンを作ってくれました。

 

古くて怪しいマカダミアナッツだったので家族で消費。
美味しかった~♪

 

 

 

                           ※

 

お弁当画像です。

Photo

Cpicon 炊飯器でつくる、チキンコンフィ【保存食】 by 博多のてなこ
・ナス南蛮
・ナスの利久和え
・おくらの梅和え
・卵焼き
・酢レンコン

Photo_2

・アスパラの肉巻き
・わかめごはん
・切干大根の煮物
・卵焼き
・プチトマト

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

チョコだらけのビスコッティ

Photo

チョコとアーモンドが入ったココア生地のビスコッティにチョコがけしたチョコまみれのビスコッテイです。

 

Bi9

先日なぜかお舅さんからBIGサイズのチョコを頂きまして。

二つ合わせて約13枚分の板チョコに姉妹大歓喜母大迷惑
二人で分けてもひとりあたり330グラムです。

 

すでに友チョコを作り終え、ニキビなしで虫歯ゼロの次女にはそのまま渡しましたが、
歯とニキビ治療中の長女にはこれを使って友チョコを作ることを薦めました。

材料費がかなりうくよという話をして、長女も不承不承納得。

姉妹で体質が違うのは気の毒なんですけどね。。。

 

ガーナビスコッティ

ちょうどガーナのサイトに、簡単で、チョコ大量消費にピッタリのレシピがありました。

 

レシピではブラックチョコを使用していますが、貰ったのはミルクチョコです。
生地にはココアじゃなく、溶かしたチョコを混ぜ込み、砕いたチョコも散らすので、ミルクチョコで作ったら鬼のように甘くなるはず。

溶かしチョコをやめて、小麦粉の一部をココアにし、ダンクするチョコにもココアを混ぜこむようにアドバイスして私は仕事へ。

Photo_2

夕方帰ってきたら出来てました。

なんとちゃんとテンパリングもしたみたいです。

トップ画像のピスタチオが乗っているビスコッティは、じじばば用です。
詐欺画像みたいでごめんなさいね。^^

代わりにいちごや木苺のフリーズドライを散らしても可愛いでしょうね。

 

 

で、それぞれの感想。

私と長女:「クッキー美味しい。」

旦那:「あまっ」

次女:「うんまーい。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。」

チョコかかってるとJKウケ良さそうですよね。

矯正器具がほぼ取れた長女は硬いものが食べれるのが嬉しいらしく、「ブラックチョコでまた作る」と言ってました。

レシピサイトには動画もついていてイメージしやすく簡単だったみたいです。

 

 

続きを読む "チョコだらけのビスコッティ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

お弁当

娘ざかりの次女はダイエットをしているため、お弁当箱がどんどん小さくなっていきます。

 

Photo

一方、手前はまだまだ食べ盛りの長女の弁当箱。

お父さんの弁当箱ではありません。

 

・銀杏の塩焼き
・さわらの粕漬け
・つくね(冷食)
・アスパラの焼きびたし
・だし巻き
・かぼちゃのカレーソテー

 

Photo_2

鮭のハーブ焼き
・なます
・塩昆布入り卵焼き
・ペンネのトマトソース
・ブロッコリー塩ゆで
・プチトマト

 

Photo

・小松菜とさくらえびの炒め煮
・牛肉とセロリと舞茸のオイスターソースソテー
・かぼちゃと人参のサラダ
・さくらえび入り卵焼き
・プチトマト

                         ※

 

 

長女の受験も終わり、もうお弁当はいらないんだけど、
矯正歯科の先生に食生活のことを注意され(涙)
引き続きお弁当を2つ作ってます。

 

ポイントは野菜を大きく切り、歯ごたえをしっかり残して調理することと、根菜を沢山摂らせること。 
お茶は食べ終わった後に飲む、です。

だいたい、汁物をつけてるからお茶はいらないはずなんだけど、その都度口の中が洗浄され、消化にもいいような気がして食事中に出してました。

途中で水分摂ると飲み込みやすくなって噛む回数が減る=唾液がでない=歯に良くないってことか。

 

確かに実家では最後にお茶を飲んでたのに、私が習慣を変えてしまったのね。

今更だけど、反省。(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

ちょこまるとペッパーチーズクッキー

Photo

次女が簡単に量産できる友チョコを作りたいというので、フードプロセッサーで手早く作れる「ちょこまる」をすすめました。

レシピはこちら

cotta recipe circle * ちょこまる by kaiko

 

 

本当は私が前から食べたくて食べたくて食べたくて仕方なかったクッキーなのです。

 

粗挽きナッツが入ったココア生地に、これでもかというほどチョコチップをまぶした「ちょこまる」は、ざっくざくでとっても美味しいクッキーです。

Dsc_2187

子どもにとっては夢ようなクッキーとkaikoさんはおっしゃるけど、
これは大人限定にしたいほど贅沢で美味しいクッキーですよ。

抱え込んで食べたい。

Chokomaru

生地が窒息しそうなくらいチョコチップを貼り付ける次女 笑

男子テニス部のマネージャーをしている次女は、これを50人に2個ずつ作る、なんて言うので、「あかん。本命チョコならまだしも。半分は違うクッキーにし。」と奨めたのが

Photo

こちらのペッパーチーズクッキーです。

これもお手軽な材料でフードプロセッサーで簡単に出来ます。

Photo_2

ちょっとチーズの味が強烈だったので、匂いが移らないように二つ折りにしてラッピングしてます。

この方が気持ちボリュームでますしね。(はい、私ががっつり手伝ってます。)

このちょこまるとチーズクッキーの組み合わせ、

大当たりだったみたいです。:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 

ちょこまるが美味しいのはもちろん、
チーズクッキーはチョコ味ばかりの友チョコの中で意外性があって、特にスナック菓子好きの男子にはウケが上々だったみたいですよ。

 

次女が作ったのは稲田多佳子さんのレシピですけど、「ペッパーチーズクッキー」で検索すると沢山出てきます。 

私はたまにフライドオニオンやドライハーブを加えますが、好みがあるので今回は奨めませんでした。

少量でも満足感あるし、かなりおすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水)

ひとりごと

ヤフーニュースでふと目にとまった記事。

ジョニー・デップが、バイセクシャルであることをカミングアウトした実娘に対して
「リリーは鋭い子供で、僕がこれまで出会った中で最も賢い人間の一人なんだ。」
と言ったそうなんですが、、、

気になったのはカミングアウトどうこうじゃなくて、外国語直訳風の「最も賢い人間の一人」の部分。

欧米の方ってよく「最も○○の中のひとり」とか言いますよね。
「KEIは最も優れた選手の一人だ(byジョコビッチ)」とか。

あれ、前からなんでかなーと思ってて。

最上級な人が複数いるの?って思ってしまうんですけど。 (←中学生レベル)

 

Photo

・ガパオライス
・ブロッコリーと桜えびのナムル
・プチトマト

Photo_2

・ひじき入り卵焼き
・とんかつ
・かぼちゃの煮付け
・ほうれん草と人参の胡麻和え
・リーフレタス

Photo_3

・ドライカレー(なす ひよこ豆 レンズ豆 ひき肉)
・うずら卵
・プチトマト ブロッコリーの塩ゆで
・人参のマスタードマリネ
・ソーセージ なすのソテー

 

 

                           ※

 

で、さっきの「最上級」のフレーズのおはなし。

普段は聞き流す程度のことなんですけど、贔屓にしているスケーターへのことになると話は別なんですよ。

とある海外フィギュアの解説者が「彼は世界でも最も優れた表現者のうちの一人だ」と褒めた時に、え~唯一無二の存在って言ってほしいなあ~って過剰に反応してしまうんですよね。 笑

 

 

つい気になる「最も○○な人の1人」「最も○○な100枚」

こちらのコラムによると、どうやら「最も~な1つ」と訳すのはは日本だけで直訳だけが1人歩きしたみたいですね。

 

「one of the most ~s」の解釈は「極めて。はなはだ~だ」 だそうです。

 

対象になる人やモノを1つに限定しなくて済むから使い勝手がいい、とも書いてました。

 

なるほど。

厚切りジェイソンならこういう時どう言うのか知りたいです。

以上、最近 最も なんとなく 気になった言い回しのひとつ でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »