« ザクザクシュークリーム2種 | トップページ | 苺のショートケーキとデコパージュ »

2015年11月30日 (月)

紫芋のマクロビモンブラン

2_2

紫のバラと言えば

ガラスの仮面の速水真澄ですが、
これを作りながら脳内を流れていたのは

「ばらはばらは~けだかく~さ~い~て~♪」
のベルばらの主題歌でした。

 

 

 

さてそんなどうでもいい前置きはおいといて。\(-_\)(/_-)/

いやあ。。。

NHK杯の羽生クン、見ました?凄かったですね。

わたし熱を出してたんですけどフリーの3本の4回転を見た時は興奮して頭が痛くなりました。
彼のジャンプは振付の一部かと思うくらい自然で綺麗で技術と芸術が融合してて、手足が長くて顔が小さくてもう肌が綺麗な若人に勝る者はなし! あっぱれ!この先ももっとつきぬけてくれ!!!!

わたし大輔ファンですけど、  認めます。(←お前に認められても。)

いいなあ。ゆづファン。 うらやまし。 

あ、また話それましたね。 そろそろ本題に。

さて、バラのデコレーションと言えば

飴細工のバラ、
フォンダンバラ、
マジパンバラ、
プラチョコバラ、
エヴァンタイユ

等がありますが、この紫のバラはなんと

紫芋とはちみつのみで出来たヘルスィーなバラなのです。

                           ※

ヘルシーなのはバラの部分だけではありません。
食事制限が課せられている義母の為に、卵、バター、白砂糖抜きの誕生日ケーキを作りました。

ボトムには粉糖の代わりにミルサーで挽いたココナッツロングを散らしています。

粉糖のようにキメ細やかにはなりませんでしたが、あるのとないのとでは華やかさが違います。

 

Photo

これは自宅用に作ってカットしたものですが、

ボトムから

①全粒粉タルト生地
②アーモンドクリーム(バターの代わりに太白コマ油)
③くるみ
④豆腐のムース(渋皮煮入り)
⑤紫芋&ココナッツクリーム
⑥紫芋で作ったバラ

 となっています。

タルトの上にムース等を載せる時、普通は焼いた生地に卵黄を塗ってさらにカラ焼きしたり、砂糖をふってカラメリゼしたり、チョコでコーティングしたりして、タルトに防水加工をするのですが、マクロビではいずれの方法もアウトなので、アーモンドクリームを載せてワンクッションおくことにしました。

アーモンドクリームは

Cpicon ドライフルーツタルト by apricot7

紫芋のクリームは

Cpicon マクロビ♡紫芋のモンブラン by 料理研究家♡ともみ

その他タルト生地、ムース部分はこちら⇒  のレシピを参考にさせていただきました。

美味しいレシピありがとうございました。m(_ _)m

それぞれコクがあるけど胃にもたれず、いろんな味や食感が楽しめるモンブランになったと思います。

タルト部分は、米粉に置き換えた方が見た目が綺麗かと思ったのですが、全粒粉にして正解。
ザクザクしてて、くるみとの相性もばっちりでした。

ただ、卵が入らない分、もろっと崩れそうなイメージがあったので、しっかり焼き縮みするくらい(型離れがスムーズにできるくらい)焼きました。

そうそう。タルト型はまた100均の12センチを使用してます。

Photo_2

残った生地でクッキーを焼きました。

Photo_2

 

もう一台は残ったバラを全部乗っけて、りすのクッキーと一緒に
紫芋をくれた友人にあげました。

いつも沢山の美味しい野菜をありがとね~^^

マクロビにはマクロビの、お菓子にはお菓子の良さがあります。
マクロビスィーツはバターや卵で作った繊細なお菓子とは全然定義が違うお菓子です。
どちらも美味しい。個人的にモンブランに関してはマクロビの方が好きです。

娘達は中に豆腐が入っていたとことに全然気づいてませんでした。
材料に色々制限があるマクロビスィーツをいかに美味しそうに作るか、と試みるのも新鮮で楽しかったです。

|

« ザクザクシュークリーム2種 | トップページ | 苺のショートケーキとデコパージュ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/62723095

この記事へのトラックバック一覧です: 紫芋のマクロビモンブラン:

« ザクザクシュークリーム2種 | トップページ | 苺のショートケーキとデコパージュ »