« 安心できない。 | トップページ | ケース付きリバティ扇子 »

2015年8月11日 (火)

天使の梯子

Photo

雲間から地上に放射線状にさす光のことを天使の梯子というらしいのですが、
この日私が見たのは逆で、雲間から上空に向かって出ている光でした。

てんしのはしごってなんぞや?って方はこちらの画像 を見ると「ああ、あれか」と納得いただけると思います。

あと、フランダースの犬のラストシーンとか。

O02430360118573208321_2
http://www.amazon.co.jp/dp/B0070Q7N2K

 

天使の梯子がもつ、厳かで宗教的なイメージから、「昇天」を示唆する作品が多いのにも頷けます。

実際、トップの写真の光、ずーっと彼方まで伸びていてむちゃくちゃ神々しいんですよ。
こんな時、広角レンズがあったらなあと思います。
私、マクロレンズしか持ってないんで。(あーレンズのせいにしてるー

光線がぼやっとしたので編集でコントラストを強くしました。

 

ちょっと前に猫さんも天使の梯子画像をあげてて、コメ欄で私が「光芒と闇」っていう中2病的なライトノベルを書く、というくだらない話に飛び火したんだけど、どうせ書くならフィギュアスケートをネタにしろ、と言われてたのを思い出しました。

いや、猫さん、なかなかいいとこついてると思いましたよ。
実際に氷上の光と陰っていうスケート本がでてますから。

「氷上の華麗な舞は、観る者を魅了する。だが、その水面下では壮絶なドラマが繰り広げられ。。。」 

ってフィギュアスケートってある意味わかりやすいですよね。

あ、実際は全然中2病くさくない解説本で、フィギュアファンの中では有名な良本なのですよ。

フィギュアはねー、「闇や影」の部分が選手のスランプや怪我問題だけならまだいいんですが、疑惑の採点問題があったり、アイスショーやオリンピックに商業主義がはびこっちゃったりするのがちょっとねえ。いただけませんねえ。

なんか、「天使の梯子」がみょーに俗っぽい話になってしまいましたね。(^^)

Photo1

天女な真央ちゃん✿

 

|

« 安心できない。 | トップページ | ケース付きリバティ扇子 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/61094838

この記事へのトラックバック一覧です: 天使の梯子:

« 安心できない。 | トップページ | ケース付きリバティ扇子 »