« 春の花壇 | トップページ | フェリシモのBOX再利用 »

2015年4月21日 (火)

謎の広島弁

Dsc_0124

・お好み焼き(ジャー)
・ミンチカツ(惣菜)
・ピーマンとなすと豚肉の炒め物
・紫芋のタルト
・渋皮煮  栗の甘露煮
・大学芋(冷食)

Photo

・照り焼きチキン(冷食)
・かぼちゃとにんじんといんげんのマスタードサラダ
・雷こんにゃく
・さつまいものレモン煮
・塩卵 レタス オクラ

 

Photo_2

・ぶりの照り焼き
・ピーマンソテー
・ポテトサラダ
・にんじんのコンソメ煮
・雷こんにゃく
・プチトマト 塩たまご

 

                           *

職場の男性が「朝通りすがりのおじいちゃんに挨拶したら

【おはようございました】って言われた。 

なぜ過去形なんだ?」と聞いてきました。

 

ははーん。よそもんだね。君。

 

私達ネイティブからすると【おはようございました】は「おはよう」の丁寧語みたいなもので、午前中であればいつでもグッモーニンなう の意味なのである。

大概ご年配の方が使う言葉で私達は言わないけれど、小さい頃から聴き慣れた言葉なので特にひっかかりもませんでした。

でもそう言われるとなんで過去形なんだろう?

よくわかんないけど、働き者のおじいさん(おばあさん)達は朝起きるのが4時とか5時だから8時頃はもうひと仕事終えてやれ一服しようかのうという時間帯なのかもしれないね、という結論になりました。

 

ちなみに県外の人が困惑する言葉で「なにいうこともない」という広島弁があります。

直訳すると「これ以上言うことは何もない」= アイハブナッシングトゥーセイエニイモアですが(なぜ英訳した)

大抵の場合は「冗談はよせ。なにいってんの」です。

これもさらに「照れるなあもうc(>ω<)ゞ」という意味と「おおげさ。たいしたことない(`ε´)」というという否定的な意味に分かれますが

ツンデレ系の前者の場合アクセントは「なーにいうこともない」で、後者の黙れ小僧的な意味合いの時は

「なにいうこもない」となります。  

わたし的見解ですが。

大概は前者のパターンが多く、褒められると照れながら言うおじちゃんを見ているととても微笑ましいです。

 

例文あげるとわかりやすいですかね。

 

「おとうさん、パーマあてたんかいな。どこぞの男前かと思いましたわ。」

「なーにいうこともない。」

この場合、「マエケンがおるかと思ったわー」などとつけ加えて言うと

ますます「なーにいうこともない」と「な」のアクセントが強くなります。

 

深いですね、広島弁。

 

以上、広島弁講座でした。

 

 

|

« 春の花壇 | トップページ | フェリシモのBOX再利用 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/59720380

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の広島弁:

« 春の花壇 | トップページ | フェリシモのBOX再利用 »