« ○○依存性 | トップページ | 抹茶のババロアロール »

2015年3月13日 (金)

まさかの体験授業

Photo

 

・鳥ハム
・白菜とにんじん塩昆布漬け
・しそしゃけごはん
・かぼちゃソテー
・しそ プチトマト
・塩卵

 

Photo_2

・ぶりのハーブ焼き
・きんぴらごぼう
・にんじんのマリネ
・だし巻き
・ブロッコリー

 

Photo_3

・たらこスパゲッティ
・半熟卵
・にんじんのマリネ
・いただきものの手作りベーコン
・ブロッコリー プチトマト
・ポテトサラダ
・かぼちゃの煮付け

 

 

近々近所にできる塾の入塾説明会ありました。

大人30人位集まった中で子連れで来たのは私だけでした。

しかも主宰が心療内科医ということもあって「思春期の子供との接し方」なんてテーマから話すもんだから隣にいる娘がとても居心地悪そうで、時々ぎろりと私を睨んでました。

まずい。とても気まずい。

そもそも塾側から「説明会の後お子さんと面接をしたいので連れてきて」という話だったから連れてきたのにフタを開けてみるとうちだけ。

真面目か!

さらになぜか大人対象に体験授業を受けさせられ、前列にいた私は半端なくあてられて、しかもほとんど間違えて赤っ恥をかいたという。。。 

「あの親子ちから入ってるわよね。」

「でも間違えてるわね。ぷぷー」

なんてくすくす笑われてるような気がして早く帰りたくて中座する理由まで考えてました。涙

 

 

その時に出された問題の一つがこれ。

写真:遊び方3-2

大きな風船と小さな風船をふくらませてパイプにつなげて大きい風船の方の空気穴をふさぎます。
右手をはなすとどうなるでしょう?

 

「はい、じゃあそこのおかあさん。」

え?わし?

 

突然あてられ「さささ左右同じ大きさになると思います。」とドキがムネムネしながら即答すると、

「んーそうですか? 

正解は、小さい風船のほうがしぼむ、でした。」と言われました。

照れ隠しにあちゃーってリアクションしていると

「おかあさん、風船を膨らませる時っていつがしんどいですか?」と聞かれ、

「えっと最初? あっ そっかΣd(・∀・!」!!!!

 

「そうです。小さいほうがゴムがきついから空気を押し出す力が強いんですよ。わかりましす?某中学入試の問題です。」

あーなるほどなるほどいやーなかなかどうしてははははよかえりたい゚(゚´Д`゚)゚(心の声)

 

その後発想の転換、右脳左脳がうんたらかんたら説明されたけどのなんかテンパっててよく覚えてない。
他にも化学や地理の先生からの容赦ない質問に被弾しほぼ間違えて誤爆する私。

なんの罰ゲームだよ。

 

でもね、たぶん私ね、リアクションとしては正解だったんですよ。だってすぐ正解したら嫌味だし話し膨らみませんものね。  

ひな壇芸人(リアクション芸人)としてはテンポ的にすべらなかったほうだと自分を慰めつつ会場を後にしました。

 

 

 

ところがね、家に帰って娘から大ブーイングされるかと思いきや「ああ、行くことにした。」とあっさり言われてかなり拍子抜け。

どうやら帰り際先生達に「授業であてられて間違えることは全然はずかしいことじゃないんだよ。そこから始まるんだよ」と言われなんだかんだ先生方と打ち解けてどうやら塾に入る気になったみたいです。

なるほど、そういう主旨だったのか。

 

母、グッジョブ。

 

 

|

« ○○依存性 | トップページ | 抹茶のババロアロール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/59226818

この記事へのトラックバック一覧です: まさかの体験授業:

« ○○依存性 | トップページ | 抹茶のババロアロール »