« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月25日 (水)

100均のタルト型で苺のチーズタルト

Tate

この春から大学生になる友人の娘ちゃんへのお祝いタルトです。

チーズタルトをリクエストされたのですが、もっと華やかになるようにブルーベリーやいちごやラズベリーをのせてみました。

 

Dsc_08441

ベースは田代哲則シェフのチーズタルトです。

タルト生地さくさく~♪

これだけでもじゅうぶん美味しいけど

Namakurimu

田代シェフののデコを真似して上に生クリームを絞り、

Newmoji

ベリーをのせて蝶を飛ばせてみました。

Cpicon デコレーションパターン・・・チョコの蝶々 by 協

 

 

そうそう。

今回も100均のタルト型を使いましたよん。

 

Photo

16センチと12センチです。

 

 

前回 はパイでしたがタルトもちゃんと焼けました。
100均タルト型、けっこう使えます。

 

| | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

広島弁

Photo

・アボカドしそ肉巻き⇒ 
・塩卵
・焼きマッシュポテト(おでんのリメイク)
・にんじんしりしり
・レタス プチトマト

すごく美味しかったらしいけど野菜少ない。高カロリー弁。

 

Photo_2

・鶏の山椒焼き
・にんじんのコンソメ煮
・だし巻き卵
・切干大根の煮付け
・カリフラワーのマリネ
・紅しょうが しそ

 

Photo_3

・きゅうりとえびの三杯酢
・ソーセージ
・ねぎとしらす入り卵焼き
・にんじんのコンソメ煮
・ポテトのトマトソース焼き
・レタス

 

マッサンの撮影が終了したんだそうな。

Photo_2

マッサンの原作になるのかな。読みやすいです。
朝ドラとは違った風景が見れます。

 

 

 

ところで、ドラマの広島弁を聞くなぜか小っ恥ずかしくなるんですよね。
広島の人って皆があんなに大きい声&きついイントネーションで喋ってるわけじゃないと思うんですが。
ディフォルメしすぎじゃない?って思うけど私も自覚がないままあんな風に喋ってるのかな。

一番広島弁がしっくりきていたのはマッサンのお父さん役の前田吟さんでした。

穏やかで自然で、演技も目立ちすぎずでも存在感もあって。

 

 

安定の吟。

 

 

| | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

プチトマトの赤ヘル

今週職場では大金のオファーを蹴り広島に戻った黒田選手の話で持ちきりでした。
特におっちゃんたちが熱く語る語る。(´▽`)

年齢的なこともあるとは思いますが清々しい決断ですよね。
そんな黒田選手、男気男気と絶賛されてますがご本人さんまるで実感がなく、しかも決めるまでには随分迷いもあったみたいです。 ⇒

 

謙虚で実直な黒田選手をに敬意を表して

Photo

ささやかにカープ弁当。 

Cpicon 頑張れカープ♪赤ヘルなプチトマト by くまちーこ
・さんまのしそフライ
・うめしそちくわ
・ひじき入り卵焼き
・ポテサラ
・レタス にんじん

 

Photo_2

・ぶりのハーブ焼き
・かぼちゃの煮付け
・にんじんとツナのソテー
・塩卵
・白菜の浅漬け
・酢レンコン

 

Photo_3

・そぼろ丼
・プチトマト
・ネーブルのマリネ

| | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

チョコチップ入りココアシフォン

Ue

また翌日に焼きました。シフォン熱再燃。

我ながらしつこい性格だと自覚しております。

ですからね、前回みたいにシフォンがーシフォンがー(TT)としつこく失敗記事を連投しないよう、又家族に「またシフォン?朝ごはんもシフォン?」とうんざりされないように、一回で成功するように丁寧に作ってみました。

チョコチップが沈まないように前回よりも気をつけたところは

①チョコチップに粉をまぶす

②チョコ卵黄生地はメレンゲに合わせる時まで低温の湯煎にかけてゆるくしておく

③チョコチップをシフォン生地に一度に入れない

④気泡を消すためにトントン底を打ち付けない

⑤やっぱシフォンのキモはメレンゲ

デス。

 

チョコチップは沈むもの考え「私のメレンゲが下手くそだからだわ!」とあまり自分を責めないで今回は強力粉のちからを借りてチョコチップにまぶしました。
まぶさなくても綺麗に作る方は沢山いらっしゃるみたいですけど保険として。

②ココアが入った卵黄生地は硬くしまってメレンゲとあわせにくくなるので(冬は特に)フライパンにぬるま湯をはって置いておきました。 
小嶋ルミさんのガトーショコラの作り方を参考にしました。

このやり方がシフォン作りにあってるかどうかはわかりません。

 

③④のやり方はテッパン?が、気泡を抜く時ついいつもの癖で「底トン」をしてしまいました。(゚д゚lll)ぎゃー しずむー 

 

⑤ココアはメレンゲの天敵ですから。やっぱメレンゲに精一杯がんばってもらわないと。
氷水の上でキメ細かくねっとりと、先が軽くお辞儀するまで混ぜました。

 

 

んで、

 

Photo_2

できた。やったー。

 

良かった。シフォン地獄回避できました。

家族が一番ほっとしていることと思います。

あ、そうそう。娘の作ったコップシフォンはチョコチップが沈まなかったと前回書きましたが、なぜかはわかりません。
彼女一人で作ったので生地はゆるゆるだったと思います。
コップシフォンのほうが熱伝導がよくてチョコチップが沈む前に生地が膨らんだってこと?高さはなかったけど底上げもしてなくてしっとりして美味しかったです。

今回膨らまなかったシフォンの原因を知りたくて作ったつもりが着地点が変わってしまいました。
でもチョコチップ入りシフォンは前から鬼門だったのでかなりすっきりしました。

オーブンももう少しもちそうです。        ち。

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

チョコナッツシフォン

Chokonut2

長女が追加で作ったコップチョコシフォンの膨らみがあまりにも良くなかったのが気になって今回は私がホールで焼いてみました。

中にはチョコチップをちらし、上には余ってたナッツを散らしてます。

最近オーブンの調子が悪いんですよね。

本当は紙コップで比較したかったけどコップがもうなかった(^_^;)。

Photo

んで、生地は膨らんだけど

 

 

チョコチップはほぼ沈みました。_| ̄|○

 

 

 

なんでぇー????

 

 

ナッツは浮いているけどチョコチップは沈む。これはなんとなくわかる。比重の問題?
以前砕いた板チョコで作った場合は沈まなかったし。

でも娘の作ったコップシフォンは高さはなかったけどチョコチップは沈んでなかった。

よしゃ明日また焼こ。   ← シフォン熱再発の予感

 

 

 

弁当画像がたまってます。

Photo_2

・菜っ葉&ゆかりごはん
・えび酒蒸し
・ひじきいり卵焼き
・なすのてんぷら
・チキントマト煮
・大学芋(冷食)
・プチトマト レタス

 

Photo_3

・とんかつ
・いんげんのガーリックソテー
・酢レンコン
・味玉
・じゃがいもお焼
・スィートパンプキン
・プチトマト レタス

Photo_7

・お好み焼き(ジャー)
・かみなりこんにゃく
・さつまいものオレンジ煮
・ブロッコリー プチトマト
・ポテサラ

 

| | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

ロミアス!

Moji1

サクサクのクッキーとカリカリのキャラメルがとても美味しいロミアスクッキーを作りました。

Cpicon ロミアス風キャラメルクッキー by flan*

参考にさせていただきました。

 

 

 

見た目かわいくて軽くてコクがあって後をひく美味しさと噂に聞き、是非とも作ってみようと口金を買ったのは5年前。

ようやく引っ張り出して作る気になりました。

 

で、サルタン という口金を使うんですが、この口金がべらぼうに高かった!!!(マトファーなんてもっと高い)

 

しかも絞りが難しくて焼きムラもつきやすいので結構気を使うお菓子です。

事前にいろんなブロガーさんの体験記を読んでエアでコツを掴んだ気になってましたが

 

あまかった。 _| ̄|○

 

結構失敗しました。

絞りが難しーい。(TT)

 

扱いにくーい。(TT)

 

上の写真では比較的うまくいったものだけを手前に置いています。
綺麗に絞れても口金から生地がすっと離れないんです。

生地のかたささが関係してくるのかとも思うのですが柔らかいのがいいの硬めなのがいいのかいまひとつわからない。
ココアを入れるとさらにしまって硬くなると思い温めたらかえってだれちゃって分離気味になってしまいました。

まあうまく絞れなかったらもう一度戻して絞ればいいんですけどね。
コツがいまいちわからないままで絞り終了。

Photo2

チョコのほうは生地がだれちゃって焼成中にキャラメルアーモンドがマグマのようにふきでたのでかたまる前に中央に無理やり戻しました。
中央がてかってて汚いのはそのせい。ほっときゃ良かった。

ナッツリターン厳禁!( ・⊝・ )

Moji_2

 

 

 

 

ごくごく親しい職場の同僚に配りました。

みなさんからお土産をよくもらうんですけど私はあんまり旅行に行かないから。

バレンタインの時にちょこっと作って一部の人に渡しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※覚書

中央のキャラメルはキャラメルソースを作る時点でもう少し色付けし、筒状にしてカットするとき厚すぎないよう。

オーブンレンジ200度で13分~15分。

チョコ生地を作る時は粉130グラムに対してココア15~20グラム。
次回は卵白多めに?

| | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

友チョコの季節

Moji

次女の友チョコです。

アーモンド抱っこくまビスケットでしたっけ?今流行ってるやつ。
viuさんのとこで見てかわいいなーと思って「くまの型がないけどリスの型でやってみる?」と娘にすすめました。

Photo

2枚のクッキーで間にチョコとアーモンドをはさみさらにチョコでフチどりしてます。

 

 

 

 

 

 

って全然本家と違うし!

 

 

抱っこくまクッキーは素朴でかわいくてカンタンなのがウリなんですよねわかります。

ふちどりのチョコはいらないですね。

昭和なわたしのセンスが邪魔をしています。

でも美味しいのよ。(そりゃチョコ多いから)

Moji_2

同ココア生地でスマイルクッキーも。

ほんとは最初から次女はこれを作りたかったみたいです。

cotta recipe circle * スマイルクッキー by 菜さくら

リスクッキーもスマイルクッキーも1枚だけ見本を作ってあげてあとは自分で作らせました。

次女は型抜きとかちまちました作業が大好き。

 

 

 

 

Photo_2

こちらは長女作のカップシフォンです。

cotta recipe circle * 濃〜いふわチョコシフォン♪ by あいりおー

参考にさせていただきました。

 

去年は彼女一人でなにか作ってたんですけど今年は模試やら試験やら忙しいのでヘルプしました。
と言っても口出しだけね。
(でもかなりうるさくね)

次女がクッキーを作った時のあまったチョコでデコしてます。

親が手伝った感満々のお菓子になりました。(^^;

あ、そうそう。

Photo_3

これ、イオンで100円ぐらい。

少量ですけどこういうイベントごとには使いきれていいですね。

続きを読む "友チョコの季節"

| | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

キティ柄リバティのブックカバー

Photo1

先日クロスステッチしたイニシャルのモノグラム(S&T)は

ブックカバーになりました。

自分で言うのもなんですが 

 

 

 

 

ヤダちょっと可愛い。(*´∀`*) ゙

(*´∀`*)(´∀`*)♥

 

 

 

私用じゃないんです。

本好きの次女からのリクエストで作りました。
クラスの女子の間でかわいいブックカバーをつけるのが流行っているみたいです。

けてーちゃんが見え隠れするリバティ柄にあわせ、モノグラムもオレンジと赤にしました。

作り方はカンタンなんですけどねー(*´∀`*)y━~~ ←それでも微妙に失敗するヤツ

コチラ⇒ を参考に作りました。
とても丁寧に説明してくださってます。

Dsc_0616

本:「カンタン!タティングレース」

オプションとして栞も作りました。
お花のブレードを編み、栞にしやすいように糊付けしてアイロンをかけてぺたんこにし、

Dsc_0610

カバー中央にはさんで縫ってみました。

オレンジの花の部分はモノグラムに使用した刺繍糸を2本どりにして編んでます。

使っていくうちによじれちゃうかもしんないけど次女はきっと大事に扱ってくれるはず。

Dsc_0611

分厚い本でも薄い本でも対応できるアジャスターつきです。

布をひっくり返す部分は、事前に縫い代を縫い目で折ってアイロンで押さえていくことが綺麗にしあげるコツ、とのことでした。

やっぱ面倒だけど作業中のこまめなアイロンがけって大事なんですね。

 

 

| | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

おにぎり型弁当箱

Norimaki

・太巻き(牛肉 だし巻き にんじんのきんぴら しそ)
・いわしのつみれ焼き
Cpicon コンビニみたいな塩たまご◎お弁当にいいよ by ハートフルキッチン麗
・さつまいものネーブル煮
・酢れんこん
・いんげんの胡麻よごし

太巻きに入れたのはすき焼きで残った牛肉で、いわしのつみれ焼きはつみれ汁を作った時に少量とっておき、小麦粉をまぶして照り焼きにしたもの。
昨晩の太巻きは海鮮巻きにしましたが、一本だけお弁当用に残りもののおかずで巻いておきました。

太巻きは何を巻いても美味しくなる万能ごはん。

 

Photo

・ぶりの照り焼き
・だし巻き
・にんじんのコンソメ煮
・切干大根の煮物
・えびのトマト煮
・ブロッコリー

Photo_2

・天津飯(保温ジャー)
・からあげ(惣菜)
・かぼちゃのきんぴら
・プチトマト レタス
・にんじん ちくわ ピーマンののマリネ
・切干大根の煮物

 

Photo_3

太巻き弁当にはこのあじろ風のお弁当箱 を使いました。

先週ホームセンターで定価よりお手頃な値段だったので即買い。

上段におにぎり、下段に少量のおかずが入ります。
「お弁当はいるけど少量でいい 簡単でいい」という日用に買っておきました。

実際使ってみると、おにぎりや太巻きを崩さずに入れられるし、下段の浅いスペースはおかずを詰めやすいです。(私基準ですけど)
プラスチックだから洗いやすいし、あじろ風っていうのも気に入りました。

で、小ぶりなわりには意外と入るんですねぇ。
↑のボリュームでは多すぎると言われました。^^(娘は高2小柄女子)
バンドを使えば上段だけでも単独で使えそうです。

| | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

缶プリン

Dsc_0668

モロゾフのミニ缶からちらっと覗いているものはクッキーではなく

 

Moji

かぼちゃのプリンでした。

義父へ一足早いバレンタインの贈りものです。(彼はチョコが食べれません)
もう一つは受験をがんばった友人のお子ちゃんへ。

Photo

いつものkaikoさんのレシピで作りました。

若干ひびが入ったのでココアでステンシルしましたが
お菓子っぽくなくなっちゃった。
vividな色って微妙デスネ
ティラミスだったらもっとしっくりきたかも。

 

ひっくり返すとカラメルがたらーっと流れます。

 

が!

常温にしばらく置くと底からじわっとカラメルがしみ出てきた (;Д;)ギャー!
マッサンのチョコ缶は大丈夫だったのに。(TT)(←そもそもそういう作りじゃないから)

 

 

ラップして「冷やして早めに食べてね」と言って渡してきました。

 

| | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »