« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

オイリーなベーコンの再利用

Photo

曇りの朝が多く写真が撮りづらいです。

Cpicon ヘルシー♪簡単★鶏ささみハム by 夢のひよこ
・切干大根の煮付け 
・ゆかりごはん
・ひじきの卵焼き
・カボチャサラダ
・プチトマト レタス

この↑レシピにはありませんが、鶏ハムに燻製ベーコンの油の多い部分を刻んでいれています。

Photo_4
ささみを観音開きして散らして伸ばしくるくる巻きます。

スモーキーで美味しいハムになりました。

友人からいただいた豚バラ燻製ベーコンはとても美味しいのですが、油の多い部分は単独で食べるとくどいので(友人は捨ててるそうな)少量刻んで野菜炒めに入れたりスープに入れて調味料代わりにして使っています。
余分な油は落ちているので全然くどくありません。

ほんのちょっとでも存在感抜群。
今回はハムに入れてコクを出しました。
うまーいい♪

sさんいつもありがとう。

Photo_2

先月撮った写真が埋もれてました。たぶんアップしてないはず。

 

・からあげ(セブンイレブン)
・だし巻き卵
・おむすび
・にんじんのコンソメ煮
・ブロッコリー塩ゆで
・ナスの南蛮漬け
・きんぴらごぼう

Photo_3

これは番外編で義父母に作ったちらしです。
いつも茶色い健康食しか差し入れしてないのでたまには目先を変えて豪華に。
れんこんのきんぴらと切干大根の煮付けを酢飯に混ぜ込んでいます。

                           ※

 

St

娘のイニシャルのS(オレンジ)とT(赤)を組み合わせたイニシャルモチーフを1本どりでクロスステッチしました。

これはとあるものに変身しまーす。^^

| | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

ヌートリアって????

Photo

・てんむす
・かぼちゃのソテー
・ソーセージ
・長芋の甘辛炒め
・レタス プチトマト
・ひじき入り卵焼き

Photo_2

・つくね
・れんこんのきんぴら
・ゆで卵
・うめしそちくわ
・レタス
・にんじんのコンソメ煮
・しらすごはん

Photo_3

・やきそば(ジャー)
・えびしおゆで
・人参とツナの塩炒め
・レタス
・ネーブル
・さつまいものイトコ煮

 

                           *

Photo_4
2階からの景色です。奥は隣の家の庭。

 

私の家の前には防水用の溜池があって、時々水辺にはカモやシロサギが現れ、その周りの茂みにはたぬきが現れることがあります。
(私はキツネも見たことあるのですが誰も信じてくれません)

昨日夕方風に吹き飛ばされた自転車カバーを取り池の近くまで降りると、見たことのない茶色いわらじみたいな生き物が2匹すーっと泳いでいたんです。
じーっと見ているとそのうちの1匹がのっそりと茂みにあがり日光浴を始めました。

それはねずみの巨大化したような生物でふてぶてしくお世辞にもかわいいとは言えません。

もっと近くで確認したい、と思って近所の友人にオペラグラスを持ってきてもらい、一緒に覗いた友人も「え?なに?ビーバー?カピバラ?あんまりかわいくないね。 コワイ。」と二人して大騒ぎ。

興奮して家に帰って娘に伝え、未確認生物の正体をパソコンで調べようとすると

「あー、それ、ヌートリアでしょう。」

と娘言われ、画像検索かけたらあっさりビンゴ。

Photo_6
ウィキの画像を拝借

こんなやつです。

ウィキによると、

・大型のげっ歯類で体長は40~60センチ
・体つきはドブネズミなどに似るが、耳が小さく、後ろ足には水かきがある
・オレンジ色の大きな前歯
・水上でも授乳できるよう、乳首がやや背中寄りについている

 

へえええええ

なんでこんなのがここに?
ヌートリアって名前も初めて聞くし。
いろいろ特徴ありすぎだし。

ふたたび大騒ぎしていると

 

 

「全然珍しくないよ。」

「毎朝通学路の傍の川で見るよ。学校のみんな知ってるよ。」と娘。

 

 

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー青首大根 青首大根 青首大根 青首大根

生まれてこのかた見たことないと大騒ぎした未確認生物を私の人生の3分の1しか生きてない娘が当たり前のように毎日見てたとは。

うそーーーーーーん 青首大根

ちなみにこのぬーっとしたヌートリアさまは外来種らしく、毛皮を取るために移入したものが野生化したみたいです。

別名「沼狸」「洋ドブネズミ」

とな。

ど、どぶねずみか。

今まで話題にもあがらなかったってことはぬー様は残念ながらこども受けもあんま良くなかったのかな。

ちなみにこのぬー様、結氷するような池では生存できないそうです。
確か数年前までは家の前の池も冬は凍ってたから最近住み始めたのかもしれません。

「ヒートアイランドのなせるわざやな」

メンツを保つため娘の前でつぶやいときました。

| | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

携帯用ボックスティッシュケースその2

1

今回は長女のリクエストでブルーの携帯用ボックスティッシュケースです。

次女は小さい頃からピンクが好きで、長女はブルー。
何年たっても好きな色は変わらないものだね。

 

イニシャルは「N」 

1本どりのクロスステッチす。

 

 

Dsc_0545

今回は裏地(リバティのLauren)もつけました。

Dsc_0546

生地自体が薄いので裏地にしても嵩張らずティッシュも沢山入りそうです。

Photo

表生地のリネンっぽく見える生地はダイソーのはぎれ(No.61 綿)です。

Photo_2

目が詰まってないのでクロスステッチ向きかなあと。
マス目も正方形だからデザインが縦横にのびることないし
リネンに比べると随分安いので気に入ってます。

 

でも間違えて糸をほどきなおすとやや毛羽立っちゃうのが難点。

| | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月)

プリクラの限界

Photo

・塩さば
・ジャーマンポテト
・かぼちゃの煮物
・のりたまご
・ブロッコリーの塩ゆで
・枝豆ごはん

 

Photo_2

・ドライカレー
・ミニトマトのベーコン巻き
・ソーセージ
・かぼちゃとピーマンのソテー
・えび
・にんじんのコンソメ煮 
・スィートパンプキン  ぶどう

 

Photo_3

・高菜とたらこのビーフン
・からあげ(いただきもの)
・カニカマサラダ レタス
・カボチャの茶巾
・スィートポテト(紫芋)
・さつまいものレモン煮

去年の画像です。

 

 

                            *

 

最近のプリクラは「デカ目」「美白」「脚やせ」「カラコン」などいろいろ加工できて楽しいのはわかるんだけど、見せてくれる娘達の写真がみんな黒目がちなチワワ顔で、なんとも切ない気持ちになる母は私だけじゃないはず。。。

乙女ごころはわかるんですけどね。

そんな娘(次女)の最新のプリクラがこれです↓

 

Photo_4

残念なことになってました。

昨日友達と映画を観た帰りに記念に撮ったらしいんですけど
どうやら機械が勝手にパンフレットの俳優の目を読み取り、そこでデカ目機能が発動、  

                     ↓

娘達は「背景」としてぼかされ、灰色がかったぼんやりした細目になり、

                     ↓

それが嫌で目をハートで隠した、ということだそうです。

 

 

「もうねっ ひどいよっ 藤原くんが乙女顔になって○○達は死んださかなのような目になってんだよっ ٩(๑`ȏ´๑)۶」

とぷりぷり文句言う次女。 

ギャグか。(笑)

 

 

 

プリクラで美女に見せる技術は「光」と「加工」らしく、光で肌を綺麗に見せて輪郭をぼかし、加工で小顔にしたり目を大きく見せたりするみたいなのですが、  

まあ、しょうがないですよね。藤原くんに焦点あっちゃったんだもの。

激おこでした (笑)  (笑)  (笑)  

改善されるといいね。 (半笑い

| | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

矯正

Photo_2

・カルボナーラ(保温ジャー)
・にんじんの三杯酢
・枝豆とカニカマとカリフラワーのマリネ
・ソーセージ
・ポテトサラダ
・レタス
・卵焼き
・さつまいものレモン煮

Photo_3

・爆弾むすび
・にんじんしりしり
・鶏の照り焼き
・のりたまご焼き
・酢れんこん

 

Photo

 

・菜飯
・ひじき入り卵焼き
・ナス南蛮
・かぼちゃのソテー
・からあげレモン
・ブロッコリー塩ゆで
・レタス

 

                          *  

毎朝悩む長女の弁当のおかず。
チーズ、マヨネーズ以外はほぼ好き嫌いはないのですが、歯を矯正中の為歯にはさまりやすいほうれん草やひじき、葉物はNGなのです。
器具を締め直した時は痛いのでしばらく堅いものもNG。
あと、矯正器具に色移りするカレーソースやミートソース系もだめ。(これは入れなくても困らないケド)

葉物はご飯に混ぜ込み、ひじきは卵焼きに入れることで食べやすくなるんだけど、ほうれん草のおひたしとか小松菜の煮物とかは厳しいねえ。常備野菜として作っておきたいけど残念。。。

幼少の頃から「この子は顎が狭いからスペースがない。矯正するなら歯を抜かないとだめだろうね。」と歯医者さんに言われ、それを聞いた本人はびびってずっと矯正を拒み続けてたのですが、中学生に上がる頃「大人になってやったらウン万円かかるからね。今やるんならパパがお金だしてくれる。どうする???」と詰め寄ると納得して通ってくれるようになりました。

当初顎の関節がかたくてなかなか広がらず、その頑固さは「100人に一人」と言われたツワモノだったのですが、矯正歯科に通って5年、絶望的にガタガタだった歯も先生と本人の努力で結局歯を抜かずにすみ、なんとか一直線に並んだという人体の不思議。

あともうちょっと。器具がとれたら思う存分芋けんぴやお餅やキャラメルを食べようね。

| | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

チャーハン道

Photo

弁当始まりました。 しくしく。

・鮭の塩焼き
・にんじんのマリネ
・きゅうりの梅和え
・かぼちゃの煮付け
・だし巻き

Photo_2

・丼つゆをくぐらせたえびのてんぷら(惣菜)
・ひじき入り卵焼き
・いんげんの煮浸し
・筑前煮
・きんぴらごぼう

Photo_3

・焼飯(残りもの)
・ヤングコーンのソテー
・おくらの煮浸し
・にんじんのマリネ
・ラディッシュ

 

                           *

私の好きな焼飯は小さい頃に母が作ってくれた玉ねぎ、ピーマン、ひき肉、塩コショウのみの白っぽいものなんですが、これがシンプルでとっても美味しい。
ときどき無性に食べたくなるのはやはりおふくろの味だからですね。

一方娘達が好きなのはお店で食べるような本格的なチャーハン。
いわゆる「冷蔵庫の残りものdeチャーハン」は飽きちゃってるんでしょう。
野菜たっぷり入れるから水分多めですしね。

なかなか家庭では真似できないと言われる中華屋のチャーハンですが、以前、「たけしの等々力スペース チャーハン道」という番組で「自宅でもできるプロ並みのチャーハンの作り方」をプロが教えていてなるほどと思い作ってみることにしました。

それによると、

・ラードを使う
・テフロンのフライパンなら1人前ずつ作る
・溶き卵を入れてご飯を落とし、すぐひっくり返して葱を入れてぱらぱらになるまで炒める

コツをつかめば葱と卵だけでもじゅうぶん美味しい、という結論でした。

OLの頃に通っていた料理教室の先生が作ってくださったチャーハンがまさにそれで。卵とネギが香ばしくて驚いた記憶があります。

でもね、それだけじゃなくてね、中華屋で出てくるチャーハンはやっぱチャーシューの味も一役買ってる気がするんですよね。
煽りや火力がプロにかなわない分、素材で補えるものなら補いたい。
あと他になんだろう、あの中華料理屋独特の香辛料。
ラーメンスープ? 五香粉?
体に悪そうな(ヲイ)うまそうな何か。

あくまでもここではヘルシーなチャーハンじゃなくお店のチャーハンを目指すので、健康面での善し悪しはスルーして、何が入っているかネットで調べてみました。

中華料理屋の炒飯の味にならない(ヤフー知恵袋)

の意見も参考にすると

・鉄の成分も味の決め手だから中華鍋を使うべき
・味の素を入れる

 

と書かれてありました。

鉄鍋はともかくとして、あー、味の素。噂には聞いていたけどやっぱそうなのか。
うーむ。グルタミン酸ナトリウム。。。ケミカルの塊。。。

少し抵抗がありましたが実際入れて作ってみると、これが驚いたことにそれっぽい味に近づくんです。
でもかなり入れないとダメかな?隠し味程度ではあんまり変わらないような気がします。
うー他に何かないかな?

ウェイパーもXOジャンも美味しいんですけどああいう旨みじゃないんですよ。
ウェイパーは油脂が多くてくどく感じるし、混ぜこむ前にダマになってこげやすい。かといってあっさり洋風コンソメの味でもない。
みりんや酒などの液体系はしっとりするから避けたい。

というわけでいろいろ試した結果、調味料は類粒状の「牛肉ダシダ」に決めました。

間違いなくこれもケミカルな部類なんですけどね^^。
味の素よりも安くていろんな旨みが入ってるしちょっと入れるだけでも結構味がつきます。そして一番味の素で作ったチャーハンの味に近いかな?

で、マイチャーハンレシピ覚書。量は適当です。

「材料」

・ラード
・青ネギ
・卵
・手作りチャーシュー(1センチ角)
・牛肉ダシダ
・チンして水分飛ばした残りもののご飯

「作り方」

中華鍋から煙が出るくらい熱してラードを入れ、卵液を入れて半熟状態のうちにご飯を入れ、すぐひっくり返してダシダを加えて強火で切るように炒め、ねぎとチャーシューを入れてときどき煽りながら(これが苦手)短時間でぱらぱらになるまで炒め、塩コショウで味を整える。

ご飯にあらかじめ卵液を混ぜて作るやり方もありますが、私は卵の塊も味わいたいので別々派です。

焼豚はラーメン用に作った時、あまったものや切れ端のくずを冷凍しておいてます。
ない時は豚こまにしょうゆ、酒、みりん、生姜にんにくををあえて電子レンジでチンしたものを使います。

他の方法としてこういうのがありました。

【検証】味覇(ウェイパァー)で炊いたコメで炒飯を作ると “『餃子の王将』の ...

なるほど、ウェイパー味のご飯を最初に作っておくと米に均等に油膜ができているから炒めるとぱらぱらしそうな気がしますね。

機会があれば作りたいけどウェイパー高いからなあ。。。

でも私が作るチャーハンも手作り焼豚を使うからコスパ良いとは言えない^^。

以前より店の味に近づけたような気がするけど香ばしさがいまひとつと感じるのはやっぱ火力の問題なんでしょうね。一人前ずつ作ることで解消されるけどちょっとそれもね。

でもあんまりこれ以上極める気もさほどなく。 ほどほどの出来で結構満足しています。

| | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

携帯用ボックスティッシュケース

1

花粉症の次女の為にBOXティッシュサイズのケースを作りました。
既に一個持ってるんですが、教室と部室用にそれぞれ置いておきたいとのこと。

Photo
広げた図。

リバティのフェリシテという生地とピンクの生地の境目に次女の希望でタティングレースで作ったブレードをつけました。

ぶりぶりしております。

 

これをひっくり返すと

Box

こうなってるわけです。
箱からごそっとティッシュをぬいて詰めます。

最近街頭であまりティッシュが配られてないから(田舎だから?)ポケットティッシュを買ってたんですけど、これだとかなり経済的。
すっと出せるし、使用面積広いし、一度に沢山持っていけるしねー。

一箇所寸法間違えちゃったけど気にしない。;

こちら↓を参考にさせていただきました。
とってもわかりやすく説明してくださってます。

携帯用ティッシュケースの作り方(切り替えバージョン)前編

携帯用ティッシュケースの作り方(切り替えバージョン)後編

Photo_4

イニシャルモチーフの大きさと位置がちょっと残念な感じです。
本当は2ぶんの1くらいのサイズにしたかったんだけど、理由がありまして。
インフルエンザの後遺症で熱が下がった後も目がぼーっとかすんでこれ以上小さい文字が刺せなかったんです。 爆 



図案をもっと小さくシンプルにすればよかったって話ですが、花文字が好きなのであえてこれで。

Sensu1

これは去年あきさんに作った扇子とそのケースですが、イニシャルモチーフは↑の半分位の大きさです。 やっぱこっちのほうが好き。

 

                           ※

 

インフルエンザまだまだ猛威ふるってますね。
私はあまり高熱にはならなかったのですが、下がったあともぼーっとしたり胃腸炎を伴ったりめまいがしたり、という後遺症に悩まされました。

普段も7時間以上寝るとバランス感覚が変になって気持ち悪くなるのであまり寝こまないようにしたのと、年末だったせいかちょこちょこ体を動かすようにしていたら治りました。

今回自分でもびっくりしたのが夜中にいてもたってもいられなくなってそわそわしたこと。
熱のせいなのかイナビルという薬の副作用なのかわかりませんが、大人でこんな感じならこどもが異常行動起こすのわかる気がします。

| | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

チョコナッツビスコッティ

Photo
微妙にコーヒーの湯気が写ってます^^

 

初焼きはチョコナッツビスコッティでした。

去年あきさんにいただいたビスコッティが美味しくて絶対年明けに作ろうと思っていました。
あと、無性にがりがりするものが食べたくなったんですよね。
歯ごたえのある食べ物が好きで、歯茎痛めそうなくらいかたい芋けんぴとか、ちょっと食感が違うけどかたーいあたりめとかいーって言いながら発作的に食べたくなります。

たぶん食べづらいものを食べることで無意識のうちに「食べ過ぎ」を制御しているんでしょうね。 いや、ま、量をとっちゃえば本末転倒なんですけど。(たいがい食べ過ぎて胸焼けおこすひと)

Photo_2

うまー。

なかしましほさんのレシピを参考にココアを混ぜて作ってみました。

沢山作って年末に寝込んだ時にお世話になったお三方にも差し上げました。

昨年はほんとに色んなことがあり、その度に相談に乗ってもらったり、見守ってくださったり、愚痴を聞いてくださったりで、人の情けが身にしみる1年でありました。

長年苦手意識のあったママ友に叱咤激励されることがあって、煮詰まってにっちもさっちもいかない時だったのでそれが本当にありがたくてありがたくて。
なかなかこの年になると(職場も年下ばっかりだし)本気で叱ってアドバイスくれる人っていないですよね。
怒るばっかりじゃなくて肯定すべきとこは肯定してくれて。(肯定してても怒り口調なのが愛すべきとこ^^)
いやー言葉の持つパワーってすごい。

私も少しずつでも誰かにこんなカタチで恩返ししていける人になれたらなあと思います。
口下手だから遠まわしになっちゃうかも、ですけど。^^

| | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

新年あけましておめでとうございます。

Hitujinenga_2

拙いブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。    菜さくら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                         *

 

 

コレ、いいですねえ^^

郵便局のサイト手作り風はんこ作成ツール

次女が見つけました。

できあがったはんこはちゃんと透過されて手持ちのはがきソフトで使えるようになってるんですね。

郵便局優秀~~~~~。

以下、年末になんの楽しみもなかったインフル親子が作ったはんこです。(顔が濃い人のほうがうまくいくみたいです。)

Photo_3     

       

Photo_5

Nishijima

       

Photo_10

Photo_6

        

Photo_7

 

Photo_11

        

Dai_2
使う時がない。

 

 

 

 

 

こんな私ですが今年もよろしくお願いいたします。

 

 

※はんこの正しい使い方

①子供達の画像ではんこを作る
②おじいちゃんおばあちゃんへの年賀状に使う

| | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »