« お弁当と映画と。 | トップページ | お盆はいかがおすごしでしたか? »

2014年8月 8日 (金)

手作りリバティの扇子(アレンジ編)

Sensunew

リバティーの人気柄エミリー(パステル)を使って友人親子に扇子を作りました。

100均扇子のリメイクも回数を重ねるごとにだーいぶ完成度が高くなってきましたよ。

1sensu_sensuire

このエミリー柄はとってもかわいくて、残ったハギレさえいとおしく、
ついでにケースも作ってみました。
リバティーの生地って手にとって眺めてるだけで癒されます。

Sensuire

生地が足りないので一つは半面に、もう一つは入口付近にちょこっと。
裏地つきです。

Sensuire3

裏面。

ちょっとさびしいのでいろんなタティングレースをつけてみました。

今回36センチ×48センチの生地でケース付き扇子が2セット作れました。

 

私が今まで参考にさせていただいているサイトはこちら→

扇子の作り方・扇子入れの作り方まとめ・工作・手作り・ハンドメイド・扇子ケース

今回は私なりにアレンジしてみました。
時々100均扇子のキーワードから来られるかたもいらっしゃるみたいなのでご興味のある方は参考になさってください。

 

↓  ↓   ↓

前回ポリエステル扇子の生地をはがして布生地を貼り、キーピングで糊付けしたわけですが、生地を骨にぴったり貼ると左右がつっぱって若干閉じにくくなるんです。

Photo_5

ここの部分です。

扇型の下の弧の部分のヒダは上部に比べてゆとりがないと閉じにくいので大きめに生地をカットして貼らなきゃいけないけど、そのゆとり加減がわかりづらい。
調整するのにまごまごしちゃうんです。

ということで今回はポリ生地をはがさず、そのまま裏にリバティ生地を貼ってみることにしました。

Sensumasuking

まずは他の方もされているように骨を固定するためにマステを貼り、

Photo

ポリ生地の裏側の骨部分にボンドを塗ってリバティー生地を貼っていきます。

Photo_2

この裏のポリ生地の折り目にそって凹凸に貼るようにすると「ゆとり」がでて閉じやすくなります。

Photo_3

貼り終わったらポリ生地をはがします。
ぺりーっと簡単にはがれます。

カットなどの後処置は↑のリンク先で参考になさってください。

今回はキーピングではなく、あまったボンドを薄いカルピス状に水で薄めたものを
扇子全体に塗りました。

乾いたらひだを折っていきますが、アイロンをかけなくても綺麗な折り目がつきます。

Shiage

きれいに幅がそろうと快感~♪

完成です。

ボンド液が濃いと最初ごわごわしますが、使っていくうちにスムーズになります。

前にも申し上げましたが、お手軽に作るにはリンク先にもあるgreen tea roomさんのレシピ(紙に直接はるやりかた)が作りやすいと思います。

以上、ご参考になれば(^^)

 

 

|

« お弁当と映画と。 | トップページ | お盆はいかがおすごしでしたか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/57029675

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りリバティの扇子(アレンジ編):

« お弁当と映画と。 | トップページ | お盆はいかがおすごしでしたか? »