« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

広島土砂災害地へボランティアに行ってきました。

一昨日被災地(安佐南区八木)に友人とボランティアに行ってまいりました。(長文です)

いざ行こうと決めたものの、私は小柄なので
「わ、ちっちゃいおばちゃんがきた」とがっかりされたらどうしようとか、
転んで腰を痛めて周りに迷惑かけたらどうしようかとか不安がありましたが、
この夏連日のようにのこぎりやスコップ片手に長時間庭仕事していた私。
体力には自信があったので迷いを振り切り災害ボランティアセンターに向かいました。

臨時の駐車場として案内された近隣の小学校(先着30台)が偶然にも私の母校でしたが、
思い出に浸る間もなく急ぎ足で受付場所へ。

 

私たちボランティアはまず安佐南区総合福祉センターという場所で受け付けします。
(安佐北区にも災害ボランティアセンターがあります)
保険加入等の登録手続きをしてからシャトルバスで現地にピストン輸送されます。
すでに建物の外で長蛇の列ができていましたが朝8時半すぎには中に入り、
諸手続きをすませ、12人一組になり、その中からリーダーを決めました。

ところがいざ現地へとバスを待っていたのですがなかなかGOサインが出ません。

Photo
1200人が福祉センターの駐車場でじっと待機中。中には気分悪くなられる方も。

 

代表の方に聞くと被災地のニーズの収集や、それに対するボランティアへの具体的な指示等がうまくいかず、運営センターが混乱ている、とのことでした。

その上時折雨が降ってきたり現地がガス漏れしていると聞いた時は、
今日はこのまま中止かなと半ばあきらめていました。
が、3時間後(TT)にようやく準備が整ったようなのでバスで出発しました。

バスからの移動中、窓から土砂崩れした箇所を見た時は「ああ。。。」という悲嘆の声があちこちから聞こえてきました。

Photo_3
窓越しの携帯画像なので荒くてわかりづらいですが、一番被害がひどかった場所です。

Sh380753

サテライトと呼ばれる運営センターに着き、注意事項を聞いて要請されている家の被害状況に応じた清掃道具を貸りてグループで出発します。

Photo_6
個人宅なので画像を加工しています

バス通りからほんの数分でこう配のきつい被災地に着きました。
道路脇には土嚢やがれきが積み上げられ、山津波の爪痕を残しています。

 

局地的な豪雨で引き起こされた山津波の濁流は山を削り取り、木々をなぎ倒し、家と家の合間の道路を一気に流れていきました。角地の家は特に被害が深刻そうでした。

Photo_4

隣の地区に住む友人によると、ものすごく近い範囲でひどい所とそうでなかったところが混在していて同じ地域でも明暗が分かれている状態と言ってました。

Photo_8

ここは山すそのあたり。

この周辺でボランティアを、と要請があったのですが、
どこの家かわからずしばらくサテライトから細かい指示があるまで待っていました。
今すぐ泥や瓦礫の除去作業にとりかかれるところは沢山あるのに、
要請がある家じゃないと勝手に作業はできないのです。
すぐにお手伝いしたいのにできないジレンマ。(3時間以上も待ったから余計に)
グループリーダーが視察に行きましたが、土地勘もなく、専門家でもないので戸惑っておられる様子。
これは無理もないです。
指示する人はプロではありません。素人集団が選んだ素人の若いリーダーです。

突然若いインタビュアーが「どこから来たのですか?」と聞いてきたので「隣の市からです」と答えると「なんでですか?」と聞かれ一瞬返事につまりました。
デリカシーがないなあと思いながらもたどたどしく答えたんですが翌朝その番組を見たらやっぱりカットされてました。映りたくなかったので願ったりでしたけど。ふんだ。

ちなみにその番組の翌朝のタイトルが「広島土砂災害 ボランティア来ない町」

むっかー~~~~~~~~(-_-メ)

内容は

「ボランティアが機能しない理由としてはボランティアセンターの人手不足があげられている。被災地まで先導する人がいないことやボランティアを指揮する人が足りないということだ。ボランティアに来ている一般の人がこういった現場になれていないというのも理由の一つだ。」

ということでした。的を得てるところもあるけどタイトル端折りすぎ。失礼だよ!(TT)

 

すみません、話を元に戻します。

やっと指示が明確になって家に行くとすでに他のボランティアの方と家の方が車庫の泥のはきだしておられてて、私たちはその泥を集めて土嚢につめる作業をしました。
ここから先は写真を撮る暇などありません。

もくもくと作業開始です。
一人でも作業できるようにバケツに土嚢袋をかぶせて泥を詰め袋を取り出し路端に積んでいくわけなんですが、水分を多く含んだ粘土質の泥は重くて容赦なく服や顔に飛び散ります。
泥は汚水が混じったようなヘドロの匂いがしました。
途中目のあたりにも散り、洗おうとしても水がないのでタオルで拭いましたが、
今でもちょっとこめかみのあたりがごろごろします。
友人は泥のついたところ(手首)がいまだにかゆい、と言っていました。

 

ほぼ綺麗になると次は隣家の物置の泥をかきだすことに。
明るそうな家主さんだったので、バケツが足りなくなった時

「すいませ~ん、この植木鉢の土どけてバケツがわりに使っていいですか~?」と聞くと

「えーよえーよほんまありがと。もうなんでも使って。もうどうにでもして。いやほんまもうどーでもええ。ははは」と明るくて豪快な答えが返ってきたので場が和みちょっと救われました。

その後もグループで励まし合いながら泥をかきだし、
あっという間に3時間たち、終了時間になりました。
帰り際家の方に山ほどお菓子を差し出され、
遠慮すると「えーけえーけ」「またきてね」と友人のリュックにぎゅうぎゅうに詰めておられました。
不謹慎かもしれないけど、お手伝いする側はよっしゃーと元気に、かつ淡々とこなす=それでいいと思います。

住民の方にもよります。空き巣が入ってるところもあるので、外部から来た人にたいしてナーバスになっておられると聞きました。)

 

 

サテライトに戻るとみなさん泥だらけです。
長靴やスコップの泥を洗い流し、手をよく洗ってうがい薬でうがいをしました。
細菌を一杯ふくんだ泥は放置しておくと危険です

地元のボランティアの方々からおにぎりや漬物やパンをいただきました。ありがたいことです。

ここでも「また来てください」と言われ本当に嬉しかったのですが、実際のところ待機している時間が長く、もっとお手伝いできたのになあと物足りなさを残したまま被災地を後にしました。

 

 

                          ※

最後にこれからボランティアに参加しようと思っていらっしゃる方がいらっしゃったら参考になさってください。(募集は県内在住の方に限られます。)

長くなるので一旦たたみますね。

続きを読む "広島土砂災害地へボランティアに行ってきました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

弁当2倍

Photo

娘二人分の弁当です。
一人分と二人分ではあまり手間はかわらないですね。

・とんかつ
・卵焼き
・アスパラベーコン
・ブロッコリーの塩茹で
・にんじんしりしり

Photo_2

・ぶりの照り焼き
・卵焼き
・筑前煮
・アスパラとえびの塩茹で
・スレンコン
・しそ プチトマト

 

 

Toyo

・からあげ
・チーズのりのちくわ巻
・うめしそ胡瓜のちくわ巻
・卵焼き
・ピーマンのガーリックマリネ
・ウィンナーのケチャ焼き
・鮭の塩焼き
・おむすび

これは近所の男子中学生と女子高生の姉弟弁当で、男の子の方は弁当の大きさも1・5倍くらい。(男子の量はよくわからん~~)
両親が急に1週間ほど家をあけなくてはいけなくなり、彼らだけで家事を分担しながら学校に通っていたけど後半しんどそうだったので何品かおかずと一緒に差し入れました。

娘が子供のころからよくお世話になっているので、うちに食べにおいで~と誘うけどやっぱ年頃の異性の兄弟は遠慮しちゃいますよね。
弁当やごはん届けると「まじうれしいっす!!!!」と喜んでくれたのでおせっかいのしがいがありました。

 

続きを読む "弁当2倍"

| | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

広島市土砂災害 

土砂災害で亡くなられた方に心からお悔やみ申し上げます
再び雨が降った広島市では、今なお山すそから水が出ていて、土砂災害のおそれが高まっていると聞きます。

Dsc_13921

今回被害がひどかったところは10年前まで母が学習教室をしていたところで、私も学生時代には手伝いに行き、まさに今回土砂で埋まってしまった場所によくDMを入れさせていただいていました。
県営住宅もいっぱい建ってたんです。

もうその頃の小学生達は大きくなっていますが、どうぞ無事避難できてますように。

それからマスコミがヘリを沢山低空飛行で飛ばしているため、音がかき消されて生き埋めになっておられる生存者の声が聞こえないらしいとのこと。
先日日航機墜落事故のドキュメンタリーを見ていたんですが、そこでもマスコミのヘリが邪魔で救助 ヘリが近づけなかったと言ってました。
もうなんたること。行政はマスコミをしっかり取り仕切ってほしいです。
確かに上空から撮ることによって被害の全貌を把握しやすいけどもっと少なくていいはず。

「災害時の報道の役割は、情報伝えること、被害を抑えること、被災者の情報ニーズに応えること、被災者の恐怖や緊張を軽減すること」 

-災害とマスメディアよりー

どうぞ行方不明の多くの方が早く救助されますように。

これ以上被害が広がりませんように。

被害地域の1日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

                     ※

早速友人から物資提供協力のメールがまわってきました。タオルとか。
(日によってニーズが変わってます)
自分ができることからやっていこうと思います。

広島土砂災害への寄付・義援金&災害ボランティアまとめ

安佐南区社協ホームページ (ボランティア関係)

| | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

お盆はいかがおすごしでしたか?

Sakura

お盆前の弁当画像です。

・豚肉の紫蘇チーズ巻
・卵焼き
・にんじんのマリネ
・ズッキーニのカレーソテー
・プチトマト しそ
・ゆかりごはん

Photo

・ハンバーグの紫蘇巻き
☆簡単☆激ウマ☆アボカドのオーブン焼き☆
・ピーマンソテー
・ズッキーニソテー
・プチトマト

Zukkini

・ズッキーニの豚肉巻
・いんげんのおひたし
・筑前煮
・かみなりコンニャク
・卵焼き
・にんじんのごまソテー
・魚フライ

 

                             ※

台風の日に大阪に行ってきました。

続きを読む "お盆はいかがおすごしでしたか?"

| | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

手作りリバティの扇子(アレンジ編)

Sensunew

リバティーの人気柄エミリー(パステル)を使って友人親子に扇子を作りました。

100均扇子のリメイクも回数を重ねるごとにだーいぶ完成度が高くなってきましたよ。

1sensu_sensuire

このエミリー柄はとってもかわいくて、残ったハギレさえいとおしく、
ついでにケースも作ってみました。
リバティーの生地って手にとって眺めてるだけで癒されます。

Sensuire

生地が足りないので一つは半面に、もう一つは入口付近にちょこっと。
裏地つきです。

Sensuire3

裏面。

ちょっとさびしいのでいろんなタティングレースをつけてみました。

今回36センチ×48センチの生地でケース付き扇子が2セット作れました。

 

私が今まで参考にさせていただいているサイトはこちら→

扇子の作り方・扇子入れの作り方まとめ・工作・手作り・ハンドメイド・扇子ケース

今回は私なりにアレンジしてみました。
時々100均扇子のキーワードから来られるかたもいらっしゃるみたいなのでご興味のある方は参考になさってください。

 

↓  ↓   ↓

続きを読む "手作りリバティの扇子(アレンジ編)"

| | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

お弁当と映画と。

Photo

豆型の弁当箱買いました。
豆つながりでなんとなく豆ごはんをイン。

・枝豆ごはん
・胡瓜の梅和え
・湯葉しんじょ(冷食)
・えび塩茹で
・出し巻卵
・酢れんこん
・なす南蛮
・きのこのマリネ

Photo_2

・黒ごまジャージャー麺
・プチトマト ゆで卵 きゅうり

木の弁当箱にジャージャー麺はミスマッチでした。というか変な盛り付けです。TT

Kiriboshi

・切り干し大根の煮つけ
・出し巻たまご
・黒豆
・にんじんしりしり
・おくらの煮びたし
・鮭の西京焼き

Jpg2

viuさんが絶賛されてた井上絵美さんレシピの「アボカドと明太子の冷製パスタ」 を作ってみました。
旦那がアボカドNGなので娘達と優雅にお昼ご飯としていただきました。
生クリーム系なんですが、ごま油とねぎがいいアクセントになってます。
うん、これは女子が好きそうな味♪

ほとんど娘達が平らげてしまいました。
私はレモンとねぎをどばーっとかけて。
油脂類が多いけど思ったよりくどくなかったかな。
美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "お弁当と映画と。"

| | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »