« カーナビ | トップページ | ありの~ままの~♪ »

2014年5月 9日 (金)

栗のパウンドケーキ

津田陽子先生の本「クレア・イーツ」に載っている「マロンのケイク」を作りました。

Maron

 

やわらかな食感を生かすために、栗は手でつぶして使うそうです。
ごろっと丸ごと入っているパウンドもいいけど、生地全体に馴染んでいるしっとりタイプもいいですね。

 

 

 

実はこれを作るのは2回目。
1回目は生焼けっぽく、目のつまった部分が残りました。
これはうちのオーブンが古くて温度が低いせいと、本来12センチのスポンジ型で作るレシピなのに高さのあるドロワ型で作ったのが原因。

 

Photo

 

 

 

 

2回目はレシピよりも高温にして長く焼きました。

 

 

電気オーブン200度で20分、180度で25分、

最後は焼けているかどうかを目で確認しながら焦げ目防止にアルミホイルをのせてさらに10分。



 

今度はうまくいったみたいです♪

 

 

 

 

 

 

次は残っている解凍渋皮煮が痛まないうちに同本の「マロニエ」という栗入り蒸し焼きチョコレートケーキを作ろうと思います。

 

この本が発売されたのはもうかれこれ7年も前になるのですが、
当時お菓子ブロガーさん達が競っておいしそうに作っておられるのを見てその波にのって買ってみたものの、まだ数えるほどのレシピしか試していません。

 いつか全レシピ制覇したいものだ、と思いつつ7年経ちました。(汗

 

|

« カーナビ | トップページ | ありの~ままの~♪ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/56118022

この記事へのトラックバック一覧です: 栗のパウンドケーキ:

« カーナビ | トップページ | ありの~ままの~♪ »