« 宮島の揚げもみじ | トップページ | マンゴーのプディングタルト »

2014年5月31日 (土)

バイオリンの艶

Photo_2

・チーズとカボチャとおくらの肉巻
・サツマイモレモン煮
・にんじんの煮物
・かぼちゃのカレーソテー
・ちくわのソテー
・のり入り卵焼き

 

Photo_3

先月アップしそびれたお弁当です。

・たけのこごはん
・タラの芽天ぷら
・梅ときゅうりの酢の物
・サツマイモのレモン煮
・雷こんにゃく
・味付け卵
・ハーブソーセージ?
・ボストンレタス

 

 

 

Bakudan

爆弾おむすび
・にんじんしりしり
・ごぼうの酢の物
・おくらのおひたし
・たけのことわらびと豚肉の煮物
・魚のフライ
・リーフレタス

 

 

録画していた先週の「NHKららら♪クラシック」を見ながらブログ書いてます。
今回はチャイコフスキーのバイオリン協奏曲の特集でした。
クラシック音楽の中で一番お気に入りの曲なんです~♪

なんて言うといかにもクラシック愛好家をきどってるような口ぶりですが、
きっかけは数年前に見た大ちゃんのショートプログラムでした。

まあ。。。ニワカですから。^^ 
「のだめ」や「フィギュアスケート」が入口(クラシックの)だという方は他にもいらっしゃると思います。

 

 

 

 

ご興味のある方は続きをどうぞ↓

 


Nodame Cantabile SP2 part1 投稿者 eiko321

のだめの動画お借りします。
最初に流れている曲ですが、よく耳にしますよね。

「ららら♪クラシック  華やかなバイオリンの名曲に秘められたドラマとは~」というテーマで番組は進行していくのですが、チャイコフスキーは実は同性愛者である故に結婚に失敗し、ヴァイオリン協奏曲は失意の中で作った曲だったという過去や、チャイコフスキー独特の演出方法等をニワカにもわかりやすく解説してくれてます。
興味のある方はコチラ へどうぞ。

その中で、ゲストや司会者が言っていた箇所

「ある種わい雑な部分っていうのもあってすごく品もいいんですけどなんかそこのところのせめぎ合いがすごく魅力的な女性像を描いてる作品な感じが…。」

「僕もチャイコフスキーにはエロスは感じますね。
かっこよく潔く。」

ああ、だから大ちゃんのイメージともあっていたのか、と納得。
バイオリン協奏曲=エロスだなんて全然結びつかなかったけど、
無意識にしろこの曲で大ちゃんに振付けしたモロゾフのセンスってすごいなあと思います。

動画お借りします。

大ちゃんお得意のタンゴやヒップホップなどのプログラムほどインパクトはないのですがなーんか好きなんですよね。

緩急あるヴァイオリンの音色が艶っぽいんでしょうかね。
のびるスケーティングとあってます。

 

 

ちなみにこちらはヴァイオリンで18禁の音色をだしちゃう神童の動画。

 

真央ちゃんの使用曲にもなった「チャルダッシュ」です。

とてつもない才能の持ち主で素晴らしいと思うんですが、あんまりにも艶っぽく演奏するので毎回観るたびに「ウハー」ってふぃちゃうんです^^
中におじさんが入ってるんじゃ。。。

 

ちなみに今日の「ららら♪クラシック」はピアソラのリベルタンゴです。

バンドネオン大好き♡

NHKEテレで夜9時半からです。

 

楽しみ~^^

|

« 宮島の揚げもみじ | トップページ | マンゴーのプディングタルト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/56346172

この記事へのトラックバック一覧です: バイオリンの艶:

« 宮島の揚げもみじ | トップページ | マンゴーのプディングタルト »