« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

リボンのチョコケーキ

Segasu2

もう一つのサンセバスチャンです。

転写シートの「キャスパー」 を使ってチョコのリボンを作りました。

帯状にシートを数枚切って輪にしてリボンを作るのですが、
長方形の帯だと接合部分が重なって綺麗なドーム状のリボンにならず、
先端のチョコを削ったり、溶かしたりしてなんとか接着しました。

以前はそんなに苦労しなかったのになんでだろ~と思って過去画像見たら、ケーキの大きさやリボンの太さや個数が違ってました。

今回はケーキの大きさに対してリボンが大きかったのか。

Yokochoko

エヴァンタイユバージョンと一緒に慎重にお届け。

しばらくご縁がなかったのですが先日5年ぶりにお会いしたときに味を覚えてくださってたみたいで今回また作ることになりました。

喜んでいただけたみたいでよかった^^

続きを読む "リボンのチョコケーキ"

| | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

エヴァンタイユ

 

Dsc_4292_2

サンセバスチャンです。
味も見た目(カット面)もゴージャスで、友人からのリクエストが一番多いバターケーキです。

 

Photo_21

カットするとモザイク模様がでてくるサプライズ。(撮影by usa)

今回贈答品にも使いたいから、ということで2台頼まれました。

 

 

 

 

 

TOPには飴がけマカデミアナッツとエヴァンタイユというチョコ細工をのせてます。

飴細工は冷蔵庫に入れるととんがった部分が大分溶けちゃいました。
砂糖に水を足してないのになんでーーー??と毎回悩むのですが、
どうやら飴細工は庫内の湿度で溶けるみたいですね。
温度よりも湿度のほうが問題なんだ。

 

 

 

そして鬼門のエヴァンタイユ、、、噂には聞いてたけど難しかった(TT)
友方さんのコチラ のレシピを参考にさせていただきました。
普通なら教室や学校に行って習得できる技をこうしてネットで丁寧に公開して下さるとは本当にありがたいことです。

しかーーし。ポイントを踏まえて繰り返しチャレンジするものの、技術がともわなくてなかなか綺麗なヒダが作れず。

Kakera

何回目の挑戦だろう。
エヴァンタイユさんの残骸です。
でもここまできたら形になるまで早かったような。

Kakera2

だいぶ近づいてきました。
まだちょっと分厚いですけど私にしてみたら進化しているほうです。

コツは
①テンパリングしないことと
②室温20度~22度を保つこと、だそうです。

この②の適正温度っていうのが大事で、このポイントなくしてエヴァンは攻略てきないのですよまじで。
ヒダがつくってことはある程度チョコが柔らかくないといけなくて、しかも手で触って溶けない程度の絶妙な温度。
室温20度以下だとチョコが折れ、22度以上だとパレットナイフにくっついてダンゴになる、だそうです。

この日の気温は若干低めだったから、ウッドデッキに出て、虫の侵入を気にしながら削りました。
通りすがりの野良猫の目線も気になりました。
温度上げて室内に戻って作業してもやっぱ固まっちゃうですよねえ(TT)。
いやあ、こんなに必死なのって私だけ??笑

テンパリングしたチョコでも作りましたが、すぐかたまるので確かに扱いづらかったです。
失敗したチョコをもう一度溶かして作ると風味も艶も落ちますが、なんとか形にはなります。
まだまだ練習が必要ですが、エヴァンタイユが攻略できたらコポー類も上手にできそう。

エヴァンタイユ=扇型という意味ですが、

 

Img621031171
参考URLhttp://item.rakuten.co.jp/roseshop/322-1312071001-001/

こちらは「エヴァンタイユドール」という薔薇。
やはり花びらが扇の形をしているところからそう名づけられたみたいです。

いつかこんな薔薇チョコで作れたらいいなあ。
ホワイトチョコだとますますハードルがあがっちゃうかな。

Photo

ピアノ教室をしている人なので楽譜の転写シートを使ってチョコをはりつけました。

もう一台のサンセバスチャンの紹介はまた次回。
TOPのデコを変えてます。

| | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

イニシャルモチーフのクロスステッチ

Photo

あらららピントが手前の花にあってますね。

この写真の何がウリかって言うとですね、刺繍した「A」というモチーフじゃなくってね、もちろん手前の花でもなくてね、ネット(ココで一目ぼれして買った額縁のほうなんですよ。

アンティークでシャビーで素敵だと思うんですけどいかがでしょう?

だったらタイトルを「アンティーク&シャビーなフレーム」にすればって話ですけどね。
お気に入りの額縁にあう刺繍を施しました、なんておしゃれブロガーを気取りたかったんですよ。
あ、「アンティーク」と「シャビー」って言葉も使ってみたかっただけなんですけど、同じ意味かもしんないですね。(←調べろw)

 

イニシャルモチーフは「SAJOU」さんの図案を参考にしました。

「SAJOU」さんっていうのはおふらんすの有名な刺繍デザイナーさんなんですけど、彼の図案をスキャンして公開されている親切な海外サイトさんがあって、そこから図案をひっぱってきました。

でもこれってよかったのかな。
作者が1800年代の方なのですでに著作権は切れてるし商用じゃなく個人で楽しむ分はOK? って、そういう問題じゃないのかしら。
でも問題あったらそのサイトも閉鎖されちゃいますよね。ね?ね?

あやしいのでリンクははりません。

Demado

玄関前の小さなスペースにおいて眺めてます。

| | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

女子っていうやつは。

Bakudan1

・ばくだんおむすび
・ピーマンとじゃがいものカレー炒め
・たたきごぼう
・土筆の佃煮
・梅ときゅうりの酢の物
・卵焼き
・ハンバーグ(惣菜)
・レタス

Photo

・砂ずりのレモンソテー
・だし巻たまご
・ごぼうの酢の物
・ほうれん草のナムル
・切り干し大根

Photo_2

・たらこスパゲッティ
・ウィンナー
・卵焼き
・レンコンのきんぴら
・レタス プチトマト にんじん

ゆずファンの次女のためにここ最近コンサートのチケどりに躍起になってました。
ーローチケ、eチケ、ぴあ、生協。ー
先行はことごとくだめだったけどローソンの一般販売でようやくとれました。

30分前からロッピーにスタンばってた次女ですが、
いざ時間になると込み合ってるのか何度クリックしてもなかなかとれず。
すると後ろにいたおねえさんに、
「そういう時は一番最初の画面に戻るといいですよ。」
と言われ、アドバイス通りやってみたら、なんと一発OK!
おねえさんの裏ワザがなかったらアウトだったでしょう。ありがたやー。

2階ステージサイド席が1枚だけとれました。
次女にとって初めてのコンサート、しかもぼっち鑑賞ですが、とても喜んでいます。

そもそも最初はゆずのファンの子と二人で行くつもりだったのが、
「私もいく~」とライトなノリの女子達が加わってきて、
「Sちゃん(次女)が席とってね。4人連番じゃないとやーよ。」と面倒なチケどりまで頼まれたらしいのです。

「なんだよそれ。ほんとに行きたい人が行けなくなるじゃん!
ファンクラブに入ってるわけでもないのにとれるわけないじゃん。(怒
せめて2組に分かれてとりなよ。」と言うと

「4人一緒じゃないと行かないんだって。
4枚か0枚か、なんだって。」

かー!!!!!まったくこれだから女子は(`Д´) ペツ

「あ、だからねー、おかあさん、最初から4人で申し込む必要ないから。
2枚か、それがだめだったら1枚でとっといて。」と娘。

「え、大丈夫なん?とれたらみんなにだまって行くん?」と聞くと

「いや。 色々やってみたけどだめだった、一枚だったからとれた、って言って行くよ」

なるほどな。正しいな。

彼女は仲間ともつるみますが、きっと将来一人でご飯食べたり旅行したり映画に行ったりすることに抵抗のないタイプだと思います。
余計な気を使わず、自分のペースで本当にしたいことができるものね。

私と長女は楽しいことを人と共有したい方なので映画も食事も友人と行きます。

一人で食事すると周りの視線が気になって落ち着かないかもしれません。
周りの人はそんなことなんとも思ってないのにね。

一人(独り)が不安なのは私のほうかもしれませんね。

| | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

盆栽プリザのその後

Dsc_4183

満開の桜よりも散りかけた桜が好きです。

花びらが散ったあとに残るガクが、桜の木全体をほんのりピンクに染めるんですよね。
そのガクもいずれ落ちちゃうんですけど、若葉がふく前のこの瞬間がとても好きです。

 

 

 

 

 

 

昨日アップした盆栽プリザに手を加えました。

 

Good

娘が「正月の花みたい」ですと。

そそそそうね。
私が生けると角松みたくなっちゃうんですよね。

 

撮った写真は来年の年賀状に使おうかな。
作品は母の日に姑さんへプレゼントします。

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

空間認識

何年かぶりにプリザーブドフラワー教室に行ってきました。

教室といっても勝手に花材をとり、各々好きなアレンジを作るというわりと自由な空間で、のびのびと作らせていただいてます。

Bonsai11

盆栽用の器にコケ玉をのせ、菊類のプリザをのせていきます。

メインは「ワイン」という深い赤の薔薇。
そのままの形でも綺麗なのですが、今回は「和」を強調したかったので、
一回花びらを全部ばらして逆につけ、ボタンのようにあしらってみました。

写真に撮ってみるとわかるんですが、↑の写真では左上の空間が
ぽっかりあいてて寂しい感じがします。

 

Photo_2

枝がひとつ増えたのがわかります?
画像ソフトで遊んでみました。

ちょっとひきしまった感じになったと思うのですがいかがでしょう?

Priza

これは家にある花材を足したもの。

あんまり花材を足すと「ザ、アレンジ」って感じがして
せっかくの「和」の良さが死んじゃってる気がする。
コケ玉も隠れちゃってるし。。。
むー、難しい^^

 

 

デコレーションやフラワーアレンジを直観的にさささっとできちゃう人ってうらやましいです。
あとカメラの構図をぱぱぱぱと決めれちゃう人とか。

きっと空間認識力が高いんでしょうね。

 

空間認識力と言えば、地図が読めて運転の上手な人(特に女性)に憧れます。

私はだめ。
地図読むのは好きですが、ぐるぐるまわして見ちゃったり、気が付けば自分の頭を傾けて見てたりも。 笑
そしてナビを使わないアナログ人間です。

 

 

(使えないんじゃなくて使わないんだ! ( ` ・ ω ・ ´ )キリッ)

| | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

春ですねえ。

 

New

・チンジャオロース
・れんこん、きゅうり、わかめ、エビの三杯酢
・こんにゃくの土佐煮
・卵焼き

Photo

・鮭塩焼き
・卵焼き
・さつまいもオレンジ煮
・ほうれん草のおひたし
・つくね(冷食)
・酢レンコン
・サニーレタス
・ゆかりごはん

Photo_2

・きのこと枝豆のマリネ
・酢れんこん
・照り焼きチキン(冷食)
・えびとトマトのバジルソース
・栗甘露煮

 

 

 

 

 

 

 

風に舞う桜の花びらの中をチャリで通勤する幸せ。

一瞬ですけどね。

たくさんの花びらを落とした幹からは来年たくさんの花が力強く咲きます。

刹那じゃなく再生。繰り返し。永遠。

 

 

さっ明日もがんばるぞーp(´∀`*)q (←しごとでちょっとシパーイしたひと)

| | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

今度はつぶ貝!

Photo

・牡蠣のオイル漬け
・卵焼き
・かぼちゃのバターソテー
・切り干し大根の煮物
・ウィンナーのベーコン巻
・グリーンリーフ

 

Photo_2

・牡蠣ときのこの炊き込みご飯
・ポテトサラダ
・えびときゅうりの三杯酢
・たたきごぼうの酢の物
・春巻き(冷食)
・海苔入り卵焼き
・苺

 

きのこの炊き込みご飯を作り、牡蠣のオイル漬けをあと乗せしています。
子供たち(アブラスキー)にはオイル漬けに使ったガーリックオイルを少し混ぜてやると
ピラフみたいになり風味が増します。

 

Heart

・鮭
・半熟煮卵
・エビの塩茹で
・きのこのマリネ
・素揚げレンコン
・メンチカツ(惣菜)
・プチトマト グリーンレタス

 

 

 

 

 

Photo_4

いただいたつぶ貝を甘辛く煮ました。

つぶ貝にも色んな形があるみたいですが、こちらでよく採れるのは
写真手前の「しったか貝」というころんとした黒っぽい貝です。
よく居酒屋で待ち針にさされて出てきます。

つぶ貝の醍醐味は何と言ってもワタまでちぎれずに取り出した時の爽快感ですね! 
貝の巻きと同じ方向にクルクル回してうまくとれた時は思わずにやにやしてしまいます☆・゚:*:゚. (о´∀`о)

 

小粒だけどサザエより身が柔らかく、ワタの苦味がなんといっても美味しい。
ただ、岩にはりついているのか?まわりはコケみたいな藻みたいなものがついていて
煮汁がどろっとしているのはたぶん、これらの成分かしら? 

 

 

 

・・・大丈夫ですか?ついてこれてますか?
「コケ」とか「藻」とか「待ち針もってにやにや」とかこのひと大丈夫って思ってませんか?
一応下処理はするんですけどこのクロロフィル(言い方変えた)たちはなかなか落ちないんですよね。
味がしみたところで煮汁は捨てましたケド。。。

 

Photo_5

これはつくしの佃煮のリベンジ。

つくしは胞子の苦味が美味しいんですってね。
今回は傘が開いてないつくしばっかりだったので緑色の液はあまりでませんでした。
(つまり胞子は抱き込まれたままだという事実)

 

 

つくしの胞子とつぶ貝の藻。

 

この春、「これ、食べて平気なの?」的な未知の葉緑素との戦いでしたが
私の中でなにかが変わったような気がします。
他にも食べれる珍味があったら食べてみたい。

あ、でも食べ過ぎには注意ですからね。
つぶ貝もスーパーで売られているものは大丈夫ですが、種類によっては食べ過ぎた場合、
めまいなどの中毒をおこすこともあるみたいです。

| | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »