« つくしの佃煮 | トップページ | 今度はつぶ貝! »

2014年3月28日 (金)

苦味

あくの強い食べ物はとりあえず天ぷらにするとうまい。

そんな天ぷら万能説を信じているので
さっそくいただいたふきのとうを揚げてみました。

Photo_2

写真は夕飯の残りものですけど。

・ひじき入りいなりずし
・ふきのとうのてんぷら
・サツマイモオレンジ煮
・ほうれん草の胡麻和え
・味付け卵
・酢れんこん
・プチトマト しそ

歯ごたえが欲しいのでいなりずしの中には福神漬けのレンコンも入れています。
福神漬けもこれまた万能なんですよね。 酢飯によくあうと思います。

アップしそびれた弁当↓

Photo_3

・卵焼き
・メンチカツ(惣菜)
・春雨サラダ
・れんこんのきんぴら
・さつまいものレモン煮
・うめしそちくわ
・グリーンレタス プチトマト

Photo_4

・オムライス
・梅ときゅうりの酢の物
・キノコのマリネ
・竹輪のソテー
・えびのトマト煮
・酢レンコン
・ひじきの煮物

 

 

 

 

それにしてもふきのとうの天ぷら美味しかったー^^
たくさんは食べれませんけどねー

大人ってなんで苦いものが好きなんですかね?
コーヒーにビールに魚類の「肝」に春菊、etc...
年をとるにつれて味にバリエーションを求めるんでしょうね。
舌が敏感な子供たちにとっては甘いものが一番の美味しい刺激なのかな。

|

« つくしの佃煮 | トップページ | 今度はつぶ貝! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/55550719

この記事へのトラックバック一覧です: 苦味:

« つくしの佃煮 | トップページ | 今度はつぶ貝! »