« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

サントノーレ

Photo

リクエストされた「サントノーレ」
バリンとした飴やパイやクリームの食感と味のコントラストを楽しむケーキです

Photo_4

TOPの飾りは100円のカットフルーツです 
2.5粒で100円は割高だけど、ちょっと使いたい時にはちょうどいいですね 

Photo_3

15年ぶりに焼いたシュー   
緊張しました

中央のシュー皮はいい形だけどこれでは膨らみすぎ 
サントノーレはこの裏側に飴をつけて逆さまに貼り付けます 

 

Photo_2

 

パイ生地の台にシュー生地を絞り、
飴がけした小さなシュークリームをぐるりと王冠形に貼り付けて、
中央にカスタードクリームと、クロカンクリームをつめ、
トップにシブストクリームを絞ります   

 

 時間との戦い=シュー作業
 何故か量が減ったカスタードクリーム
 温度管理のうるさいイタメレ
 ものすごくゆるかったシブストクリーム(後で強引にゼラチンを投入) 
 しかも軽いはずのシブストクリームが超甘くてくどい 

 

 

も う 二 度 と 作 る も ん か と 誓 っ た ケ ー キ で し た 

 

(´;ω;`)ブワッ 

 

 

 

先日の濃厚ブラウニーで胸焼けして以来、私の胃は守りに入ったもよう(;ω;)  

 

| | コメント (4)

2013年1月27日 (日)

Wチョコロール

Rollcake_2

ルバーブのコンポートが入ったWチョコロールです

Ll

久々のメレンゲ作業

なんかおちつく~~
お菓子作りで一番好きな作業かもしれません 

 

カットした時に落ちたルバーブは綺麗にしてから埋め込みましょう('∀`)

いつもはシフォン生地ですが
今回はチョコクリームとなじませたくて
火練りのしっとりスフレ生地にしました 

続きを読む "Wチョコロール"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

禁断の、

Photo

時々無性に食べたくなる津田先生レシピのオランデーズ
食べ始めるととまりません

焼き上げた時、エッジが綺麗にたつように今回は小麦粉を増やしました
私比では綺麗に出来たんですが味はやっぱり先生のレシピの方が美味しいと思います
ちょっとクリスタルシュガーもつけすぎちゃった

先生のレシピはバターが多いからガレットにちょっと近い感じ?
でもそのぶん生地がゆるくなっちゃうんですよね

見た目をとるか味をとるか 

 

Coffee_break

ちょっとこたつで一服.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 

 

結婚して以来初めて買ったこたつ
実に16年ぶりです 

 

家族にアレルギー体質の人々が多いので
ほこりのたまりそうなこたつを避けてたんですが
年末に一時帰国する旦那のために無印で買いました
受験のぴりぴりした雰囲気を和らげるような景観を作ってあげたかった(ホントホント)

でもねー

「ちょっとだけよ」のつもりが一旦入ると抜けられない禁断の堕落ゾーン

こたつ、お菓子、録画ビデオは
真冬の三種の神器です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

Brownie

Photo

ルバーブのコンポートを入れた、しっとりフレンチなブラウニーです
ルミ先生のパリ風ブラウニーのレシピを参考に、家にあるものを寄せ集めて作りました


サワークリームとナッツも入れて
さらにホワイトチョコでうっすらトップコート

見た目ブロンディに負けないくらいゴージャスになりました
赤い方は「超苺」というチョコでマーブル模様を作っています

ブロンディが金髪美人のマリリンモンローだとすると
ブラウニーは小麦色のビヨンセってところでしょうか・・・ 

 

 

(らしくないことを言って照れてます) 

 

 

あれ?小麦ってよく考えたら白なのになんで小麦色は日焼けした色のことを言うのでしょう?

Marble_blounie

食べた娘の感想 

 

「上のホワイトチョコ いらん  特に苺チョコ」 

そーよねえ お母さんもそう思ったさ 
ホワイトチョコも苺チョコも甘ったるくって主張しすぎ

たぶん、チョコ生地がビターなスフレタイプだったら食感も違って面白かったかも
その場合はナッツも省いて

 

チョコマーブルはまあまあだそうです
でもブロンディの方が美味しいのだそうです 

やっぱ適当にレシピいじっちゃいけませんね

 

続きを読む "Brownie"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

Blondie

Bl

ブロンディというお菓子です
ブラウニーのホワイトチョコ版ですね
ブラウニー→茶色 に対して黄金色に焼けるのでブロンディと言うのだそうです

ゴージャスなのはネーミングだけじゃありません
まー、お味がほんと贅沢極まりないんです
アーモンドプードル、ホワチョコ入のバタ生地に、たたみかけるようにマカデミアナッツが入りコクだらけ!

Photo

これがまた娘達に大人気でして 
パウンドよりも断然こっちがいいらしい

カロリーも超ゴージャス

これは1年に1度しか食べちゃいけないような危険なお菓子ですね
ほんと美味しいです

続きを読む "Blondie"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

マトファーの本気

Photo

あれ?でじゃぶ?

実は前記事の抹茶マーブルの前にもう一本焼いていました
話が前後しますがこれも記録用として書くことにしました
くどくてすみません

こちらはサワークリーム入のクリーミーなパウンドです
サワークリームは35グラム そのぶんバターを減らしてます
抹茶は溶かしたホワイトチョコ(3つぶ)と一緒に生地半分に混ぜました


ただ、クリームが多い分、しっとりしていて焼き上がりの見極めが難しく、焼きすぎた感が。。。
実際黒豆がちょっと硬かったです

Dsc_2468

で、抹茶パウンドを2本も焼き、何をしたかったかというと、味の比較だけではありません

手前左はトップ画像のパウンドでステンレス製パウンド型で焼いたものです
手前右は前記事のパウンドケーキで、右奥のブリキ製のマトファー社ドロワ型16センチ(深いやつ)で焼きました



 

分量はほぼ一緒です 

 

が、さすがマトファー 

高 さ が ぜ ん っ ぜ ん ち が う!!!!

 

ドロワ型の方がパウンド型よりも長さが1センチ短い分高さが出てるんですが、そのことを差し引いたとしても(日本語変)焼き上がりがすんばらしい! 

なぜなら初めてクープがめりめりっと開いたから!(おまえパン焼いたことないだろ) 

切れ目が開くということは中の生地も無理なく膨らむということなんですよね
実際、日にちを置いても、しっとりした中軽く、今まで焼いたどのパウンドよりもホロホロしてました
焼成時間も短く、黒豆もしっとりしたまんま

マトファー社のものは型自体がどっしりと重く、熱伝導がすんばらしいんです
今までのパウンド型だとパワー不足で、ぱかっと十分に切れ目が開く前に上面が焼き固まってしまって、下からおしあげてきた生地の行き場がなくなり、目詰まりができてたのかもしれません
「くどい」と感じたのはこのせいだったのかも

Photo_3

右がマトファー作です
お値段も高いですけど買う価値はありました 

  

 
すいませんもう高さなんて関係ないなんて負け惜しみ言いません 

 

いやー、やっぱね、見た目って大事(・∀・)★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

 

 

 

  

※1月13日追記

この記事をあげたとたんusaさんから「(左パウンドは)サワークリームとホワチョコ入だから高さが出なかったとかぢゃなくて?マトファーってそんなにえらい奴? へー ほー」とご指摘がありました
ちっ さすが元パティシエ 
そうです、そのとおり それもあります 書くのがめんどくさかっただけ
しかも↑の画像何気に遠近法で高低差が強調されてるし
で、サワークリーム入の方はちょっとバターがダレ気味で生地があやうかったことも告白しておきます てへ
まーアレです 比較にはなんないですが、他のどのパウンドよりも高さが出て生地が良くなったことは確かです マトファーがえらい奴ってことには間違いありません 
詳しく知りたいかたは→こちらのレビューを参考になさってくださいね (私のはサイズ違いの16センチです) 特にうちみたいに庫内温度が低い電気オーブンの方、推奨です

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

抹茶と黒豆のマーブルパウンド

Maccha_marble

乾燥した丸い豆って
水に漬けたら元の楕円形に戻るのが不思議  と 思いませんか?
そのまんま丸ーくは膨らまないんですよね
おせち用の黒豆を戻す度に毎回、「オォー」っと感動します
あ、しませんか? (゚▽゚*) 

 

そのあまった黒豆(意図的にあまらしたとも)で抹茶のマーブルパウンドを作りました
もちろんこんにゃくは抜いてますけんども

 

美味しかったー
マーブル作る時に混ぜすぎないように気をつけてたら気泡ができちゃったけど
んん、これはしかたないかな
今回初めてスーパーバイオレットを使ってみました 

Maccha_marble_2

<以下覚書>

16センチ ドロワ型

発酵バター   100g
グラニュー糖  100g
薄力粉       90g
AP                     30g
卵         100g
抹茶          5g
黒豆        100g

抹茶は湯大匙2でとき生地の3分の1に混ぜる
生地を交互に入れてはしでぐるぐる2周
最後に切れ目をすーっと

電気オーブン 200度予熱 180度 50分焼成             

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

明けましておめでとうございます

Photo_2

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

 

この黒豆、実は角切りしたこんにゃくが隠れています

最初にその衝撃的な黒豆こんにゃく画像を見たのは北にお住まいのviuさんのところでしたが、正直、ウェェェって思ってました(ごめんなさい)
それって甘いの?しょっぱいの? 

ところが、去年広島の親戚から偶然もらった黒豆こんにゃくがとっても美味しくて!ヽ(´▽`)/

こんにゃくの部分はなんていうか、えーと、ナタデココの黒蜜がけみたいな感じです(食べたことないけど)
くさみは全くなく、むしろ入ってたほうが食感が面白いし、あっさりしてて美味しい
これは立派な和風スィーツです

すっかり気に入って自分でも作ってみました
角切りしたこんにゃくをゆがき、後は黒豆と一緒に炊いてできあがり
誰がこんな食べ方思いついんたんでしょう

まあ、たぶん自分からわざわざ作ってみようと思う方はいないですよね 笑
郷土料理ってそんなもんかな
というか、これ郷土料理なんでしょうか
おふくろの味? 

あ、あんこもち入白味噌雑煮も一度は食べてみたいぞ 

 

黒豆を入れている器は娘が6年生の時に作ったものです
意外と使える!!!(゚m゚*) 

さあ、次はこの黒豆を使って・・・(ってまさかまた???)

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »