« フルーツケーキ検証その④ | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2012年12月31日 (月)

フルーツケーキ検証その⑤

Dsc_2488_2

その①と同じケーキです

乳化作業も怖くなくjなったので
小嶋先生の本の元、
もう一回marimoさんのレシピでトライしました

で、本の作り方を見ててふと大事なことに気づく
※その②で私が「落とし穴」と言っていた部分です

marimoさんのレシピはバター80gに対して卵2個、つまりMサイズで100グラム
つまり卵が多いんです
通常のパウンドケーキは各々同量です

分離の主な原因はコレでした
ある一定の水分を超えて分離してしまうともう追加しても元に戻ることはできないそうです
どこのソースか忘れましたが確かにそう書かれてありました

小嶋先生の教室ではあえてバターの分量を少なめにしておられます
分離と焼き縮みを避けるためです

もちろんmarimoさんのレシピに全く非はありません
彼女のレシピは別立て法ですから問題ないんです

というわけで、卵以外の分量を若干多めにして焼いてみました
私の持っている型がレシピよりも大きめなのでちょうど良かったです

トップ画像では具が沈みがちにうつってますが混ぜ方にムラがあっただけで、
他のカット面ではちゃんと漬け込みフルーツが散在していました
しっかりふくらんで切れ目もでてます
今回は一度もオーブンを開けませんでした

4日待って食べてみると
しっとり、ちょっともろっとしていて
お~いし~heart02

いや、正直に言いますと最初にシュガーバッターで作った高さのないフルーツケーキと
どっちがいいかというと、よくわかんないのです^^
食べ過ぎ???
でも私が作ってきた中では上出来・・・←思い込もうとしてる
 

今回で一応パウンドケーキについては区切りをつけることみしました
(またおやつ用に作りますけどね♪)

いやあ昔ワンデイショップで よくパウンドケーキのことも知りもしないで
色んな種類のパウンドを量産してたなあ、と思います

 

あの頃は失敗がなく、見た目にインパクトがあって、ラッピングもかわいく、っていう思いが先行してましたから

「自分が食べたいから何度も試作してみる」

本来はこういう思いが上達への近道になるんでしょうね うん

Dsc_2502

掃除の合間の至福のひととき♥
あれ、おかしいわ、お菓子にピントがあわないわ

 

 

皆様、大掃除を終えて一段落つきましたか?

大掃除する時に加湿器に残ったアロマ入の水を使って床をふくと
ほんと幸せな気分になります
ワックス落ちちゃうけどいんだ♪
どうせもうはげはげだから

最後に玄関のタタキにざぱーっと流し、ごしごしこすって気分爽快
そしてその直後に旦那が灯油をこぼす(# ゚Д゚)ぺっ  

ん。そんなことでは怒らないですよ
なぜなら一時帰国していた彼は明日元旦に赴任先のカナダに戻ります
なるべく労わってあげて気持ちよく送り出してあげます

向こうはクリスマス休暇はあっても仕事初めは早いんですよね
そんなわけで昨日すでに旦那の実家におせちを持ってプレ正月をしてきました

こうしてゆっくりブログを更新出来るのも時間に余裕ができたおかげ

明日は早朝に旦那を駅まで見送った帰りに初詣をし、
その足で自分の実家に行ってきます
もう一回くらい旦那実家に行かなくちゃいけないかなあ むう
 

今年はほんと大変な年でした
私の仕事も変わり、
秋に急に旦那の単身赴任が決まってから
その準備でまたあたふたあたふた

自治会の大イベントをひとりで背負うことになって
色んな書類を作るために毎日パソコンとにらめっこ
毎晩近所を練り歩いたりもしていました
女だとなめられて軽く傷づくこともしばしば
でも役員や自治会の皆さんに支えられてなんとか自分主催の役割は終了
2年越しの役員行事もピークが過ぎ、感無量です
「また来年やって」とお願いされましたが笑顔できっぱりお断りしました

この間、実家の親が入院しましたが今は落ち着いております
仕事で気がまぎれたのも良かったかな
2年前に胃がん全滴してやせた舅も10キロ肥えましたgood

健康であることの幸せをひしひしと感じつつあともうちょっとで新年を迎えます 

 

皆様もどうぞ良い年を:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

来年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

|

« フルーツケーキ検証その④ | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

菜さ~ん!!あけましておめでとうございます^^

うわ~い♪♪なんて楽しそうな比較研究なの~♪
私もいつかやってみたいなぁと思っていたけど、気力がなくてやれません。これでスッキリしました(笑)
温度ね!!確かに小嶋先生の本にはバターの温度について書いてあって・・「計るの面倒~」って計ったことがないけど、バターが緩みすぎるとつぶれるよねぇ。
今度は、温度を計ってつくろうかな。その前に温度計の測りやすいのを買わなくちゃ^^;;
藤野真紀子さんのレシピ本にサンドケーキって粉の4割をコンスターチでつくるパウンドケーキがあったー!
サンド=砂・・・・って・・・と作ったことはないんだけどね。ホロホロのケーキも気になってきたよ。

投稿: あき | 2013年1月 1日 (火) 17時45分

本当、すごいよ、菜ーさん。

あ、新年のあいさつは年賀状でしたから省略(笑)。

フルーツケーキと言うかパウンドケーキと言うかバターケーキと言うかとにかくその類のケーキ(笑)を一時期こねくり回したことがあったけど、そうなんだよね。高さが出ればいいっつうもんじゃないんよね。

自分の好みにいかにして近づくかが最大の課題。

今年はちょっとは息抜き時間が持てるんでしょうか?
でもなんか菜ーさんっていい人だからなんやかんや
引き受けちゃいそう。

本年もどうぞよろしくお願いしてください(な、何を?)

投稿: Lynne | 2013年1月 2日 (水) 12時29分

あきさん

あけましておめでとう!!!

きたきた焼き菓子マイスター来たよ!
やっぱドライフルーツ消費にあきさんもつくっちゃった???それにしても小嶋レシピって有名なのね~

私も温度計さがしてんの。
うちの温度計、今回ケーキ作ってたら扱いが悪かったのか中の水銀が分離しちゃってTT
直し方を調べたら「温めればいい」とか書かれてあったけどだめだった。乳化じゃないっつーの。
サンドケーキ、本場のを食べたことがないからよくわかんないんだ~
さて、おせち画像でも見に行ってこよっかな^^
今年もよろしく~

投稿: 菜さくら | 2013年1月 2日 (水) 22時45分

Lyyneさん

で、酢レンコンはまじでないんかい??? 笑
Lynneぺでぃあってうそくさいけど他にも色々ありそうだわー 笑 

>一時期こねくり回したことがあったけど
って、あ、なに?その若気のいたり的な余裕コメント
きっとリクエスト多くてたっくさん焼いてモノにしたのね

お菓子作りはプロセス通りにやれば気持ちよく焼きあがることが多くてもバゲットはそうはいかんもんよねー(よく知らないくせに余裕コメント)

あれ?よろしくお願いしてもいいの?なんでも?

゚.+:。(・ω・)b゚.+:。イェーイ
えっとねケーキはショコラピスターシュでいいとして、パンは、うーん、悩みたいから1日時間をちょうだい

投稿: 菜さくら | 2013年1月 2日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/48546635

この記事へのトラックバック一覧です: フルーツケーキ検証その⑤:

« フルーツケーキ検証その④ | トップページ | 明けましておめでとうございます »