« ウサビッチケーキ | トップページ | こうばしい贈り物 »

2012年4月24日 (火)

アンコ、開眼

Ichigodaifuku

中学生の娘たちはついこの間まで餡子がNGでした
おはぎやあんぱんやぜんざいはもちろんのこと小豆のロールケーキなんか作っても一切手をつけようとしない(`Д´)
全く日本人でありながら和菓子界の至宝を嫌うとは何事???

ところがある日お友達のところで苺大福を食べてから急に餡子菓子に開眼したらしい

まあよく食べること食べること

中でも苺大福は大好物でしょちゅうリクエストされます

餡子を炊いたり蒸したりするのが面倒な私は
ずっと電子レンジで簡単にできる時短レシピを利用してたんですが
だんだんずぼらになってきて、最近ではこんな方法でごまかしています

1

片栗粉をふったお皿にスーパーの大福を載せてラップして電子レンジで軽くチン

2

柔らかくなったら素早く半分に切って

3

素早く皮を円状に広げます

もうお気づきですね

4

苺をのせ

5

6

何事もなかったようにくるんで出来上がり 

数も倍に増えました(◎´∀`)ノ 

 

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;

 

豆大福や水餅で作るとよりバラエティーに富んで豪華ですgood

大きさはひと回り小さくなるけど甘さ控えめになってうちの家族には食べやすいみたいです
ポイントは温める時間でしょうかね(1個15秒~20秒位)(゚ー゚)

お舅さん達にあげる時はちょっといい大福を使います(作れもしくは買え)

急なお客様の来訪時や苺が残ってる時に試してみてください^^
 

 

以上、忙しい人のための(偽)レシピでしたsmile

|

« ウサビッチケーキ | トップページ | こうばしい贈り物 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/428811/45006089

この記事へのトラックバック一覧です: アンコ、開眼:

« ウサビッチケーキ | トップページ | こうばしい贈り物 »