« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

モンブランロールケーキ

Mojiiri

またもや渋皮煮を使った誕生日ケーキです。


コーヒーのスフレ生地で渋皮煮入りのキャラメルクリームを巻いて
生クリーム(砂糖ぬき)で全体をナッペしました。
Topにはモンブランクリームを絞り、
チョコがけした渋皮煮とキャラメルチョコで作ったオーナメントを飾りました。

モンブランクリームを絞るコツは

①クリームを必ず裏ごしして適度な柔らかさにする
②絞る時の力を一定にして肩で絞る。手首を動かさない。

これを徹底するとうまくいくみたいです。


個人的にクリームの多い、あま~いモンブランはあまり好きじゃなくて
もっとぱくぱくあっさり食べれるケーキをと思い、
コーヒーとキャラメルフレーバーを追加してみました。

スポンジもカスターニュの時はアーモンド粉が入ったどっしりタイプでしたが
今回はしっとり軽いスフレ生地で。

結果思い通りの大人味のロールケーキになりました。
依頼主にも「普通のモンブランよりもこっちのほうがいいわ」
と言ってもらい大満足ー^^
アレンジして褒められたケーキってあまりないのでとても嬉しいです。

まだまだ渋皮煮が残ってます。
「もう栗のケーキ見飽きたわ!」
とおっしゃる方にはこちらのゲームをどうぞ。

ココログの編集画面で紹介されてました。
栗のロールケーキはでてきませんが色んな種類の美味しそう~なロールケーキが降ってきます。
イチゴクリームロール、フルーツロール、抹茶ロール・・・
種類もちょっとずつ増えてきます。
途中なんと、どさくさにまぎれて太巻きまで落ちてくるそうです。

あ! クリックしちゃう?押しちゃう?
ああああ、しちゃいましたねぇ
大変です。はまりますよ~笑
寝不足にならない様、ご注意くださいね。
ちなみにアタシは夜寝る前にすると必ず途中で寝てますが。爆

ちょっとまったりしたい時にどうぞ♪


|

2009年11月21日 (土)

フォンダン・オ・マロン

Photo

渋皮煮入りフォンダンショコラです。
小嶋ルミさんの「フォンダン オ ペカン」のレシピを参考に、
ペカンナッツの代わりに渋皮煮を入れて焼き上げました。
半生状態でオーブンから出すのが特徴。
ラム酒を効かせた大人のガトーショコラです。


Photo_2

小麦粉の入らないタイプなので温めるとより濃厚になります。


で、食べた感想ですが
さすがチョコ率が高いだけあってリッチで美味しいです!
チョコが舌と脳にねっとりとまとわりつく感じ。
わりと万人ウケしそうなケーキかなあ。
ただ渋皮煮の良さがあんまり出てない感じがしました。
食べた友人達もとても喜んでくれたけど渋皮煮については何にも。
ちょっと栗がぱさついたように感じたのは熱を入れたからか
まわりのチョコ生地がしっとりしているからそう感じたのか。

先日のカスタニエであまったナッツ類をちょこっとのせて焼いたんですが
ナッツとは相性が良かったんです。
食感が良かったというか。

つまりレシピをいじるなっちゅーことですね。(;´д`)

アレンジするならベリー系のほうがよさそう。。。
あれ?前も似たようなことをしてそんな結論をだした気がする。
いやねぇ。
あふぉーなアラフォーにならないように気をつけなくては。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

続きを読む "フォンダン・オ・マロン"

|

2009年11月15日 (日)

和風カスターニュ

Photo

朝7:20に子供と一緒に家を出るので
とても夜寝るのが早くなりました。
こんな生活リズム10年ぶり。
疲れたら寝る。
すっきり目が覚める。
健康です。^^
でも週末は節々が痛いTT

今のパートは手先の器用さとバランス感覚と腕力と即断力(毎日違う仕事なので)がモノをいうパートで男も女もありません(どんな仕事や)。
今までの職歴や資格はまったく通用せず。
おじさん社員のセクハラもあります(おさわりじゃないよ)。
おばさん社員のおにいちゃん贔屓もあります。

濃い職場です。

社員の人たちはとても厳しいですが皆で一丸となってお仕事するのがとても楽しいです。

というわけで平日お菓子作りに捻出する時間がなかなかできませんが
今週末どうにかこうにか友人の旦那さんの誕生日ケーキを作りました。

一流パティシエといっしょに美味しいケーキを作りたい」から

カスターニュです。

アーモンド入りのリッチなジェノワーズ生地と、栗入りのこくのあるクリームがグッドバランスのケーキです。
口当たりはふんわりソフトなのに、けっして軽いだけでない栗の風味を満喫できます。(本文そのまま( ^ω^ ))

はさんでいるクリームは渋皮煮とカスタード入りの生クリーム。
その上に同じく渋皮煮入りのモンブランクリームを絞っているのでかなりのボリュームです。

最初「カスタード」がたっぷり入っているから「カスターニュ」?と思いましたが
イタリア産のカスターニュ(カスタニエ)という栗が名前の由来みたいですね。

レシピではモンブランクリームに入れて使うみたいですがお高いので全部渋皮煮で代用。
だから「カスターニュ」の入ってない「カスターニュ」です。
いっそ渋皮煮のケーキにするべき? 笑


なかなか更新しないのにのぞきに来てくださっている方々すみません。
来月半ばまでこんな感じですが時々ぶらりと立ち寄ってみてくださいm(__)m


|

2009年11月 3日 (火)

ほされた。

San_2

先週、派遣会社から「悪いけど人数調整の為、今週一週間仕事休んでね」といきなり休職勧告がでました。ふんがー
そして週明けにまた「休み明けの水曜(4日)からにしてもらえないか」という申し出が。

。。。。(・_・)

いい加減な人事だ。
やっぱりあのパワハラセクハラ派遣面接官は曲者だった。

噂によるとその派遣面接官が,会社側のスケジューリングをよく考えずいい加減にシフトを組んだみたいで,
アタシみたいな午前中パートの新人達はていよく仕事を干されたという始末なのです。
(つまり午前中は人手が足りているということ。)

ここで1週間休むとせっかく覚えたことも忘れてしまうしペースが狂うし
休み明けは繁忙期突入でいきなり仕事がきつくなるという。

うわーん、ついていけるんだろうかアタシぃぃぃ(←初日失敗していきなり怒られた人)

ぶっちゃけお金も減ってしまうし(#゚Д゚)y-~~
短期のバイトだからこそ限られた時間の中でいっぱい稼いでおきたかったのも本音でして。
怒りと不安が入り混じる中で頭ではABBAの「money money money」がぐるぐる回ってました。

ハローワークに「契約違反ですけども?」って文句言えば事態が変わるんだろうか。
派遣会社に「フルタイムで出てる人の午前中の仕事をください、ちゃんと全体で調整してください」とたてついたら解雇されるだろうか。

同情してくれたベテランのおばちゃん達にも
「不当な扱いだ 派遣会社に文句言ってきな」と言われました。
ありがとうありがとう。
経験者が優遇されるこのパート。
次回また優しいおばちゃん達と一緒にお仕事させていただきたいので今回は大人しく我慢します。

てなわけでぽかんとあいてしまったこの一週間。
お姑さんの病院通いや食事作りはまだ続いてますが
慣れてきた日常のペースをあまりくずしたくないので
お断りしてた誕生日ケーキの御依頼をどんどん引き受けました。
なんて言うといかにもひっぱりだこみたいな感じですが
たまたま今週頼まれる方が多かったのです。^^

Photo_2
(またもやusacafeからの資料乱用)

カット面。
日持ちのするサンセバスチャンケーキです。

今回は友人の同僚の方からの御依頼で、
「なんでもいいの。忙しそうだから誕生日当日じゃなくてもいいのよ。」
と言っていただいてたのでこちらのペースで一週間早く作らせていただくことに。

50代の女性の誕生日ケーキ。。。
何がいいんだろう。生ケーキよりもどっしり系かな。

渋皮煮のストックが沢山あるので
「モンブランや栗のロールケーキなんておすすめです」
って言ったら

「渋皮煮はもう食べたからそれ以外でお願いします」
との返信が。

ああああらそうですか。

ふーん。。。

あ、あれ?気のせい?
アタシなんか毒はいてるかしら。ほほ。

てなわけで日持ちのするチョコ系バターケーキにしましたとさ。
一応冷凍もできるから当日まで保管もできそうだし。見た目華があるし。

実際気にいっていただいたみたいで良かったです。

さて、ようやく水曜から仕事開始ですが子供の学校でも学級閉鎖がちらほら。。。
これ以上休みたくないなぁ。
でもその時は仕方ないですね。

皆さんも風邪やインフルエンザに十分お気をつけくださいね。

|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »