« 中秋の名月 | トップページ | 野外で誕生会 »

2009年10月12日 (月)

体力勝負

Photo


朝パソコンを開いたらまずこのブログをチェックし、
それから日本一早朝更新と思われるLynneさんのサイトを筆頭に
色んな方のブログへお邪魔させていただいておったわけですが

ここ1カ月、自分のブログそっちのけで必ず訪れていたサイトがありました。
それは

THE ハローワーク。

今PC関係のパートをしていますが不景気のせいでお仕事がめっきり減ったので
かけもちでもう一つしてみようかと。

先週起きぬけに某派遣会社の新着情報を見つけてこれはと思い
即効で電話して翌日面接に行き、
二日後にOKをもらいました。
仕事はお昼までで、冬休みまでには終了する、というありがたいもの。
PCとは全く関係ないお仕事ですが
短期間ということだし
友人も一緒なので割り切ってがんばってきます。

Photo_2


さてさて相変わらず義父母への保存食作りは続いています。
先日色んな方からアドバイスをいただき、早速いくつか作らせていただきました。
今週末作ったのは

栗ごはん
五目御飯
さわらの西京焼き
カレイの煮つけ
鮭の塩焼き
豚肉と切昆布の炒め物
ドライカレー
小松菜の塩ガーリック炒め
ホウレンソウのおひたし
かぼちゃの煮つけ
きつねうどんの具
牛丼の具
塩焼きそば
おでん
鰻のちらしずし
てんぷら
からあげ
鰻巻き卵
筑前煮
えびとレンコンと豆腐のハンバーグ
鶏肉とごぼうのつくね
栗の渋皮煮
などなど。。。

一品ずつアップできればいいんですがそんな余裕まったくなし。

Top画像はスノーさんの「変わり春巻き」です。
具は野菜コロッケの中身にシソ、カニカマがはいってて結構お手軽です。
次女に巻いてもらいました。
外がサクっ、中がほこほこしてて娘達は普通の春巻きよりも好きみたいです。
義父母達にも好評でした。又作ってほしいとのこと。
スノーさん、美味しいレシピをありがとう。


仕事と並行しての保存食作り。
その他おつかいものの焼き菓子、誕生日ケーキ、娘のグレードのテスト、役員の仕事、ワンデイショップなどなど
年末までバタバタになりそうな予感です。でもバテバテにならないように適度に力を抜かなきゃ。
ああでも作りかけのニードルフェルトやエコバッグも作りたいし 壊れたIpodもなんとかしたい。
ピアノも弾きたい。でもムリムリムリムリ

ある方が大変なときは思い切り加速して、自分にとって大切なことだけに神経を集中して振り切ると言っておられました。
なるほどなぁ。
フルスピードで加速することはしないけどきちんと優先順位をたててやっていかなくては。
ワンデイショップへのお菓子出品をどうするかは仕事のペースをつかんでから決めよう。

というわけで今更ですがのんびり更新がさらにのんびりになると思います。
最近はあまりお菓子を作る余裕がありませんが
こんなブログでよろしかったら時々のぞいてみてくださいませ。


以下、余談です。

今回久しぶりに集団面接というのをしました。
ドアを開けてあんぐりしたのは
アタシ以外全員学生だったということ。
どひゃ。見事にういてましたよ、アタシ。
どうやらH大生の生協に一週間前ほどから求人がでてたようで
今回採用になったのもほとんどが学生でした。
学生だけじゃしまらないからちょっとばかりおばちゃんでも入れようか、とハローワークに求人出したんでしょうか。

なんでH大だけなんだろうと思っていたら派遣会社の面接官がH大のOBらしい。
ははん。
どうりで先輩風をふかせてたわけです。
ずっと「仕事とは 社会人とは」と学生たちに説教してました。

「職歴、学歴、資格は一切問いません。気を楽にしてね」と最初に言いつつも
「君は何学部?最近は何倍の合格率かね、私の時は厳しかった」などと話してました。
「役職が上になっていくとね、ごますりも必要。
頭がいいだけじゃ出世できない
私は40代でやっとそれに気付いた」

え?なに、自慢?うわー、このおやじ自分で頭いいって言ッタヨー


と内心けっと思いつつも終始笑顔で頷いていたアタシ。

このおやっさん、さらに気に入らなかったのは
ずっとアタシの隣の男の子だけ見て喋っていたってこと。
まったくもって感じ悪かったです。
なんかこの後味の悪さはうっすら覚えがあります。ほら、アレですよ。
コンパをした時(太古の昔に)
目の前のお気に入り男子が自分の隣の美人の子ばかり見て話していた、そんな感じでしたね。
ふんだ。


でも確かにね、彼は気に入られるだけのことはあったのです。
おやっさんの自慢話に
「へー、そうですか。」と頷きながら聞き
時には相手の言いたいことをくりかえし
明るい話題にはテンポよく「はい、はい」と答え
深刻な話題の時にはゆっくり頷き、
ソフトな笑顔だけどまっすぐに相手の目をみている

やるじゃないか。

学生ながらあっぱれ。
いいよ、君なら許すよ。

you 働いちゃいなよ

と半分負けを認めて部屋を後にしました。(完全に負け)
でもアタシもなるべく面接官の視界に入るように
ずずいと男の子に寄って笑顔で大きくリアクションしていたので(怖っ)
もしかしたら受かるかも、と思ってたら

OKの通知が。

友人によると80人の応募があったらしいです。
びっくり。ま、採用者も20人と多かったんですけどね。
さらに驚いたことに30代以上の主婦はアタシと友人含め3人くらいで
アタシが一番の年長者なんです。
ひゃー ギリだったんじゃん、アタシ。
 
職歴、資格等関係ないとしたらアタシ採用の決め手はなんだったんだろう。
とふと思い出してみる。
ちなみに友人はH大卒。

ああ、あれか。
確か「アナタ、血色いいね」とと言われてました。
そこか。
学生を使うこと自体、きっと体力がものを言う仕事なんでしょうね。
お酒の梱包作業と聞きましたが。


そんなこんなでちょっと面接官がひとくせある人なのがひっかかるけど
今週から短期間ですが、
長老体はって仕事に行ってまいります!

|

« 中秋の名月 | トップページ | 野外で誕生会 »