« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

自由研究

Photo

夏休み ああ夏休み 愛するわが子とすごす夏休み
世のお母さん達、24時間お子さんとの共同生活を元気に戦って楽しんでおられますか?
かくいうアタクシ、実はそんなに苦ではありません。
ここぞとばかり童心に帰って海や山やイベントに繰り出しアホほど遊んでおります。
ビバ、夏休み。
毎年なんだかんだと言いながら子よりも夏を満喫しているアタクシです

がしかしどうしてもいまだ慣れず楽しめないものー
それは夏の風物詩

小学生の「自由研究」です。

6年間小学生の親をやっていますがこれだけはもうほんとにかんべん。
だってお子が何をやりたいかさえわかってないんだものTT
親子ともにいつも泣いています。
テーマがフリーダムなんてそんなアバウトな。
しかも自由というくせにやれ研究の目的がどうの計画がどうの観察、測定、考察、結論など
形式に関してはえらい束縛してくるじゃないですか むっかー!
自由研究という名の強制作業。
何気に親力を試されているような気がするし。
まったく本当の自由とはっ!
もういっそドリルを増やしてくれたほうが。。。ぶつぶつ

さて、独り言はさておき、自由研究は後回しにして(すぐ逃避)
子が寝た後簡単なお菓子など作ってちょっとした実験を楽しんでいました。
日中なかなか凝ったものはできないんですよね
真夜中の大人の自由研究です。

まだ一度も生キャラメルを作ったことがなくてこのレシピを参考に初挑戦してみました。

ふむふむ、ポイントはどうやら温度らしく慎重に分離しないようにやっていたら
30分くらいでそれっぽいもの↑ができました。
本場の花畑さんのキャラメルは食べたことありませんが
確かに口どけが良く何個でも手がのびそうな勢い。子にも旦那にも好評です。
すぐ作って作ってとリクエストされましたが
もったいないので次は植物性生クリームで作ってみました。

Hard_caramel

植物性生クリームと言えば加熱するとすぐ分離するイメージがあります。
以前、クリームシチューやカルボナーラを作った時に油がういちゃって失敗してしまいました。
実際に箱の注意書きにも加熱注意と書いてありました。
でもネットで「植物性でもできる。味も一緒」と書かれた方がいらっしゃったんですよね
んだらば と思い温度を110度超えないよう気をつけて作ってみたら
なんとなくできました。

でも、かたい。
断面図も汚くて食べるとねちっとせずに黒糖みたいにほろっと折れてしまう。
温度を気にするあまり低温でだらだらと長々と練ってしまったからかな。水分が飛んじゃった?
熱いうちからかちんかちんにかたまる感じがあったので
冷やす前に即カットしました。

口どけの悪いハード生キャラメル。
常温でもばっちこいの偽生キャラメル。good
もうちょっと高温で短時間で作るとうまくいくのかもしれないけど。。。
もう作んないかな 爆
なんかうまくいったとしても味も違うような気がするし。

以前花畑さんのキャラメルクリームはいただいたことあります。
キャラメルと同じ味かどうかはわかりませんが
かなり濃厚で乳くさかったんですよね。(いい意味です)
もしかしたら高脂肪タイプのものほど濃厚でクリーム本来の味がもっと全面に出てくるのかもしれませんね。

ならば
次は高級生クリームで実験です。笑
より花畑さんに近づくために

課題ができました。
味見は大人限定で。。。

| | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

日食

Photo_3

チョコバナナシフォンです。
バナナ嫌いの女の子がこのチョコバナナシフォンはお気に入りらしく
あえて誕生日にリクエストしてくれました。嬉しいです^^
至急だったのでシフォンのデコがなかなか思いつかずなんだか雑です~
彼女は生のバナナは食べれないのでバナナチップをのせました。
無事、食べれたそう。
っちゅーか、もっと好きなケーキあっただろうに。笑

**********************

昨日は日食でしたね。

我が家はめざましテレビで紹介されてたピンホールカメラを作って観察しました。

Photo_2

ちょっと映りが悪いですがちゃーんと見えましたよ。^^

Photo

感動~TT
おんぼろ即席カメラでもきちんと確認できたことに感動~TT

子供たちはというと一回見たらさっさと公園に遊びに行きました。
こりゃこりゃ。せっかく作ったんだから(かあちゃんが)もうちょっとちゃんと観察しようよ。
お母さんなんてね、もう2度と見れないかもしれないんだよーそれぐらい珍しいのよ~

近所の方々も各々オリジナルのグラスを持って、大人ばかりが必死に観察しておられました。
ある人は画用紙にいろんな穴をあけてたりある人は遮光プレートのようなフィルムをかざしていたり。
溶接の時に使う遮光ガラスで観ている人もいました。
みんな顔を見合せて苦笑いです。

なんだかそれがちょっと嬉しかったりしました。

| | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

バナナクッキーブレッド

Photo_5

今日は海の日ですね。
晴れたら潮干狩りに行こうと思ってたのに
昨日の夜から雨、雷がすごくて外に出れません。

(`ε´)ぶぅぅぅぅ

待てよ、こういう時こそ貝を独り占めできるかも( ̄ー+ ̄)
なんて危険なことを思うくらい昔から潮干狩りフリークなアタシ。
旬は過ぎたけど今週は潮がいいのよねぇ なんて潮見表を見ながらぶつぶつ。。。

やることがなくなって暇な子供たちにバナナのクッキーブレッドを作ってもらいました。
娘の水泳教室の月刊誌にのってたレシピだったと思うんですが
うろ覚えで適当に作っています。
簡単で失敗がなくて洗い物がでなくて、いいですよ、これ。

①ほうりこむ
Photo

②まぜる
Photo_2

③きる
Photo_3

④しぼる+のせる
Photo_4

これで170度か180度で20分くらい。
牛乳じゃなくてヨーグルトだったかもしれません。
娘達はくるみをのせてました。

甘さ控えめなので朝食向きかな。
お菓子に比べると素朴で物足りないかもしれませんが
できたてなんてしっとりして十分美味しいです。
お姑さんが娘の作ったクッキーブレッドを喜んでくれてぜひレシピを、ということでメモってみましたが
良かったら参考になさってください。^^

夏休みにちっちゃなお子さんと工作感覚でどうぞ。

 

続きを読む "バナナクッキーブレッド"

| | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

切り絵

Photo

夕方、空を仰いで思わず息をのんだ

赤と青のグラデーション
きり絵のような木々のシルエット


黄昏時は空の表情が変わりやすいので
シャッタースピードやら絞りやら一切考えず(考えてもわからん^^)
とにかくオートモードでぱちり


「空が赤と青だねぇ」
きらきらした目で見つめるわが子
夕日に染められた彼女の横顔
「うん、明日は晴れだね」
なんて微笑んでそっとカーテンをしめる・・・

明けて今日、わんわん雨降ってますけど- TT
しまった、傘を持たせてないー!!!!


| | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

グレープフルーツのバターケーキ

Gateau_au_pamplemousse

夜、グレープフルーツが食べたくなりました。

最初半分に切ってわしわし食べるつもりが
気がつけば皮と実を丁寧にはがしてお皿の上に並べていました。

そこまですればただ食べるのはもったいないと思い
砂糖を入れてジャムにしました。

そうしたらば綺麗な色のジャムになったのでこれをお菓子に活かさないともったいないと思い

そしてできたのがこの「ガトーオパンプルムース」です。
嗚呼肥満万歳。(´□`。)°゜。

Gateau_au_pamplemousse2


アーモンドパウダーと発酵バターが入ったリッチなパウンドです。
二つのレシピを織り交ぜて作りました。
焼き上がりに先日作ったグレープフルーツとルバーブのジャムを表面にぬって。
グレープフルーツの酸味と苦みが発酵バターとあってとても美味しいです。

ただ、最近よくやる失敗なのですがちょっと生っぽいところが残ってしまって真ん中あたりがしっとりしてるのです。
わりと長く焼いているのですがなんでだろう?
アーモンドパウダーが多いのかな。この間の失敗も確かそれが入ったレシピでした。
単純に生焼けなのか。

途中ホイルをかぶせてもうちょっと長く焼いてみようかな。


続きを読む "グレープフルーツのバターケーキ"

| | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

ラタトゥユ

Photo

ラタトゥユを作ろうと思ってキッチンに夏野菜を並べていると
この世の終わりみたいな顔してこっちを見ている旦那に気づきました。

それもそのはず、好き嫌いの多い彼は特に夏野菜が苦手なのです。

レタス、キャベツといった葉物のサラダは食べるけど他の緑黄色野菜は大嫌い。
野菜の煮物なんてもってのほか。

げんなりして「なに作るの?」と聞く旦那に

「ラタトゥユ。

ズッキーニ、トマト、ナス、玉ねぎ、冬瓜、パプリカ、かぼちゃ、セロリ

を煮るの。」

Kyoufu6
「・・・・!!!!!!!!!」        (つのだじろう風 )

ただでさえハードルの高い夏野菜をさらに煮るなんて とがっくり肩を落としてとリビングに戻って行きました。
彼は今日はカレーの日、と決めていたみたいです。(知らんがな)

そんな好き嫌いの多い旦那にはパリパリに焼いたグリルチキンを添えて出しました。
ハーブで味付けしています。
これは以前viuさんが作っておられてマネをさせていただきました。
長男クンが大好物で「おふくろの味」なんだそうです。これがまたトマト味にあうんです。
一緒に煮込むんじゃなくてあえてパリパリ焼いたチキンを後のせするのがポイントです。

後、かぼちゃを入れると酸味がやわらぐみたいで、ROCOさんのマネをさせていただきました。
水っぽい野菜の中にほっこりした南瓜が入ることで食感も違っていいアクセントになりました。

冬瓜はとあるcafeの真似です。意外ですがこれがあうんですよ。
その他もろもろの夏野菜、にんにくを赤ワインで適当に圧力窯で煮たら出来上がり。
ちょっと煮込みすぎたかな。

これだけ各家庭のオリジナルがあるんだもの、フランスではラタトゥユがママンの味、っていうのもわかりますよね。

Photo_2

次の日。

Lynneさんやusaさんと同じように残り物 de pastaです。

バジルソースであえたパスタの上にラタトゥユをのせ、パルメザンチーズを振ります。

こ、これは

おいしいぞー!!!!!!!!!!

一晩おいて味がぐっとまろやかになったラタトゥユはそれだけでも美味しくいただけるんですが
バジルとあわせることでまるでお肉が入ってるみたいにコクがでてボリューミーになります。

今回、ジェノバソースを作るのが面倒だったので
コレを少量使いました。けっしてキューピーのまわしものではなくってよ。

usaさんみたくモッツァレラを入れてもきっと美味しいでしょうね。
冷たくなったのも食べましたがこれまた美味しい。冷製でもいけます。

皆さんもラタトゥユがあまった時はぜひお試しになってみてください♪

Oishii

 

| | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

シロマンエのスパイラル

Photo_7

「シロマンエ」という緑花のクレマチスです。
これは1か月前の写真ですが今でもらせん状に咲き続けて玄関前を華やかに魅せてくれます。

5年前に生協で800円で購入したこのシロマンエの苗。
冬、マッチ棒ほどの長さで渡されたそれはあまりにもしょぼくて返品しようかと思ったほどでした。
ところが春になって芽吹くとあっという間にぽんぽんとかわいらしい白花をつけてくれました。
以来、植えっぱなしでほとんど手入れしておりません。
年に一度剪定して花期に液肥をあげるくらいです。
ずぼらなアタシにぴったりの丈夫なクレマチスです。

Photo_5
つぼみ。


Photo_2

最初は一重のかわいらしい花が咲きます。

3new

中から花びらが展開してきて

Photo_6
幾重にも幾重にも

ちょっとしたイリュージョン。

シロマンエ=白万重
名前の由来がわかりますよね。

Photo

ひとつの鉢でいろんな表情の花を楽しめるお得感のあるクレマチスです。

おすすめですよ。

Bona1

続きを読む "シロマンエのスパイラル"

| | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »