« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

もうすぐ新年

Photo


今月つくんこさんの他に2人の巨匠からお菓子やパンをいただいていました。
viuさんからはそれはもうリッチなシュトーレンと他にパンを少々。
詳しくはviuさんのブログで。

「写真なんか撮らなくていいからとっととお食べ」とおっしゃてくださったので
何も考えずにパンはがっつきましたとも。
シュトーレンには紅茶があいますね。

今年とても忙しくなられたviuさん。そんな中送ってくださってありがとうございました。m(__)m

もう一人は、あ、いいですか?説明は 笑

Photo_2


色んなところで美味しそうにアップされてましたがusaさんのフォンダンショコラです。
usa菓子がくるとまずラッピングをチェックします。
ほんとにまあ毎回感心しますよ。
usaブランドのテープまで作っちゃって。
(いつかぱくります)

冷たいのと温かいのと食べ比べてみましたが
やっぱり温かいほうが美味しいですね。
中にラズベリーが入ってていいアクセントになってました。
皆さん絶賛するだけのことあります。まったり美味しい香り高いショコラでございました。

この方はお菓子のほかにほんといろんなあやしいものをくださるので
全部は紹介できないんですが

実はもうひとつ貴重なusamadeのおかしがございまして。
パウンドケーキなんですけどね。
これすごい美味しかったんです。
なんのメモやシールもなかったのでてっきり有名なお店のパウンドかと思って
「どこのお菓子をお買い上げで?」と聞くと
なんと自作らしいじゃないですか。
そうとは知らずに写真もとらずとっととばくばく食べてましたよ。
本人パウンドは苦手とか言ってたのにー、

あ、また熱あるのにもかかわらず作ってるみたいですけどね。^^
熱、さがるといいね。
お大事にね。


お二人ともお忙しい中、ありがとうございました

来年もどうぞよろしくお願いします。


**************************

昨日今日は家族みんなで大掃除。
子供たちができることもだんだん増えてきて
大変助かりました。
自分が子供のころいやいややっていた大掃除。
同じようにぶーぶー娘たちに言われながらですが
なんだか一緒にやれることが嬉しいんですよね。
母も同じように思ったのかしら。

さてさて。今年も残りわずかとなりました。
ゆるーいペースで更新しているのにもかかわらずのぞきに来てくださった皆様どうもありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。


| | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

新・オーブンは眠らない

全日本フィギュア、素敵でしたね。
「浅田真央ちゃん二世」と言われている村上佳菜子ちゃん の笑顔、かわいかった~♥
それにしても名古屋は層が厚い。力強い選手が続々出てきて楽しみですね。

たいがいフィギュアを観た後は娘たちが余韻にひたってくるくる回ってるんですが
今回は夫も回ってました。爆

そんな元気なメタポおっさん、25日のクリスマスで41になりましたよ。
でも本人「え?おれ42だよ。」と譲らないんですが。何を勘違いしてるんでしょう。

Nasakuracafe
誕生日ケーキは夫のリクエストで「抹茶のババロアロール」です。
TOPに残ったモンブランクリームをのせました。

火練りをしないタイプのスフレ生地を焼いたんですが今ひとつしっとり感に欠けてました。
うーん、これも好みの問題かしらん。
娘たちは抹茶もあんこも苦手なので半分はシンプルなデコしてお世話になってる方へお届け。

明けて翌日、今度は次女の誕生日会がありました。
Sakusaku
娘のリクエストで去年に引き続きTOPは苺チョコにして中にはみかんの缶詰をたっぷりサンドしています。


2
動物好きの彼女のためにクッキーをサイドにはりつけました。
あきさんのマネです。

パータデコールやチョコプレートもいいけどクッキーも温かみが増していいですよね。

Photo
母達には先週焼いて冷凍しておいたベークドチーズケーキを。
河田シェフの有名なレシピで「フロマージュ・キュイです。
いやいやいやいやいやいやいや。
ぼっこぼこになりましたよ。
このレシピ難しいです。
250度で下火だけで50分っていうのがまずうちのオーブンでは微妙。
リベンジは、、、しないでしょうね 笑


この日は昼過ぎから親子17人でどんちゃん騒ぎをし、夜ごはんはいづちゃんじゃありませんが
カレーを大量に作ってお出ししました。

みんなにお祝いされて至極満足の次女さん。とっても嬉しそうでした。

続きを読む "新・オーブンは眠らない"

| | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

続・続・オーブンは眠らない

Photo


24日のクリスマスイブは2台のモンブランケーキを作りました。

レシピは前回と一緒、植本先生のレシピで

下から

①ダッコワーズ

②ビスキュイショコラ

③マロンババロア

④クリの甘露煮

⑤スポンジ

⑥バニラムース

⑦マロンクリーム

です。

前日にダッコワーズ類を焼き、ババロアやムースもも仕込んでおいたのでこの日はデコレーションのみでした。

午前中でとっとと終了してお渡し。
午後から翌日(またもや!!!)のケーキの準備にとりかかりました。


なにせうちは12月生まれが二人。旦那と次女の誕生月であります。TT
次女はお友達を呼んでお誕生日会を、旦那は軽く家族でお祝いを。

いっそケーキを買おうかとも思ったくらいへとへとでしたが
身内のケーキこそ作らねば、とど根性でまた計量し始めました。

さてさて、こんなどたばたな中、
エネルギーチャージに一役かってくださったのが

Photo_2

つくんこさんのパンと


お菓子です。


今回ねこさんのプチギフトをきっかけに「交換会をしませんか?」と嬉しい申し出をしてくださり
早速23日に贈ってくださったのです。ありがたやーconfident


。。。。

いえ、あの、ほんとは22日到着予定でござました。


白状しますがね、うっかりはちべえのあたしはなななんと
自分の住所を発送日当日になっても教えてなかったのです。
とんだおまぬけ野郎です。

あわてたつくんこさんはぎりぎりまでメールをくださっているのにもかかわらず
のほほーんとつくんこ便を待ってたあたしっていったい

おばか

わけわかりません。


「すすすすすすすんませーーーーーーーーーん!!!!!!!!」m(_ _)m

急いでドキドキしながら夜お詫びのお電話をしました。


こんなにはらはらさせた迷惑者にもかかわらず明るく応対してくださったつくんこさん。ええ人や。。。
結局翌日贈っていただきました。

届いた日は大量のケーキ作り&アクシデント↓でテンパってましたから食べる間も惜しんでたくらいばたばたでした。
そんな合間に食べたつくパンはほんっとにおいしかった。

ダブルチーズジャガイモのフォカッチャはまさにおなかぺこぺこの時に食らったわけですが幸せでしたー。^^  温めるとほわっとじゃがいもの香りがするんです。 

そして夕飯前につい食べてしまったメロンパン
あたしがメロンパン好きなのを知って入れてくださったのかなー。(ちがうかー)

他にもきなこパン、生クリーム食パン、丸パンといったお食事パンは噂どおり
もっちりふわふわで何個でも食べれそうな勢い。毎日食べたいパンですね。
なんでこんなにふわふわなのか不思議。ご本人さんは国産の小麦粉を使ってるからとおっしゃってますが
それだけじゃないんでしょうね。パンを作れないアタシにはよくわかりません。

ちょっと食感の違うホワイトチョコとゆずのリュスティック。この組み合わせ大好き。^^
これつくんこさんのオリジナルなんかな。


そして

Okashi

沢山のつくんこ菓子。

名前がわからなかったけどスノーボールみたいなものを早速食べたのですが
アタシが作るのとは違う。なんかこうソフトで上品な感じなんです。これは万人が「うーむ」とうなるでしょうね。
そんな美味しさです。砂糖が違うのかな。

その他ソフトクッキータイプのキャラメルナッツや温めて食べると香りがとてもリッチになるシナモンパイ、生地の美味しさがダイレクトに伝わるフルーツケーキ等など、
沢山の「おいしい」が箱いっぱいにつまってました。

一番好きだったのはやっぱりキャラメルナッツのビスコッティかな。笑
ここ10年くらいビスコッティは作ったことがなかったんですが私もチャレンジしてみたくなりました。


「出来るだけ万人受けを目指して。
お客様の好みに近づけたいな。
流行ものも少しは取り入れた方がいいかな。

もちろん そんなようなことも考えながらではありますが、
基本“自分が食べて美味しいと思うもの”を
これからも作っていきたいなぁと思っています✿」

とおっしゃってたつくんこさん。


しっかりとその思いが伝わりましたよ。
そしてとても勉強になりました。

とても美味しかったです。ありがとうございました。

| | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

続オーブンは眠らない

Tara
た~らこ~  た~らこ~  ごーっそ~り  た~らこ~ ♪

というわけで週初すさまじい数のたらこいちごサンタをごっそり作っておりました。
今年は星型の口金を使用。こっちのほうがひげっぽくて気に入ってます。

↓前回宣言したとおり、ピアノ教室のクリスマス会のために6台ものスポンジを焼き、
翌日にナッぺ、カット、フィルム巻きまで済ませ、
翌々日の朝にはイチゴサンタ&果物をのせてデコレーションをして納品。
そしてブラインド越しに目を細め達成感で一杯のあたしー


筋書きではそうでした。

ところが納品する前日の夜遅く、事件は起こったのです。


台所でイチゴサンタの準備していると1本の電話が鳴りました。
生徒の母親でもある友人からです。


「菜さくらさん、大変です!!!!

〇○さん(ピアノの先生)が倒れて
明日のクリスマス会は

キャンセルになりました!!!」


え?


Yuchan


お渡しする予定だった54人分のケーキが
なんと
キャンセルというのです。

どひゃ~~~~~!!!!!!!!!!

あたしはこの日のため先週までに年賀状を終わらせ
スーパーで生クリームを買占め果物を予約し万全を整えておったわけです。(もちろん大掃除はまだ)
子供が冬休みのため一日中ケーキを作ってたわけじゃないにしても
二日がかりで結構な体力を消耗したと思います。台所に立ち続けてヒラメ筋ぱんぱん。

それがここにきてキャンセルとな。おおぅ。。。

でも
これも仕方ありません。
主催者である友人は微熱が続いて体調悪いのに仕事していたらしく
とうとう前日から起き上がれなくなったみたいなのです。無理してたんですね。
どうもノロウィルスらしく、そうなると無理やり決行して小さなお子さんに伝染ったら大変。
断腸の思いでキャンセルしたみたいです。
さらにあたしに申し訳ないと思ったのか彼女が全部ケーキを買い取る、というのです。

それだけは絶対無理。本人おなか壊して食べれるような状況じゃないのにそんなことはさせません。

旦那と「ディスカウントして知り合いに買ってもらおうか」とおろおろ話していたところ

電話をくれた友人が他の友人達に声をかけて売りさばいてくれるというありがたい申し出が。crying

「なんだか悪いから値引きして。あまったら私も他の人にお願いするから無理しないで」
と言うと

「あんたからはお願いしないほうがいい。そんで値引きもしなくてもいいから。最後まで全部仕上げて。」
と言って電話を切った後携帯でてきぱき営業をしてくれたのです。

ああ、ありがたい。

確かに値引きしてあたしがかぶるのも変な話だし、何よりもキャンセルした本人がすごく気を使うことでしょう。

クリスマスイブ前日でラッキーだったせいかすぐに売りさばけたみたいです。
営業してくれた友人も、気前よく買い取ってくれた友人達にもほんとに感謝。感謝。感謝。crying

そしてやる気を取り戻した私は当日フルスピードで仕上げました。
人によっては早い時間に受け取りに来るので朝から猛スピードです。

出来上がったのは

Photo
チョコショート27個と


Photo_2
フルーツショート27個

Photo_3
もうすでにお渡ししてるのもありますが
合計54個のケーキ達です。


フルーツショート用のスポンジは米粉入りの水入りスポンジ。
しっとりキメが細かくてフルーツとクリームに馴染むような気がします。でもこれも好みかな。
3枚にスライスして苺をサンドしてます。

一方チョコショートのスポンジにはチョコやココアもたっぷり入るので
あまりふくらまない米粉はやめて卵もL寸に。
これにもイチゴをたっぷりサンドしています。

ウッドデッキに並べて取りにきてもらったわけですけど

営業してくれた友人には特別に


Photo_4


「アナタガ好キダカラー!!!!!」のチャンドンゴンのピックを作ってさしておきました。笑

彼女すごいファンなので。

アタシモアナタガチョンマルマシッソヨー!!!!!
爆笑して受け取ってくれました。4人家族なのに8個も。ほんとにほんとにありがとうね。


さてさて、どたばたしでしたが無事になんとか終了。

でもこれでケーキ作りが終わったわけではありません。

この後次の日に頼まれているクリスマスケーキの作成にとりかかります。

まだまだオーブンは眠らない。

つづく。

| | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

オーブンは眠らない

Photo


昨日焼きあげたココアとプレーンのジェノワ。18センチ角です。
明日友達主催のピアノ教室のクリスマス会用に今からデコレーションしていきます。
そんでもってまだ正確な数を聞いておりません。(泣
残ったら誰かにひきとってもらうということにしてすすめていきます。

はー。もうすでに疲れております。できるのでしょうか、あたし。
でも、やるからには楽しんでやらなくてはっ。


よろこんでー!!!!!←壊


きっと明日には達成感であふれているはずです、たぶん。
ブラインドに指をかけて安堵している裕次郎のように。

手前にあるのが直径18センチのジェノワーズ。
どさくさにまぎれてこの忙しい時に娘たちが作るのを手伝いました。
子供たちだけのクリスマス会に持っていくそうです。
はっきり言ってこれに一番時間がかかった。
楽しいクリスマスをすごしておくれ。(なげやり)


さて。

これらをまず収納するところを確保せねば。

4dan


てなわけで4段重アゲン。

| | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

4段重

とあるお方が「おせちもいいけどジェノワもね♪」
とか言ったとか言わなかったとか。

ほほう、そちらが3段重ならばこちらは

てぃっ!

Box

4段重でいっ!

中身は残念ながらジェノワではありません。

まず壱の重
Photo
スフレタイプのガトーショコラとチーズバー、隙間埋めにクッキーを入れてます。

次は弐の重
2nd_box
抹茶、プレーン、イチゴ味のスノーボールと
りんごのブランデーケーキ「ポム」です。

ピンクのスノーボールはフリーズドライのいちごを粉末にして粉糖に混ぜました。
ポムは津田先生のレシピでカルバドス酒がたっぷり入ったしっとりケーキです。


そして参の重
3rd

ミニサイズのウィークエンドと梅ジャムケーキ、チョコフィナンシェです。

ウィークエンドはミニなのでケーキに対してアイシングの量が多くてちょっと甘みと酸味のバランスがくずれました。
娘たちはこのしゃりしゃりのアイシングがたまらないみたいですが。。。
やっぱりウィークエンドはパウンドで大きく焼く方が美味しいですね。

最後の四の重
Photo_2
紅茶サブレとジャーマンクッキーとピスタチオとカシューナッツのクッキーです。
何気にクリスマスカラー?^^

                   Bona

先週プリザ―ブドフラワーの仕事をしている友達からお菓子の詰め合わせを作って欲しいと頼まれました。
納品先のお店に毎年沢山のお菓子を贈っているそうな。
いわゆる「お歳暮」ですね。
そこは店主さんがプリザの教室もされているので生徒さんにも配ることを考慮して
沢山あげているそうなのです。
実は私もお世話になってまして。
大好きな先生なので喜んでお受けしました。

「好きなように楽しんで作ってねー」
と言われ調子にのって沢山作ったはいいものの
入れる箱がない。
大きいお洒落なかごでも買えばいいんでしょうけどそれではコストがかかってもったいない。
というわけで100均のクラフトBOXを4つ買っておさめました。

空になった箱はプリザのいろんな資材を入れていただければ役にたつとも思い。

1_2
友達にも一つずつ用意しました。

先生は一つ箱を開けるたびに「わー♪」と言って写真を撮っておられたそうです。
かわいい先生なんです。

喜んでいただけたみたいで安心しました。


続きを読む "4段重"

| | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

ねこさんからのお祝い返し

Nekosan


王女様がお生まれになってから日が浅い、忙しい時期にお祝い返しを贈ってくださいました。
ねこさんの手作りカレンダーです。

「カレンダーは生まれる子とこんな食を楽しみたいという願いで作ったものです」とのこと。
確かに季節ごとの食材や色あいがとても綺麗で素敵なんですよー
私が以前贈ったプリザもさりげなく写してくださってましてニクイニクイ^^

そして一緒に添えてあったものは

Photo


んまー、もうねこさんったらばお菓子作ってんの~?と思ったら
なんとあのつくんこさんmadeのお菓子のミニギフトが入ってました。

前から食べてみたかったのでWで嬉しかったです。
いいですね、もらった相手に気を使わせない程度のミニギフト。

中には美しいサブレ(ガレットみたい)と2種類のビスコッティが入ってました。

特にワタシはアーモンドチョコのビスコッティがとても気に入りました。
ガリガリちょこっと食べてはまたガリガリガリガリ。
このナッツとチョコの歯ごたえがたまりません。

ちょっと口寂しくなるというか、あごがさびしくなるとまたガリガリ。


「ガリガリ君、まだあったかなー」

と家事の合間につまみ食いしたらあっという間になくなってしまいました。
ビスコッティなんて食べるの10年ぶりですがやはり市販のよりも手作りのほうが美味しいですね。

つくんこさんのお菓子をくださったねこさんにほんと感謝。

ごちそうさまでした。

であんまり写真が綺麗に撮れてなかったので


Garigari


ガリガリ君を食べてるガリガリ君の画像でも。
あ、これはワタシですから。
つくんこさんのナチュラルでお洒落なイメージを壊してごめんなさい。

ねこさん、素敵なプレゼントをありがとう。
お体に気をつけて、かわいい王女様とバブ期を楽しんでね。^^

| | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

バニラクッキー

Photo

知り合いにスノーボールを売って、と言われたんですが
私の作るのはどこにでもある普通のレシピだし、
彼女もお菓子を作る人なので
なんとなく気がひけてました。

そこで
「じゃ、おたくの作るバニラクッキー好きだから、それと交換しようflair
ということでリアル友とのお菓子交換会をしました。


Photo_3
あたくしのスノーボールを


Vanilla
彼女のバニラクッキーと交換。
ラッピングがシンプルでラブリーです。
「これでも一生けんめいがんばったんだよー」って照れながら渡してくれました。


去年、初めてこれを食べた時、

「あ、マーガリンの味がする。ふーん、バターじゃないんだ。」

こんなこと言うと失礼ですが普通のクッキーだなーと思ってました。
とりわけインパクトがなく、軽いんです。

ところが

これが食べだしたら止まらない。軽いけど後をひいてあっという間になくなってしまうんです。


衝撃でした。
時々「ああ、あのクッキー食べたいなぁ」と中毒症状がでるほど。
うちの娘たちも大好きなんです。いつも手元に置いておきたいクッキー。

何が入ってるか聞いたところ、ケーキ用マーガリンとバニラオイルと砂糖と小麦粉と岩塩だそうな。
卵は入ってません。

なんでも最近ではバニラビーンズ入りバニラオイルっちゅーのが売っているらしい。
粒はちょびっとで時々見え隠れする程度なんですけど、シンプルな素材だけに味はするんです。


あとはてきとーに混ぜててきとーに焼くんだそうな。

レシピに忠実に作るのが好きなわたくしは、特に「プロが教える~」とか「プロのコツが云々~」と書かれた本が大好物。リッチな素材を使って、混ぜる回数や電気オーブン、ガスオーブンの焼成温度まで丁寧に教えてくれる、ある意味めんどくさい本が手元にあると安心します。
やれ、シュガーバッター法がどうしたとかフラワーバッター法がどうしたとか。
きっと「失敗したら材料が無駄」「これさえ守ればプロの味に近づける」と思ってるんでしょうね。(妄想?^^)

だから私にとっておいしいお菓子とは「レシピに忠実で、いい素材を使った見た目綺麗なお菓子」だったんです。

肝心の味は???
美味しいのかもしれないけど沢山は食べれないヘビーなものばかり。
そして「これは発酵バターが入ってるざますの。やっぱりチョコはヴァローナざますわね」(←いやなやつ)と一言そえると「ンまぁ♥」と喜ぶのは大抵ママ友。
子供はそんなん知ったこっちゃありません。
美味しけりゃ食べるってかんじですね。

一方「ぜーんぶスーパーで安く買える材料でしか作らんよー」がモットーの彼女。主に家族に食べてもらうために簡単なお菓子を作ります。飾り気なし。でも美味しい。子供にも大人気。
こだわりがないというとそうでもなくてレパートリーは少なくても何回も何回も作って自分好みの味にしてるみたいです。

なんか根本的にお菓子作りの概念を覆されたー、というと「いまさらー」とか「いやみー」とか思われるかもしれませんが

なんかちがう、、、
と思いだした今日この頃。

とりあえず、明日スーパーでケーキ用マーガリンを買ってみます。

| | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

モカプリンケーキ

Mokamoka2


友人の結婚記念日のケーキです。
御主人が甘ったるいケーキが苦手とのことで


甘くないもの=さっぱりしたもの? 苦味のあるもの? 酸味のあるもの?

色々考えた末、それらの条件を全部クリアーした(私基準で)プリンケーキを作ることにしました。


プリンの下はコーヒー味のスフレチーズケーキになってます。
yaikoさんが作ってらしたのをずっとマネさせていただいてます。

普段はプリンの方に入れるバニラビーンズをスフレのほうに入れてみました。
見た目もその方が綺麗だし、食感もこっちのほうがグー。

二人だけのお祝いということで
100円のカットフルーツといちごちょっとで結構華やかになりました。

いい記念日になりますように。。。confident


| | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

酔っ払いケーキ

Lingots2

ふんふん、生チョコケーキを赤ワインで乾杯?ルネッサーンス♪みたいな。
いやいやそんな貴族な食べ方はしません。だいたいお酒苦手だし。

何をしたかったかというと
このランゴオショコラ、赤ワインがどばーっと入った大人なケーキなんですね。
それでボトルとグラスを置いて私なりに意匠(?)を凝らしたわけなんですが

これってどうなの?的なスタイリング。
背景がごちゃってますよね。
もうちょっとボケるといい写真になるのかな。
いやいや、センスの問題ですね。

グランモンブランの時に作ったチョコのビスキュイ生地に
くるみのクランクラン(糖衣がけ)をちらしてがナッシュを流してます。

チョコシートさえ作っておけば簡単に作れるケーキです。

友人宅に遊びに行く時にチョコ系を作って来いと指令がでてたので
2センチぐらいずつカットしてお出ししたらなんと友人一人が酔っ払ってしまいました。
この後おけいこごとに行く予定だったらしいんですが
「楽しくなってきたからいいやー」
とキャンセルしてました。
なんか、ごめんね。
でも楽しいんならいっか。

そんでもう一人はなんとお酒アレルギーだったらしく
「かゆいー、でもだいじょうぶー、食べる―」
と言ってかいてました。

ごごごめん、かゆいのになんか気を使わせてしまったね。

赤ワインだけでなくラム酒も入るのでお酒好きの人にはたまらんのだと思いますが
大人限定。子供さんは絶対ムリです。
沢山は食べれませんがたまーにムショウに食べたくなる生チョコケーキ。
いつも小嶋ルミさんのレシピで作ってます。おすすめですよ。

| | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

Yes,we konw the Muffinman!

ちまたで有名なマフィンを焼きました。

Mafin2

ayoko’s ruits assion uffin.

略してS.F.P.Mです。(スパムみたい)

急遽友人宅で食べ物持ち寄りのDVD鑑賞会が開かれることになり、
前々から食べてみたかったLynneさんのマフィンを作りました。

朝台所に立ってうきうき準備していると旦那がやってきて一言。

「あんたたち、いいねぇ。平和で。」

いいじゃん。主婦が平和で元気なのはなによりなのだ。

Yes2

噂どおり、外はカリっとしてて中はふわふわ。
霜がついた冷凍ベリーがたくさんあったので惜しみなく入れたところ
おいし~いお菓子に変身したではありませんか!
ついでに冷凍マンゴー入りのも作ってみましたが、こちらもあうあう。
わりと甘み控え目なのですが私はアクセントにジャムも入れたほうが好きです。
クリームチーズが入ってもいいですね。

今回小さい型で10個、大きめのマフィン型で3個焼いたのできのこっぽくはなりませんでしたが、
個人的にはカリカリの多いほうが好きなので次回も小さめでいきます。
小さくても十分ふわふわでしたよー。

沢山お昼を食べた後でも友達もぺろっと食べていました。
DVDを見ながら各自勝手にトースターで焼いてるんですよ。
後で「た、たべすぎた」と苦しがってました。

おなかいっぱいでもついつい手がでるLynneさんのマフィンぜひ作ってみてください。


| | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »